横浜で外壁塗装をご検討の方へ!劣化しにくい色についてご紹介します

横浜で外壁塗装をご検討の方へ!劣化しにくい色についてご紹介します

 投稿:

外壁塗装では、採用する色によって劣化の進行具合が異なります。
どうせなら劣化しにくい色が良いですよね。
そこでこの記事では横浜で外壁塗装をお考えの方へ、劣化しにくい色についてご紹介します。
ぜひ色選びの際に参考にしてみてください。

□外壁の劣化の1つに色褪せがある

外壁に起こる劣化の代表例として、色褪せがあります。
塗装した当初はきれいな色をしていても、期間が経つにつれ色褪せしてしまい、外観が損なわれることもありますよね。
ここでは、色褪せが起きる原因についてご紹介します。

色褪せが起きる理由は主に2つあります。

1つ目は、紫外線による色素の劣化によるものです。
太陽光に含まれる紫外線を浴び続けると、塗料の中の色を構成する顔料の原子の結合が破壊されて色味が変わってしまいます。
そのため、太陽光の当たる量によって場所ごとに色褪せの度合いが異なるということも見られるでしょう。

2つ目は、化学変化によるものです。
特に元の材質が金属であるものは、酸化といった化学変化が原因で色が変化してしまうことがあります。

□外壁が長持ちしやすい色の種類について

ここでは、外壁塗装が長持ちする色についてご紹介します。

まずは色褪せが起こりにくい色です。
色褪せが起こりにくい色として挙げられるのは、白、青、黒です。
これらの色は他の色に比べて塗料中の顔料が分解されにくいという特徴を持っているので、劣化しにくいです。
逆に、赤や緑、黄色といった色は顔料が分解されやすく、紫外線によって色褪せが起きやすい色となります。

色褪せが起こりにくい色として3色ご紹介しましたが、その中でも特にバランスが良いのが青です。
白や黒は汚れが目立ちやすいという欠点があるため、少し選びにくいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

では色褪せも起こりにくく汚れも目立ちにくい色があれば良いなと思いますよね。
実は、グレーやベージュ、ブラウンは色褪せと汚れの両方に強い色なのです。
先程青もそのような色であるとご紹介しましたが、外壁に青を採用するのは少し個性的で勇気がいりますよね。
しかし、グレー、ベージュ、ブラウンはいずれも落ち着いた色で人気のある色です。

外観のデザインも考慮しつつ選ぶのであれば、これらの3色がとてもおすすめです。

□まとめ

今回は外壁塗装の際に劣化しにくい色についてご紹介しました。
劣化しにくい色を選んでおけば、塗装の回数も少なくなってお財布にもやさしいですよね。
外壁塗装をお考えの方はぜひ今回ご紹介したことを参考にしてみてください。
また何か分からない点がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です