横浜で外壁塗装をご検討の方必見!外壁の劣化について解説します

横浜で外壁塗装をご検討の方必見!外壁の劣化について解説します

 投稿:

外壁塗装をするべき時期の目安の1つとして外壁の劣化があります。
どんなものでも時間が経てば劣化はするものです。
この記事では横浜で外壁塗装をお考えに向けて、外壁に起こる劣化についてご紹介します。
外壁塗装の時期でお悩みの方は、ぜひお目通しください。

□外壁塗装の劣化の症状について

外壁は時間が経過すると劣化による症状がみられてきます。
ここでは、その劣化の症状についていくつかご紹介します。

まず、ひび割れです。
0.3ミリ以下のひび割れはヘアークラック、それ以上のひび割れは構造クラックと言われており、これらのひび割れが起こると建物の防水性が損なわれていることになります。
ヘアークラックは塗膜までの劣化ですが、構造クラックだと建物自体が劣化していることになるので早急な対策が必要です。

次に、チョーキングです。
チョーキングとは、塗料に含まれている顔料が粉状になって表面に現れる現象のことを言います。
触れると手にもついてしまうので注意が必要です。

最後に、塗膜の浮き、剥がれについてご紹介します。
外壁が太陽の紫外線に長期間さらされていると、その影響で塗膜の密着性が弱くなってしまいます。
そうなると、塗膜の表面が膨れ上がって剥がれてきてしまいます。

これらの症状が外壁に出てきた場合は、早めのメンテナンスが必要になります。

□劣化の症状の見定め方について

次に、上記のような劣化が起こった場合にするべき対応を劣化の症状ごとに見ていきます。

まず、早急には補修が必要ではない症状としてはホコリや排気ガスによる汚れや軽いひび割れが挙げられます。

外壁が少し汚れている程度であれば、すぐに補修をする必要はありません。
ただ、放置しておくと劣化を早める原因になるので定期的に掃除はしておくと良いですね。

ひび割れも上記で紹介したような、0.3ミリ以下の軽いものであれば大して問題はありませんがそれ以上進行しないかは注意しておきましょう。

次に、補修が必要な状況である症状としては、色褪せ、チョーキング、塗膜の剥がれなどが挙げられます。
これらの症状が出ると、塗膜が劣化して防水性が失われてきている証拠なのでできるだけ早めに補修するようにしてください。

最後に、早急な補修を必要とする症状として、雨漏りとコンクリートの剥がれが挙げられます。
これらの症状を放置したままにしておくと、建物内部の構造部分まで劣化や腐食が進んでしまいます。
一刻も早く補修するようにしてください。

□まとめ

今回は外壁塗装をお考えの方へ、外壁に起こる劣化の症状と劣化の見定め方についてご紹介しました。
劣化の症状について知っておけば、早めに気付けて対処できると思います。
定期的に補修して建物を長く使えるようにしましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です