ガルバリウムカバー工法!

 

 

屋根リフォームといっても、その工法はいくつかあります。代表的なのが塗装工事・葺き替え工事ですが、それ以外にも最近特に主流となってきている屋根リフォーム工法がカバー工法になります。主に既存の屋根材の状態が悪く、すでに雨漏りしている。もしくは塗装工事が不可能な場合にカバー工法をおすすめするケースが増えています。

そもそもカバー工法とは?

当社で行っているカバー工法とは、「ガルバリウム鋼板を使用したカバー工法」のことをいいます。一般的な葺き替え工事の場合、古い屋根材を一度剥がして、新たな屋根材を取付けします。葺き替え工事とカバー工法の決定的な違いは古い屋根材を剥がすか、剥がさないかという点が大きな違いになります。

カバー工法のメリット・デメリットについて

まずはメリットについて以下にいくつかご紹介したいと思います。

・古い屋根材を剥がさない為、撤去費用・処分費用などの余分な費用がかからない。

・塗装工事に比べて耐久年数が長い。通常の塗装工事の場合、シリコン塗装をした場合ですと、約10年おきに塗替えが必要になりますが、ガルバリウムですと約30年程度の耐久性なので、施工後は長期にわたって屋根のメンテナンスが不要になります。

・葺き替え工事に比べて工事期間が短い

以上などがあげられますが、逆にデメリットは?

・既存の屋根材の上に被せるので重量が増えます

・瓦屋根の場合には基本的にカバー工法での施工が出来ない。(瓦の場合は葺き替え工事をお勧めします)

以上のような点が挙げられます。

工事の順序

最初に古い棟板金を撤去します。

 

防水シートを屋根全面に貼っていきます。

 

 

軒先や谷板金、ケラバなどの細かな板金の取付を行い、本体を取付け施工、最後に棟板金の取付を行い工事完了となります。

工事期間は約1週間程度。上記でもご説明しましたがガルバリウムによるカバー工法の場合、長期に渡って屋根のメンテナンスの必要がなくなります。
カラーベスト屋根にお住いの方は屋根リフォームの選択肢の一つとして、カバー工法も検討してみてはいかがでしょうか?