川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

外壁塗装での『バイオ洗浄』とは?高圧洗浄との違いや、注意点について徹底解説

外壁塗装の工程には必ず洗浄作業があり、その洗浄の方法のひとつに『バイオ洗浄』があります。

外壁塗装は塗料を塗装するだけのようにイメージしている方は多いのですが、外壁の汚れをしっかりと落としてからでないと、塗料をしっかりと密着させることはできません。

特にバイオ洗浄は、水だけでは落ちない汚れを根こそぎ取り除く作業であり、塗装の品質に大きな影響を与えるため、とても重要です。

そこでここでは、外壁塗装の洗浄作業の中で行われるバイオ洗浄について、作業内容や高圧洗浄との違い、洗浄をしっかり行わない場合のリスクなどを踏まえて、プロの塗装業者が徹底解説していきましょう。

外壁塗装での『バイオ洗浄』とは

バイオ洗浄とは、外壁塗装工事の工程のひとつで、塗装の品質を保つために欠かせない工事となります。

洗浄作業には、バイオ洗浄と高圧洗浄があり、それぞれに特徴や役割は異なっていますので、基本的には高圧洗浄を行って、必要に応じてバイオ洗浄が取り入れられます。

それでは、バイオ洗浄と高圧洗浄にはどのような違いがあるのでしょうか。

・外壁塗装での『バイオ洗浄』とは~高圧洗浄との違い

外壁塗装でのバイオ洗浄とは、高圧洗浄において取り除けない頑固な汚れに対して行われる洗浄方法です。

高圧洗浄とは高圧洗浄機を活用した洗浄方法で、高い水圧の水によって汚れを落としていくのに対して、バイオ洗浄では専用の洗浄液を活用して汚れを落としていきます。

高圧洗浄とバイオ洗浄では、落とす汚れにおいて違いがあります。

高圧洗浄においては、一般的な汚れである砂埃や化学物質である排気ガスなどの汚れを効果的に落とし、バイオ洗浄においてはカビや苔、藻などのこびり付いた汚れを落とします。

そのため、外壁塗装工事において、カビや苔などの繁殖がひどい状況や、湿度の高い箇所、モルタルなど凹凸の大きい外壁においては、バイオ洗浄が洗濯されるケースが多いです。

また、作業方法においても異なります。

高圧洗浄では専用の高圧洗浄機を用いて、高い水圧を活用して汚れを落としていくのに対して、バイオ洗浄ではローラーや噴霧器で洗浄剤を塗布し、高圧洗浄機で洗い流していきます。

・外壁をバイオ洗浄する目的

そもそも、外壁塗装において洗浄作業は本当に必要なのでしょうか。

上記でもお伝えした通り、洗浄作業は外壁に付着した汚れを落とす作業で、洗浄作業で外壁をきれいにしてから、塗装作業を行うことになります。

外壁塗装は塗装するだけのようなイメージをお持ちの方も多いですが、さまざまな工程を経て塗装作業を行うことになります。

洗浄作業はその工程のひとつであり、しっかりと洗浄しておかないと、のちに行われる塗装作業において、塗料がしっかりと下地に密着しないのです。

バイオ洗浄は、高圧洗浄で落としきれなかったカビや苔、藻などを除去し、下地にこのような汚れがない状態で塗装が行われるため、下地にしっかりと密着し強固な塗膜を作り出すことができます。

つまり、塗料の良さをしっかりと引き出し、塗装の品質を高めるためには、欠かせない作業になるのです。

・バイオ洗浄しないとどうなる?

バイオ洗浄は、高圧洗浄で落としきれなかった汚れを落とすことができ、その後塗装される塗料がしっかりと密着するように行われる作業工程になります。

もし、バイオ洗浄が必要であるにもかかわらず、その工程が行われない場合やいい加減な作業が行われた場合には、当然ながらカビや藻、苔が残っている状態で塗装されることになります。

外壁塗装完了後には綺麗に仕上がっているように見えるかもしれませんが、塗膜の内部でカビなどが残っているため、密着性が低い状態にあります。

そのため、通常であれば生じることのないような時期において、塗膜に剥がれや浮き、膨れなどといった劣化症状が見られるケースがあります。

例えば、耐用年数が10年程度の塗料を活用したにもかかわらず、1年や2年程度でこのような劣化症状が生じた場合には、明らかに施工不良です。

特に、カビや苔、藻といった細菌については、しっかりと除去した上で塗装しておかないと、塗膜の内側でどんどん繁殖が進み、塗膜に劣化症状を生じさせます。

そのようなことから、カビや苔、藻が発生している外壁に塗装を施すような場合には、バイオ洗浄の有無も確認しておくようにしなければなりません。

また、しっかりと洗浄作業を行ってくれる塗装業者を選択することも、外壁塗装を取り組む上で重要であると言えるでしょう。

・バイオ洗浄の安全性は?

