外壁塗装は冬でもできる?塗装の条件やメリット・デメリット、注意点について解説 - 川崎の外壁塗装・屋根塗装などなら「池田塗装」
川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

外壁塗装は冬でもできる?塗装の条件やメリット・デメリット、注意点について解説

「外壁塗装は冬でもできるのですか?」

そのようなイメージをお持ちの方は多いのですが、結論から申しますと、冬でも外壁塗装は可能です。

冬は季節の中でもっとも寒く、時には雪が降るようなこともありますので、外壁塗装に向いていないと感じることは当然でしょう。

確かに、外壁塗装には条件があり、その条件が整わないことには、塗装工事を行っても塗料の機能を十分に引き出せない可能性があります。

ただ、その条件は冬に限ったことではなく、それぞれの季節や気候によって、適切な条件があるのです。

そこでここでは、冬場の外壁塗装を中心に、塗装の条件やメリット・デメリット、注意点などを踏まえ、プロの塗装業者が徹底解説していきましょう。

外壁塗装は冬でもできる?塗装の条件とは

冒頭でもお伝えしたように、冬場は寒いために塗料に影響があるのでは、と考えがちですが、外壁塗装は可能です。

塗装の条件を満たしていればまったく問題なく、逆に言えば、塗装の条件を満たしていなければ冬と言わず、どのシーズンでも塗装することはできません。

では、塗装の条件とはどのようなものなのか、冬の気候の特徴を踏まえながら、詳しくご紹介していきましょう。

・外壁塗装は冬でもできる?

冬の12月から2月まではとても寒く、一般の方にとっては外壁塗装には向いていない時期のようなイメージをお持ちです。

何度も言うように冬でも外壁塗装は可能で、次の章で詳しくご紹介しますが、外壁が凍り付いているような日や雪が降っている日でもなければ問題なく施工可能です。

重要であるのは冬場だからといって外壁塗装のタイミングを避けるのではなく、塗装業者の施工管理や技術力が大事になります。

冬には限りませんが、外壁塗装に重要な要素として、工事当日の天気があります。

晴れている日であれば冬場であっても問題ありませんし、雪はもちろん、雨が降る日であれば、どれだけ塗装に向いているという季節であっても施工できません。

それは、湿度や気温が塗装に適していないからです。

そのため、工事途中で雨や雪が降ってくる可能性があるならば、不具合が生じる可能性がありますので、工事の継続は難しいケースもあります。

外壁塗装は、塗布した塗料をしっかりと乾燥させて、はじめて強固な塗膜となって、塗料の機能をしっかりと引き出すことができます。

もちろん、雪や雨が降ってくると、足場が濡れてしまいますので、塗装職人が安全に塗装工事できなくなるという側面もあります。

そのためには、どんな季節でも同じ結果を出すことのできる、施工管理や技術力が大事になってくるのです。

・塗料メーカーが公表する塗装に適していない条件とは?

  • 気温が5℃以下
  • 湿度が85%以上

塗料メーカーは、それぞれの塗料において、塗装に適していない条件を公表しており、それぞれの塗料に共通している条件として上記の2点があります。

この条件を冬に当てはめて考えると、雪の降る日は気温が下がりますし、また雨の降る日であれば湿度が85%を超えてしまいますので適していません。

また、雪が降っていないとしても、地域によっては朝方の気温がかなり冷え込んで、5℃以下になってしまうことがあります。

特に近年は、塗料を水で希釈して活用する水性塗料を使うケースが多いのですが、氷点下になるような日であれば、塗料が凍ってしまい塗料の品質を下げてしまうことがあるのです。

そのため、気温が上がってくるのを待って塗装することがありますし、夜の間に凍結して、朝に外壁が濡れているような場合には避ける可能性もあります。

・冬場に外壁塗装する際の生活への影響

外壁塗装は、「外に洗濯物を干せない」とか「塗装工事中には窓を開けられない」などといった生活への影響があります。

冬の外壁塗装には、どのような影響があるのかお伝えしておきましょう。

まず、『日照時間』の関係があります。

日照時間とは、1日の中で太陽が現れている時間のことを指していますが、冬は夏と比べるととても短く、17時ごろになると真っ暗になってしまいます。

夏場では19時ごろでも明るいですので、それだけ1日に可能となる工事時間が短くなると言えます。

また夜露や霜などの影響も加わって、冬場と他の季節とを比較してみると、工事期間が長くなってしまう傾向があります。

また、暖房器具や給湯器などが一時的に使えなくなる可能性があります。

これは、塗装工事によって塗料が付着しないようにビニールのシートなどを被せるためで、養生している間だけは使用できなくなってしまいます。

ただ、塗装業者によっては、使えるように工夫してくれることや、養生が必要になる時間を調整してくれるようなことがあります。

生活に影響があるようなことは、事前に塗装業者からも報告がありますので、どうしても生活のうえで困るようなことがある場合には、事前に相談して進めていくといいでしょう。

