川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

外壁塗装をオシャレにしたい方へ!色選びのポイントや素材についても解説します!

「外壁塗装をオシャレにしたい」
「外壁塗装をオシャレにするにはどんな色を用いれば良いのだろうか」
「外壁塗装のデザインのポイントについて知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。

家を建てるのであれば、オシャレな外壁塗装にしたいですよね。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
少し長くなりますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

外壁塗装における色選びのポイントや人気の色についてご紹介します!

□外壁塗装における色選びのポイントや人気の色についてご紹介します!

外壁塗装を何色にするかということは、多くの方が悩むポイントの1つです。
まず、外壁塗装するにあたって、色選びで意識しておきたいポイントについて解説します。

色選びで知っておきたいことは、サッシの色を重要視するということです。
例えば、サッシの色が茶色の場合に、雨樋を白色にするとバランスが悪くなってしまいます。
サッシの色を基準にすることで、色選びがうまくいくケースは多いです。

また、外壁以外の家の外側における細かい部分の色は、統一すると良いでしょう。
サッシの色と雨樋や帯などの色を、揃えるといった意識ができると良いですね。

ここからは、人気度が高くオシャレな外壁塗装にするための色についてご紹介します。

1つ目は、グレーです。
グレーの特徴は、汚れが目立ちにくいことやクールで落ち着いた印象を与えられることが挙げられます。
単色での色が派手すぎることもないので、変に目立つこともありません。
そのため、非常に人気が高い色ですね。

2つ目は、茶色です。
茶色にも様々なものがあり、明るい茶色なら柔らかく可愛い印象を与え、濃い茶色であれば高級感があり、大人っぽい仕上がりになります。
特に、茶色は他の色と組み合わせて選ぶ方が多く、色の組み合わせとして様々な色と合いやすいという特徴があります。

3つ目は、ベージュです。
ベージュは落ち着いたオシャレな色なだけでなく、単色だけでもかわいい仕上がりになります。
そのため、若年層からの人気が高く、外壁塗装にはもってこいの色ですね。

4つ目は、白色です。
白色は色褪せしないことが魅力的なポイントの1つです。
白色でない色は、どんな色であっても色褪せし、白色に近づいていきます。

さらに、ここ最近では塗料の技術も進化し、汚れに特化したものも販売されています。
そのため、塗料によっては汚れを気にする必要はないと言えるでしょう。

以上が、色選びのポイント・人気の色についての紹介でした。

□色分けする際のランキングについて解説します!

続いては、色分けする際のランキングについて解説します。

第1位は、茶色と茶色の組み合わせ、もしくは茶色とベージュの組み合わせです。
ベースに薄い茶色を用いて、さらに薄いベージュや茶色を組み合わせることで、オシャレに仕上がります。
茶色は濃度が変わることにより、かなり雰囲気が変化するので、和風にも洋風にも合った色彩になるでしょう。

第2位は、グレーにグレーを重ねるといった色分けです。
先ほどご紹介したように、グレーはオシャレなだけでなく、汚れにくいということから人気のある色です。
濃いグレーと薄いグレーを組み合わせることで、落ち着いたオシャレな雰囲気を作り出します。

第3位は、オレンジとベージュ系の色の組み合わせです。
オレンジは特徴的な色で、変に目立ってしまうとお思いの方もいるかもしれませんが、白色との組み合わせによって、洋風なイメージを与えます。
ただ、建物の形や周りの環境によっては合わない場合もあるので、そういった部分を考慮することが必要です。

以上が、色分けの際のランキングについてでした。

□配色でオシャレ度が変わる!人気の配色例について解説します!

ここからは、人気の配色例をご紹介します。

1つ目は、濃い色と目立たない色を組み合わせることです。
例えば、白やベージュをベースに濃い赤や、濃いネイビーをアクセントカラーとして用いるという配色です。
コツとしては、ワンポイントとして用いることです。
真っ白い家の窓の縁や屋根にアクセントカラーを入れることで、欧風で爽やかなイメージをもたらします。

2つ目は、白色と紫のワンポイントを組み合わせた配色です。
これは、個性的でオシャレな外壁を作り出します。
変わった塗り分けにすることで、一般的な家と差別化できるためおすすめです。

以上が、人気の配色例についてでした。

□塗るだけでオシャレな外壁になる塗料について解説します!