バイオ洗浄は、冒頭から何度もお伝えしている通り、専用の洗浄剤を活用してカビや苔、藻を除去していく作業になりますが、洗浄剤の安全性について気になる方が多いのではないでしょうか。

バイオ洗浄で活用される洗浄剤は、柑橘系など天然由来成分が主成分となっており、環境や人に対して安全性が高くなっています。

そのため、洗浄剤が飛散したり流れたりしても、人に対して健康被害が及ぶようなことや、植木など草木を枯らすようなことはありません。

ただ、飛散して付着するとなると、周りに迷惑をかけてしまう可能性もあることから、必ず作業前には防水シートを施して施工します。

もし、近隣で食品を扱うような状況や、意見に魚がいるような状況など、気になるような状況がある場合には事前に相談しておくようにしましょう。

外壁塗装でバイオ洗浄がおすすめなシーン

外壁塗装には、その工程の中で洗浄作業があり、高圧洗浄やバイオ洗浄によって外壁の汚れをしっかりと落とし、塗装作業に取り込むことになります。

高圧洗浄とバイオ洗浄については、上記で紹介した通り、汚れの状況によって異なりますので、全てのシーンにおいてバイオ洗浄が必要であるわけではありません。

カビや苔、藻などといった、菌による汚れの程度がひどい場合には、バイオ洗浄が選択されることになり、とても有効な手段となります。

また、以下のような状況においても、バイオ洗浄がおすすめされる可能性がありますので、そのシーンと理由についてご紹介いたしましょう。

・川や池、田んぼ、日当たりが悪いなど湿気が多い場合

カビや苔、藻などが発生しやすい地域や、日当たりが悪くて湿気がたまりやすいような立地の場合には、バイオ洗浄が有効であると言えます。

外壁塗装前にすでにカビや苔などの発生によって汚れている場合であれば、外壁に付着している菌を根こそぎ分解して、今後も発生しないよう洗い流しておかねばなりません。

菌が少しでも残っている場合には、一旦きれいになったように見えても、また空気や湿気に触れて繁殖しますので、しっかりと洗い落としておく必要があるのです。

・モルタルなど凸凹の多い外壁材の場合

モルタル外壁やタイル外壁などのように、外壁表面が凸凹しているような場合には、凹んでいる部分に菌が溜まっていて落とせないために、バイオ洗浄が必要なケースがあります。

