屋根塗装を検討中の方へ!屋根塗装の効果を紹介します!

屋根塗装を検討中の方へ!屋根塗装の効果を紹介します!

 投稿:

屋根塗装を検討中の方で、「屋根塗装をするとどんな良いことがあるのだろう」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
初めて屋根塗装を行う方は特にわからないことだらけで不安でしょう。
そこで今回は、屋根塗装の効果を紹介します。
屋根塗装を決めるタイミングと併せて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

□屋根塗装の効果について紹介!

皆さんは屋根塗装の効果についてどのくらいご存知でしょうか。
ここでは効果を紹介します。

最も最初に思いつくこととして挙げられるのは、美観効果でしょう。
屋根の塗膜は経年劣化により色あせてしまいますよね。
劣化してしまうと見た目が悪く見えてしまいます。
したがって、屋根塗装をすることで美しい状態を保てるのです。

また、屋根の色を変えることで家の雰囲気や印象も変えられます。
古い建物だとしても、屋根が綺麗になると外観全体が綺麗な印象になるでしょう。

さらに、見た目のみならず、保護効果を高める効果もあります。
屋根は屋根塗装により外的刺激から保護できるため、塗装を施すことで長持ちする屋根を築けるでしょう。

このように屋根塗装の効果は見た目だけでなく機能面でもメリットがあるのです。

□屋根塗装の劣化の目安とタイミングを紹介!

屋根塗装はいつ行うと良いのでしょうか。
ここでは2パターンについて紹介します。

1つ目のパターンは、ストレート屋根の場合です。
これは国内の住宅で最も一般的なタイプの屋根材として使用されています。
屋根塗装は新築から状態が悪化して、塗膜が剥がれたり防水性が弱まったりするため、定期的にメンテナンスをする必要があります。
大抵の場合は、7年から10年ほど経つと状態が悪化しやすくなるためタイミングとして知っておくと良いですね。

また、見た目で判断することも可能です。
ストレートが変形していたり、欠けていたり、ヒビが入っている場合は劣化しているサインなため早めに塗装することをおすすめします。

2つ目のパターンは、トタン屋根の場合です。
これは安くて施工もしやすいことから、多くの建物に使用されています。
鋼版を亜鉛で加工したもののことを示しています。

この塗装の目安としては、少しでもサビが出てきた時です。
サビが広がってしまうと穴が開きやすくなって、塗装だけでは修復できないこともあるからです。

□まとめ

今回、屋根塗装の効果とタイミングについて紹介しました。
屋根塗装を検討される際にこの記事を参考にしていただければ幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です