外壁塗装を冬にするメリット・デメリット

上記でもお伝えした通り、冬での外壁塗装は可能で、むしろ他の季節にはないメリットも存在します。

もちろんデメリットの部分もありますので、外壁塗装に取り組む際には、両者を比較してどちらが大きいか判断したうえで決定するといいでしょう。

では、どのようなメリット・デメリットがあるのか、詳しくご紹介しましょう。

・外壁塗装を冬にするメリット

  • 雨が少なく湿度の低い日が多いため外壁塗装に適している日が多い
  • 塗装工事中に窓ガラス等を養生してもストレスになりにくい

外壁塗装は、意外かもしれませんが、冬場に向いている側面があります。

まず1つ目に『雨が少なく湿度の低い日が多い』という点。

冬は季節の中で一番寒いために、何となく雨が降っているイメージがあるかもしれませんが、特に1月はもっとも晴れの日が多いことで知られています。

外壁塗装では、晴れの日が続いてくれると、やはりスムーズに塗装作業が進みますので、晴れの多い日を選ぶことはとても大切です。

また、もっとも空気が乾燥する月は、12月~2月と言われていますので、まさに塗料を乾燥させるために、有難い時期でもあるのです。

2つ目には『塗装工事中に窓ガラス等を養生してもストレスになりにくい』という点を挙げています。

外壁塗装においては工事が始まると、高圧洗浄や塗装作業など、周りに洗浄液や塗料が飛び散ってしまわないように養生しなければならない工程があります。

養生してしまうと、場合によっては窓が開けられなくなってしまいますので、それだけでストレスになってしまいがちです。

しかし、冬場であれば、寒いためにそれほど窓を開ける機会も少なくなりますので、養生してもそれほどストレスになりにくいと言えるのです。

・外壁塗装を冬にするデメリット

  • 日照時間が短いために塗装工事が長引く可能性がある
  • 降雪や夜間の凍結によって塗装に向いていない日がある

冬場の外壁塗装のデメリットは、まず『日照時間が短い』という点が挙げられます。

みなさんもご存じだと思いますが、『冬至』は一年のうちでもっとも昼の時間が短い日として知られており、2022年は12月22日で、どの年も22日前後あたりになります。

この日を境にして、日照時間が少しずつ長くなっていき、『夏至』に日照時間がもっとも長くなることが知られています。

つまり、冬至の前後は、日中の太陽が出ている時間が少なくなってしまうため、夏至の前後と比較すると、当然ながら作業時間も短くなってしまうのです。

また、雪が降る日にはどうしても塗装作業を行うことができません。

雪が降ってきて、塗装している面に雪が当たってしまうと、雪の水分によって十分に乾燥させることができなくなってしまいます。

強固な塗膜を作るには、塗装後の乾燥がとても重要ですから、雪が降る日であれば工事を中断、もしくは別の日に振り替えなければなりません。

さらに、夜間に外壁が冷え切ってしまうことで、霜や夜露によって外壁が濡れてしまうと、塗装することができなくなってしまいます。

塗装は、基本的に乾燥している外壁でなければならず、濡れている面に塗装してしまうと、施工不良によって塗膜が剥がれたり浮いたりしてしまうことがあるのです。

外壁塗装はどの季節がベスト?

冬場の外壁塗装は、比較的晴れの日が多く、乾燥しているためにメリットはありますが、日照時間が短く、雪の影響によって作業できない日も出てきます。

では、外壁塗装に向いている季節や時期はあるのでしょうか。

塗装に適していない条件について上記でもお伝えしている通り、『5℃以下』『湿度85%』では塗装作業を行うことができません。

冬以外で、この条件によって塗装作業ができない日と言えば『雨の日』があります。

そう言うと、梅雨時期は向いていないイメージがありますが、雨が降っていなければまったく問題なく、むしろ春から夏にかけて暖かいいい時期であるとも言えます。

そのように雨を意識して考えてみると、春や秋には『春雨前線』『秋雨前線』といった、雨の降る時期がありますし、夏から秋にかけては台風のシーズンでもあります。

季節的には春や秋が過ごしやすいのは間違いないですが、外壁塗装の時期を考える場合には、むしろどんな時期でも質の高い塗装作業を行える、施工管理や技術力が大事になると言えるのです。

