遮熱塗料についてご存じですか?横浜の外壁塗装業者が解説します

遮熱塗料についてご存じですか?横浜の外壁塗装業者が解説します

 投稿:

横浜にお住まいの方で外壁塗装をご検討の方はいらっしゃいませんか。
そのような方に向けて、今回は遮熱塗料をご紹介します。
せっかく外壁塗装を行うのであれば、失敗は避けたいですよね。
そのためには、遮熱性を考えることがとても大切です。

□遮熱塗料と断熱塗料の違いをご紹介します

「遮熱塗料ってどのような特徴があるのだろう」
そのような疑問を抱いている方も多いと思います。
ここでは、遮熱塗料と断熱塗料の違いを踏まえながらそれらの特徴についてご紹介しましょう。

遮熱塗料とは、文字通り熱を遮断する塗料を意味します。
具体的には、太陽光を反射させることによって住宅に伝わる熱を減らし、温度上昇を防いでいます。

断熱塗料も同じように、室内の温度上昇を防ぐ効果があります。
遮熱塗料との違いは、断熱塗料では熱や冷たい空気の侵入を防ぐことで室内温度を保つ点です。
また、保温効果もあるので冬場であっても室内気温を適温に保ってくれる効果があります。

□遮熱塗料を採用する際に意識したいポイントをご紹介します

外壁塗装で遮熱塗料を採用すると、住宅への熱の侵入を大きく減らせます。
それに加えて、遮熱塗料と相性が良い住宅作りを行うことで、その効果はさらに大きくなります。
ここでは、どのような住宅が遮熱塗料と相性が良いのかをご紹介しましょう。

1つ目にご紹介するのは、金属の屋根を採用している場合です。
その理由は、金属には熱を通しやすい特徴があるからです。
そのため、金属の屋根の住宅で遮熱塗料を採用すると、室内の温度上昇をかなり減らせます。

2つ目にご紹介するのは、3階建ての住宅の場合です。
皆さんの中にも、3階建ての住宅にお住まいの方は多いのではないでしょうか。
最近は、3階にロフトを作ったり収納スペースを作ったりする方が増えています。

しかし、3階建ての住宅は屋根の高さが上がるため、太陽光の影響を大きく受けてしまいます。
そのため、住宅への熱の侵入を防ぐために遮熱塗料の採用をおすすめします。
遮熱塗料を採用することで、3階のスペースをより有効に使えるでしょう。

□まとめ

今回は外壁塗装をご検討の方に向けて、遮熱塗料をご紹介しました。
遮熱塗料を採用すると、皆さんの実際の生活はとても快適になります。
ぜひ、これから外壁塗装を始められる際は今回ご紹介した内容を参考にして遮熱塗料の採用をご検討ください。
また、その際は一度当社までお問い合わせをしていただけますと幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です