特にモルタル外壁の場合には、水分を吸収してしまう性質を持っているため、汚れが凹んだ部分に入り込んでしまうことがあるのです。

そのような場合にはバイオ洗浄によって、高圧洗浄だけでは落としきれない汚れに対してアプローチできますので、カビや苔の発生を食い止めることができます。

外壁塗装でバイオ洗浄が不要なケース

外壁塗装において、バイオ洗浄が不要で、水洗いの高圧洗浄だけで十分効果があるというケースも数多くあります。

すべてのケースにおいて、バイオ洗浄が必要であるわけではありませんから、下記のような状況であれば、高圧洗浄のみで問題ありません。

・汚れが目立つものの、砂埃や排気ガス、錆びによるもの

外壁に付着する一般的な汚れには、砂埃や土埃、排気ガスなどの化学物質、錆びなどが見られます。

バイオ洗浄が得意としている汚れにはカビや苔、藻がありますが、それらの菌が発生していないケースも数多く存在します。

汚れが目立っている場合においても、カビや苔、藻などの発生が見られていない場合には、バイオ洗浄する必要はなく、高圧洗浄だけで十分汚れが落とせます。

むしろ、排気ガスや錆びなどの汚れは、バイオ洗浄ではそれほど効果が期待できませんので、無理にバイオ洗浄を希望する必要はないのです。

・カビや苔、藻の発生があるものの軽微

カビや苔、藻が発生しているとしても、それほど広範囲に広がっていないような状況であれば、高圧洗浄だけでも十分落とせます。

ただし、上記でもお伝えしましたが、日当たりの悪い場所や湿気の多いエリア、凸凹した外壁であるような場合には、バイオ洗浄がおすすめできるケースもあります。

そのため、バイオ洗浄が必要であるかどうかについては、塗装業者に相談してアドバイスを受けるようにするといいでしょう。

外壁塗装でバイオ洗浄の注意点

外壁塗装でのバイオ洗浄は、カビや苔、藻などといった菌を分解して洗浄できますから、綺麗になると同時に、今後の菌の繁殖を抑える効果もあります。

ただ、洗浄後においてしっかりと洗浄剤を洗い流しておかないと、洗剤の成分のうえから塗装してしまうことや、菌が残ってしまう原因となってしまいます。

もし、洗浄剤が残った状態で塗装してしまった場合には、洗浄剤の影響を受けて、塗膜が早期に剥がれてしまうようなケースがあります。

また、菌が残ってしまった場合には、塗装後において早い段階でカビや苔などが発生してしまう可能性もあります。

つまりバイオ洗浄後においては、入念なすすぎ作業が必要になりますが、そのような丁寧な作業を施工してくれる塗装業者選びが重要になってきます。

悪質な業者の中には、費用を上乗せするために、バイオ洗浄を勧めてくるようなケースもあることから、十分注意することが必要です。

バイオ洗浄の施工手順

①高圧洗浄が外壁の汚れを落としておく

②洗浄剤を塗布してカビなどの菌を分解する

③高圧洗浄で洗浄剤をしっかりと洗い流す

バイオ洗浄の施工手順をまとめると上記の通りになります。

外壁塗装工事が始まると足場を設置し、足場を取り囲むように飛散防止シートを設置したのちに、洗浄作業が行われることになります。

まずは高圧洗浄によって、外壁に付着している砂埃や排気ガスなどの汚れを十分に取り除いていきます。

また、外壁にしっかりと水分で濡らしておくことによって、その後塗布する洗浄剤をしっかりと浸透させることができるようになります。

洗浄剤は、専用のスプレーやローラーなどを活用して、外壁全体にまんべんなく塗布していきます。

塗布が終わったら、10分程度そのままにしておき、汚れを分解させます。

汚れが分解して浮き上がってくれば、再度高圧洗浄によって、洗浄剤をしっかりと洗い流していきます。

外壁がしっかりと乾いたら、塗装作業に移っていくことになります。

まとめ

外壁塗装の洗浄作業の中で行われるバイオ洗浄について、作業内容や高圧洗浄との違い、洗浄をしっかり行わない場合のリスクなどを踏まえて、詳しくご紹介しました。

バイオ洗浄とは、外壁塗装工事の工程のひとつである洗浄作業の一つで、高圧洗浄でも落とせない、ひどいカビや苔、藻などの除去で施工されます。

高圧洗浄においては、高い水圧で砂埃や排気ガスなどの汚れを落としていきますが、水洗いであるためにカビや苔などの菌が発生している場合には、汚れを落とせないことがあります。

洗浄作業において、外壁にカビや苔などの汚れが残ってしまった場合には、塗装によって綺麗になったとしても、再び菌が発生してしまうことや、早期に塗膜がはがれてしまう施工不良が生じる可能性があります。

カビや苔による汚れがひどい場合や、日当たりの悪い箇所、湿気の多い地域、凸凹した外壁などにおいては、バイオ洗浄がおすすめできます。

ただ、どれだけ汚れがひどいとしても、砂埃や排気ガスであれば高圧洗浄だけで十分汚れは落とせますから注意が必要です。

外壁塗装・屋根塗装を検討している場合であれば、実績豊富な地元の塗装業者に相談し、アドバイスを受けながら外壁のメンテナンスを進めていくと良いでしょう。

「こんな相談しても嫌がられないかな?」

「まだやるか決めていないんだけれど…」

など、ご心配不要です。

「HPを見たのですが…」と、0120-711-056(年中無休7時〜19時)まで、お気軽にお電話下さい。

また、「相談したいけど対面は少し心配…。」といった方に向けて、LINEやzoomを使った外壁塗装の相談もお受けしております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