塗料によって色の付き方や立体感は変わるので、オシャレな外壁にしたいという方は、塗料にこだわってみるのも良いでしょう。
ここでは、いくつかの塗料についてご紹介します。

1つ目は、関西ペイントのゾラコートEXです。
この塗料は、石材の雰囲気を出すので、高級感があるだけでなく、落ち着いた重みのある印象を与えます。

2つ目は、菊水化学工業のグラナダシリーズです。
この塗料は、外壁に土や砂の雰囲気を与えます。
そのため、落ち着いた印象の壁に仕上げられるでしょう。

以上が、塗るだけでオシャレ度が増す塗料についてでした。

□外壁塗装をオシャレにするポイントについて解説します!

外壁塗装をオシャレにするためのポイントはいくつかあります。

1つ目は、配色の比率にこだわるということです。
外壁の配色は、基本的にベースカラーとアソートカラー、アクセントカラーで成り立ちます。
ベースカラーは全体の70パーセントほどを占め、アソートカラーは全体の25パーセントほど、アクセントカラーは5パーセントほどを占める色のことを指します。

この比率に応じて、色を選ぶことで、バランスの取れた色の組み合わせになりやすいです。
また、彩度も気にしてみましょう。
そうすることで、外観にメリハリが出るので、オシャレ度がアップします。

2つ目は、艶や凹凸にこだわるということです。
外壁塗装には、あえて凹凸をつけることで、オシャレに見せる方法があります。
リシン吹き付けやスタッコ吹き付け、吹き付けタイル仕上げなどを用いることで、奥行きのある外壁になります。
艶のある塗料を選ぶと、新築の輝きをキープできるというメリットがあり、艶を消す塗料を選ぶと、高級感が出るので、艶にこだわることはおすすめです。

3つ目は、周囲の環境を意識するということです。
周りと同じ色にした場合は、溶け込んで個性がなくなってしまい、周りと全く違う色にした場合は、浮いてしまって変に目立ってしまう可能性があります。
家だけでなく、周りの自然や道路を考慮するとなお良いでしょう。
周囲の環境には溶け込みながらも、アクセントのあるデザインの家にするとオシャレになります。

以上が、外壁塗装をオシャレにするためのポイントについてでした。

□素材を活かしたオシャレな外壁塗装の事例について解説します!

ここからは、外壁材の特徴を生かした外壁塗装についてご紹介します。

外壁材によってもそれぞれが独自の特徴を持っているので、好みに合った外壁材の特徴を引き立たせることは大切です。
ただ、見た目だけを重視すると失敗することがあります。
コストや機能、メンテナンスの有無についてもこだわることで、素晴らしい外壁塗装になるでしょう。
さらにここでは、5つの外壁材をうまく活用した事例をご紹介します。

1つ目は、サイディングです。
サイディングは、ここ最近の新築住宅で使われることが最も多い外壁材で、スタイリッシュでモダンな印象を与えます。
落ち着いたモダンな雰囲気が好きな方にとって、金属サイディングはとてもおすすめです。
また、金属サイディングは軽いという特徴があるので、リフォームとして用いられることも多い素材です。

2つ目は、木目を生かすということです。
和風住宅の場合は、木目を活かすことで、よりオシャレで暖かみのあるイメージになります。
焼杉や木質系サイディングを使用することで、木目の良さが引き立ちます。

ただ、コストが高いのに加え、メンテナンスをこまめにする必要もあるので、注意しておきましょう。
こういったデメリットが気になる方には、窯業系サイディングがおすすめです。
窯業系サイディングには、木目を模したものもあり、低コストで木材の雰囲気を出せるという魅力があります。

3つ目は、タイル張りで欧風感を出すということです。
タイルは、耐久性があり、悪天候に強い素材なので、メンテナンスに手間とお金がかからないという魅力があります。
また、タイル張りにすると、暖かみに加え、重厚感をもたらします。
そのため、エレガントな見た目にしたい方には、特におすすめです。

