サイディングのクリヤー塗装について

ここではサイディングのクリヤー塗装についてご説明したいと思います

通常、サイディングの外壁の場合。
大きく分けて2種類のパターンでの塗装施工方法があります。

・塗りつぶしでの塗装(一色塗りもしくは二色塗工法)2色塗工法についてはコチラ
・クリヤーによる塗装(元々の模様を生かした塗装)

 

最近では、以前と比べるとサイディングもオシャレなデザインも増えてきて、既存の模様を残したいという方も増えています。
しかし、クリヤー塗装をご希望されるお客様でも実際にクリヤー塗装が施工できるケースは1~2割程度になります。
「どうして2割程度しかクリヤー塗装が出来ないの?」そう思われと思います。

いくつかの条件が揃わないとクリヤー塗装はできないのが現状です。
その条件とは以下のとおりです。

・表面の劣化や傷、汚れの付着が無い事
・築10年前後のお宅

10年前後のお宅、とありますが場合によっては築15年程度でも可能なケースもあります。
逆に築10年に満たないお宅でも施工できないケースもありますので、
専門家に見てもらえばクリヤーが出来るかどうかはすぐに判断ができると思います。

クリヤー塗装といいましてもシリコンクリヤー・フッ素クリヤー・無機クリヤーと種類は様々です。
そのあたりも含めて、クリヤー塗装をご検討の場合、専門家に早めにご相談することをお勧めいたします。  

サイディング塗りつぶしの場合   サイディングクリヤー塗装の場合

そもそも塗装が出来ないサイディングも存在します

近年、サイディングメーカーもかなり進化していて、
塗装が不要なサイディングというものも出回っています。

フッ素コーティング・無機コーティングなどのサイディングなどです。
これらのサイディングは通常の塗装のできるサイディングと見た目は変わりません。

主な見分け方としては

・一切ボード面に釘が打たれていない
・10年以上経過しているのに艶がしっかり残っている(チョーキングがない)
・ラッカーシンナーで拭いても塗装が全く溶けない

上記のような場合は、難付着ボードと言って以前までは塗装が不可能と言われておりました。
最近では塗料メーカーもサイディングメーカーに負けずとこのような難付着ボードにも塗装が可能な下塗り剤が出ていますので
クリヤー塗装はできませんが、塗りつぶしでの塗装は可能になります。

いずれにしましても、プロの確かな判断が必要になります。
「ウチはクリヤーできるかな?」とお考えの方は下記までお問い合わせください。
サイディング塗替え診断士である当社がしっかりとした調査を致します。