外壁塗装を冬にするために知っておきたいポイント

外壁塗装を冬にする場合、気温や気候などの条件を満たしておくなど、いくつかの注意点があることについてご紹介してきました。

そのため、意識しておきたいポイントがありますので、ご紹介していきましょう。

・施工管理や技術力が必要

冒頭から、冬場の外壁塗装について、メリット・デメリットも踏まえてご紹介していますが、気温や気候、日照時間など、さまざまな条件を満たしておく必要があります。

天気予報などを熟知したうえで、作業スケジュールを立てていく必要があり、早く終わらせようと無理しても、急な天気の崩れで作業を中断する必要が考えられます。

また、冬の寒い日になると、塗装職人の健康管理も必要になりますし、凍てつくような寒い日であれば、足場が凍ってしまうこともありますので、安全管理も必要になります。

気温が低いと、塗料の品質にも影響しますし、塗装作業にもさまざまな影響が考えられます。

そのように考えると、冬場の外壁塗装においては、冬場の特徴を捉えながら、塗装業者の施工管理、塗装職人の技術力が不可欠であるのは間違いないのです。

・外壁塗装を冬にする際の塗装業者選び

上記でご説明した通り、冬場の外壁塗装は施工管理や技術力が重要になりますので、経験豊富な塗装業者を選ぶことが大切です。

塗装業者の施工実績を、公開しているホームページなどを参照して調べておき、同時に口コミや評判に目を通しておくようにしましょう。

また、同時に保証内容やアフターサービスの内容を調べておくことも大切です。

さらに、地元で営業活動している塗装業者であれば、下請けに任せるのではなく、専門職人が施工している可能性が高いので安心です。

まとめ

冬場の外壁塗装を中心に、塗装の条件やメリット・デメリット、注意点などを踏まえ、詳しくご紹介しました。

一般的には冬場の外壁塗装は向いていないようなイメージがありますが、晴れている日が多く、また乾燥する日が多いために塗装に向いている側面があります。

ただ、外壁に塗装する塗料には、適していない条件として『5℃以下』『湿度85%以上』の日は避けるように示されています。

そのため、雪の降っている日や気温が下がった朝方、霜が降りて外壁が濡れているような場合には、塗装作業に適していないと言えます。

そのようなことから、冬場の外壁塗装においては、施工管理や塗装技術が特に重要になると言われており、塗装業者選びがとても重要になります。

冬場でも塗料の持つ機能をしっかりと引き出し、本来の耐久性を保つためには、経験豊富な塗装業者に相談することが大切です。

「こんな相談しても嫌がられないかな?」

「まだやるか決めていないんだけれど…」

など、ご心配不要です。

「HPを見たのですが…」と、0120-711-056(年中無休7時〜19時)まで、お気軽にお電話下さい。

また、「相談したいけど対面は少し心配…。」といった方に向けて、LINEやzoomを使った外壁塗装の相談もお受けしております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

川崎市・横浜市(青葉区)を中心に神奈川県全域が施工エリアになります。お家の外壁塗装、屋根塗装は職人直営専門店の「池田塗装」にお任せください。

【本 店】TEL:0120-711-056
【青葉店】TEL:0120-824-852

本店:〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-2
アクセスはコチラ

青葉店:〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
アクセスはコチラ

【公式】YouTubeはコチラ
【公式】Instagramはコチラ
【公式】Facebookはコチラ

この記事の著者について

株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
2021年3月31日、はじめて執筆の書籍「リフォームで一番大切な外壁塗装で失敗しない方法」をクロスメディア・パブリッシングより出版。(各図書館に置かれています)

「初心忘るべからず」という言葉を胸に、毎日お客さまの信頼を得られるよう頑張っています。 世の中には不誠実な業者も多く、リフォームで後悔する人が後を絶ちません。
一人でもそういう方がいなくなり、私たちが地元の皆さまに貢献できればと思っています。川崎市・横浜市にお住まいで、外壁塗装についてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。(会社概要・本店について青葉店はこちら)

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ282件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 282 reviews

  • Avatar

    けんじ
    ★★★★
    1 週間前

    築12年の家の外壁と屋根の塗装をお願いしました。
    アステックペイントのリファイン1000MSという高性能塗料で
    きれいに仕上がり、出来上がりは満足しています。近所の方からもきれいになったと言われています。
    見積時からいろいろ質問しましたが、丁寧に説明していただきました。
    少し残念な点は
    (1)価格
    ・建てたハウスメーカーの保守部署の見積よりは10%程安かった
    … (続き)
    ただし同時期に横浜にある実家の塗装の見積を他社にお願いしたところ、中塗り、上塗りの単価が池田さんの5割近く安く出てきたことにびっくりしました。
    塗料がシリコンREVO1000やダイナミックトップというもので、同製品ではなく会社の規模も違いますが、契約前に見ていたら心動かされたかも。。。
    足場や付帯部分の単価は同じ程度であり、塗りが倍近く丁寧なんだろうと思うことにしました。
    (2)施工に入ってからの連絡
    10年ほど前に実家の塗装をした際に、その時の業者が
    ・工程表を提示し、どの作業をどのくらいの期間でやるかの説明があった。
    ・日々の作業報告書(B6用紙に数行ですが)を渡してくれた。
    ・作業完了後、作業中の写真や、作業前後の状態の写真を報告書としてくれた。
    ということをしてくれましたが、池田塗装さんは上記は無しでした。
    職人さんに聞くと今どんなことをやっているかは教えてくれましたし、作業報告者や写真は数年後にはいらなくなるとは思いますが屋根は普段見えないので、満足感は上がりますね。
    まあこれをやると手間が増えるので、価格が上がるなら無くても我慢できるレベル。
    ・あと、作業に入ったところでベランダ防水工事が問題ありと連絡いただきましたが、そのあとどうするか2週間以上連絡なく、作業完了の報告で結局やりませんでしたと費用を値引いて出てきたのは、少しモヤッとしました。
    多少の残念なところはありましたが、概ね満足しており、15年間は汚れが付かず頑張ってくれると期待も込めて星4とします。
  • Avatar