川崎市・横浜市(青葉区)を中心に神奈川県全域が施工エリアになります。お家の外壁塗装、屋根塗装は職人直営専門店の「池田塗装」にお任せください。

【本 店】TEL:0120-711-056
【青葉店】TEL:0120-824-852

本店:〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-2
アクセスはコチラ

青葉店:〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-1-10
アクセスはコチラ

【公式】YouTubeはコチラ
【公式】Instagramはコチラ
【公式】Facebookはコチラ

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ198件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 198 reviews

  • Avatar

    ken kenji
    ★★★★★
    9 か月前

    外壁塗装と屋根カバー工法の工事を依頼しました。担当者も工事の職人さんも丁寧な説明と工事で安心して任せる事が出来ました。
    塗装もイメージ通りに仕上がり、凄く綺麗で明るく、とても嬉しい気持ちになりました!!暑い時期の工事で大変だったと思いますが、一生懸命作業して下さりありがとうございました。
  • Avatar

    関口智昭
    ★★★★★
    6 か月前

    築年数が15年を経過し、塗装業者を色々と探していたところ、地元に密着し、自社の職人さんが施工していただける池田塗装さんに出会い、屋根と外壁の塗装をお願いする事になりました。
    親方の一生懸命な説明を受け、こちらの細かな質問に対して丁寧に対応していただき、
    とても安心して塗装を迎える事が出来ました。
    また、職人さんも丁寧で細やかな仕事振りで、塗装の仕上がりも大変
    … (続き)満足しております。
    次の塗装の際も、是非お願いしたいと思っております。
  • Avatar

    hsakura s
    ★★★★★
    9 か月前

    ネットでいろいろと調べてYouTubeでも情報を提供されていたので信頼できる業者様と思いました。お見積り時も社長様から丁寧に説明頂き安心してお願いすることが出来ました。担当頂いた職人様から細部の確認もして頂きしっかりとした作業内容には感心いたしました。また、7月から8月にかけての猛暑の中で予定通りの期間で仕上げていただき本当にありがとうございました。 … (続き)
    完成の報告時に保証書も頂き結果としては大満足です。

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 青葉店

クチコミ54件

株式会社池田塗装 青葉店

横浜市青葉区荏田西1丁目1−10

4.9 54 reviews

  • Avatar

    川口隆
    ★★★★★
    3 months ago

    我が家の外壁塗装は今回で2回目です。1回目は13年前でしたが、塗装後
    2年後くらいから汚れが目立ち始めましたので今回は慎重に塗装会社の選定を進めました。昨年の6月から見積もりを取り始め、最終的に7社になりました。その中で池田塗装さんと今年1月に契約、5月に施工完成に至りました。池田塗装さんにお願いした理由は4つあります。
    … (続き)
    第1に図面を含め内容明細書がわかりやすかった事
    第2に自社雇用の職人さんから施工いただける事
    第3に価格が安い事
    第4に工事後の保証がしっかりしてる事
    工事については3人のチームワークが素晴らしくこちらからの不安、質問に納得のいく丁寧な説明をしていただき、塗装の変更等にも迅速に対応していただきました。ありがとうございました。技術面はもとより3人の方の人柄にも触れさせていただき大変満足しています。次回塗装の機会がありましたら田中さん、高野さん、新入社員の方(名前がわからずすみません)にお願いしたいと思います。
  • Avatar

    Takahiko Sakata
    ★★★★★
    4 months ago

    初めて外壁塗装をしましたが、こちらの口コミをみて高評価だったので今回まずご相談させて頂きました。見積もりの時点から感じもよくわかりやすい見積もりで、実際職人さんが丁寧にやっていただき大変満足しています。次回、外壁塗装や屋根修繕がありましたらまた利用させていただきたいと思いました。
  • Avatar

    Min Nishi
    ★★★★★
    a month ago

    屋根にガタがきて、事前確認の際にはその場で仮止めしてくれて、後日しっかり対応していただきました。ついでに外壁のシーリングもお願い。写真も残してくれ説明もメールで丁寧に。近所なのでなお安心。何かあればリピートすると思います。

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-1-10
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

施工にご満足いただけなかった際の返金保証、施工後の最短5年最長16年の補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)