屋根塗装を検討中の方へ!おすすめの時期について紹介します!

屋根塗装を検討中の方へ!おすすめの時期について紹介します!

 投稿:

屋根塗装を検討されている方で、「屋根塗装を行わなかったらどうなってしまうのだろう」や「どの時期に行うのが良いのかな」などとお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、屋根塗装の意味と屋根塗装を行うのに適している時期についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□屋根塗装を行わなかったらどうなるの?

皆さんは屋根塗装を行う意味をご存知ですか。
屋根塗装を行わなかったらどうなるのでしょう。
ここでは屋根塗装の重要性についてご紹介します。

まず塗装時期を問わず、メンテナンスを行っているケースでは早急な塗装をしなくても大丈夫な場合が多いです。
しかし、定期的にメンテナンスをしていないと、屋根だけでなく屋根の下にある防水シートや野地板の腐食が進行している可能性があります。

屋根は第一の防水であり、防水シートが第二の役割をしています。
それらを通り抜けて野地板まで雨水がきてしまった場合、野地板が腐食してしまいます。
すると家が劣化してしまい、長く暮らせる家ではなくなってしまうのです。

このように、劣化してしまうと塗装ではメンテナンスができなくなるためリフォームするしかありませんね。
したがって、時期が来たら屋根塗装を行うことをおすすめします。

□屋根塗装の最適な時期をご紹介!

上記では屋根塗装の重要性についてご紹介しました。
ここでは屋根塗装を行うことを決める際の症状を4つご紹介します。

1つ目は、色あせです。
これは当初の屋根の色がくすんだように変色している状態です。
色あせは劣化が始まったサインであるため、対処しましょう。

2つ目は、コケ・カビです。
コケやカビは見た目が悪くなってしまうことはもちろん、悪臭を放つため早めに対処しましょう。

3つ目は、ひび割れです。
ひび割れが発生すると、雨漏りや錆びなどの症状が発生してしまいます。
雨水の浸入の恐れがあるため、早めの補修や塗装をしましょう。

4つ目は、塗膜の剥がれです。
この状態は劣化や施工不良によって起こります。
塗膜が剥がれている状態では、外壁材が劣化して補修費用が増えてしまうため、できる限り早めに塗装することをおすすめします。

□まとめ

今回は、屋根塗装の重要性と早めの塗装が必要になる要因をご紹介しました。
色あせやコケ・カビ、ひび割れや塗膜の剥がれなどの症状が見えた際は、できるだけ早めのメンテナンスを行いましょう。
屋根塗装を検討される際に、この記事を参考にしていただければ幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です