    Y NOZAWA
    ★★★★★
    4 か月前

    屋根塗装と外壁塗装をお願いしました。
    とても満足です。
    こちらの会社の決め手としては、地域に根付いていて元々知っていましたが、他の会社とは違って無理な勧誘もなく、見積もりの時点で他の会社とは違う誠意ある対応でしたのでお願いしました。
    営業の方も工事の方も皆とても丁寧で気持ちの良い対応をしていただき、仕事もとても丁寧で説明やアドバイスも分かりやすかったです。
    … (続き)
    仕上がりも、すごく綺麗で周りから新築みたいだと言ってもらう程です。
    今後も何かあれば相談してフォローしていってもらいたいと思う会社でお勧めです。
  • Avatar

    浜田太
    ★★★★★
    5 か月前

    今回2回目の外壁、屋根塗装を施工するにあたり、川崎市内の様々なリフォーム及び塗装関係の業者さんをネットで探していたところ、池田塗装さんに出会いました。営業の方からドローンで屋根の写真や外壁について丁寧に細かくわかりやすく説明をして頂き、池田塗装さんを選んでみようと思いました。工事が始まり職人(スドウ)さんの技術は、もちろんのこと仕事も丁寧で毎日その日の作業内 … (続き)容の説明があり、帰りには、写真で説明をしてくださる日もありました。足場を外して外観を見た時は、大変感動いたしました。屋根、外壁、雨戸、戸袋、雨樋、エアコン冷媒管のテープ貼りまで新築同様な仕上がりに夫婦揃って大満足いたしました。本当にありがとうございました♪

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 青葉店

クチコミ54件

株式会社池田塗装 青葉店

横浜市青葉区荏田西1丁目1−10

4.9 54 reviews

  • Avatar

    川口隆
    ★★★★★
    3 months ago

    我が家の外壁塗装は今回で2回目です。1回目は13年前でしたが、塗装後
    2年後くらいから汚れが目立ち始めましたので今回は慎重に塗装会社の選定を進めました。昨年の6月から見積もりを取り始め、最終的に7社になりました。その中で池田塗装さんと今年1月に契約、5月に施工完成に至りました。池田塗装さんにお願いした理由は4つあります。
    … (続き)
    第1に図面を含め内容明細書がわかりやすかった事
    第2に自社雇用の職人さんから施工いただける事
    第3に価格が安い事
    第4に工事後の保証がしっかりしてる事
    工事については3人のチームワークが素晴らしくこちらからの不安、質問に納得のいく丁寧な説明をしていただき、塗装の変更等にも迅速に対応していただきました。ありがとうございました。技術面はもとより3人の方の人柄にも触れさせていただき大変満足しています。次回塗装の機会がありましたら田中さん、高野さん、新入社員の方(名前がわからずすみません)にお願いしたいと思います。
  • Avatar

    Takahiko Sakata
    ★★★★★
    4 months ago

    初めて外壁塗装をしましたが、こちらの口コミをみて高評価だったので今回まずご相談させて頂きました。見積もりの時点から感じもよくわかりやすい見積もりで、実際職人さんが丁寧にやっていただき大変満足しています。次回、外壁塗装や屋根修繕がありましたらまた利用させていただきたいと思いました。
  • Avatar

    Min Nishi
    ★★★★★
    a month ago

    屋根にガタがきて、事前確認の際にはその場で仮止めしてくれて、後日しっかり対応していただきました。ついでに外壁のシーリングもお願い。写真も残してくれ説明もメールで丁寧に。近所なのでなお安心。何かあればリピートすると思います。

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

弊社では無料やり直し保証、施工後の最短5年最長16年などの補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)



▲TOPに戻る
YOUTUBE動画
カラーシミュレーション
お見積り・お問い合わせお問い合せ