4つ目は、漆喰を使うということです。
漆喰は、重厚感や高級感があり、職人の塗り具合によって味が出るという見た目の特徴はあります。
しかし、注目したいのは機能面についてです。

漆喰の主成分は石灰です。
石灰はアルカリ性でカビを寄せ付けないという特徴があり、綺麗な状態を保つ役割も備えています。
また、燃えにくい素材でもあることから、健康上・防災上といった観点からでもメリットが沢山あります。
コストはかかりますが、それ以上のクオリティを追求する場合には、検討してみると良いでしょう。

5つ目は、モルタルを使うということです。
モルタルはデザイン性が高く、職人が自らの手で塗り上げていくため、味のある暖かい雰囲気になります。
自由度が高いので、和風洋風問わず使えることもメリットです。
ただ、職人の腕や品質の状態によって、仕上がりに差が出るということは考え方によってはデメリットかもしれません。

以上が、外壁塗装のオシャレな事例についてでした。

素材を活かしたオシャレな外壁塗装の事例について解説します!

□まとめ

今回は、外壁塗装をオシャレにするポイントやコツについて知りたい方に向けて、色や塗料における具体的なことについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
本記事の情報を活用して、外壁塗装の色や、塗料を選んでいただけると幸いです。
横浜・川崎周辺で外壁塗装に関する疑問やお悩みがある方は、お気軽に当社までご連絡ください。

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ134件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 134 reviews

  • Avatar

    TAEKO SHIRAI
    ★★★★★
    1 か月前

    外壁塗装ベランダ防水等の工事をお願い致しました。
    ホームページ上での素人にも分かりやすい情報提供と施工事例及び高評価のクチコミを拝見して、現地調査の依頼を致しました。
    塗装に関しての専門的なご説明と詳細な見積もりをご提示頂き、池田塗装さんにお願いすることに致しました。
    職人さんたちは、とても丁寧な作業をしてくださり、迅速に対応して下さいました。
    … (続き)
    仕上がりに関しては、大変満足しております。
    ありがとうございました。
  • Avatar

    tatsuyoshi itaki
    ★★★★★
    1 か月前

    中古住宅を購入したため、引っ越し後2年足らずで、外壁、屋根の塗装を検討し始めました。当初は、複数社の比較検討をするつもりでした。最初に現地調査に来て頂いた池田塗装さんは、ドローンを駆使して屋根の状況を様々な角度から調査して下さり、外壁の劣化状況も隅々まで確認していただきました。その後の見積り内容についても、明確に説明してくださり、いくつかのプランの違いや私共 … (続き)の質問にもわかりやすく丁寧に説明して頂き、誠実な対応を通して信頼感を持ちました。
    職人の方は、朝夕の挨拶もきちんとされていて、大変感じが良く、細かいところまで丁寧に作業してくださり、安心してお任せすることができました。とてもきれいに仕上げていただき、大変満足しています。池田塗装さんにお願いして本当に良かったと思います。今後知人に塗装のことで相談を受けたら池田塗装さんをご紹介したいと思います。
  • Avatar

    ずんだシェイク
    ★★★★★
    過去 1 週間以内

    近隣が外壁塗装をたて続けに始めたのをきっかけに、我が家の壁や屋根もとても汚れていることに気がつきました。
    既に築20年以上経っていた我が家をキレイにしたいけど、一体どこに頼めばいいのか、予算は?色は?など、分からないことばかりの時に、本屋で、池田塗装の社長さんが書いた本『リフォームで一番大切な外壁塗装で失敗しない方法』に出会ったのが、池田塗装さんとの初めて
    … (続き)の出会いでした。
    見積もりの時からの営業担当のアマノさんも、どんな質問をしても分かりやすく回答して頂きましたし、職人のスズキさん達も、丁寧に作業して頂いたのはもちろんのこと、毎日作業の内容について細かく説明して頂いたときは、ここに任せて本当によかったと心から思うことが出来ました。
    次回の外壁塗装までには随分と時間がありますが、もちろん池田塗装さんにお願いしたいと思うくらい、大変満足しております。本当にありがとうございました!

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-1-10
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

施工にご満足いただけなかった際の返金保証、施工後の最短5年最長16年の補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)