川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

外壁塗装の弱溶剤塗料とは?溶剤や水性との違い、塗料の選び方について徹底解説


外壁塗装の塗料選びの中で、塗装業者から弱溶剤塗料を勧められて、どのような塗料なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

塗料と聞くとイメージする、特有の強いシンナー臭のする『油性塗料(溶剤塗料)』のほかに、水を使った塗料で、環境に配慮された『水性塗料』の2種類に大きく分けられています。

しかしそれだけではなく、近年においては『弱溶剤塗料』が広く活用されるようになり、今では外壁塗装には欠かせない塗料となっているのです。

そこでここでは、外壁塗装で使用される弱溶剤塗料について、特徴や溶剤塗料・水性塗料との違い、メリット・デメリットなどの情報を踏まえて、プロの塗装業者が徹底解説していきましょう。

外壁塗装の弱溶剤塗料とは?

外壁塗装に取り組む中で塗料選びはとても重要であり、色や塗料のグレード、機能性、耐久性などに着目している方は多いのではないでしょうか。

冒頭にもお伝えした通り、塗料には溶剤(油性)塗料と水性塗料に大きく分けられていますが、溶剤塗料はさらに強溶剤塗料と弱溶剤塗料に分けられているのです。

では、どのような違いがあるのか、塗料の持つ特徴について詳しくご紹介していきましょう。

・弱溶剤塗料とは?溶剤(油性)塗料との違いについて

外壁塗装で使用される弱溶剤塗料とは、揮発性の比較的低い溶剤が含まれている塗料のことで、臭いはマイルドであり、環境にやさしい特徴を持っています。

揮発性とは、常温において蒸発しやすい性質のことを指しており、一般的な溶剤(油性)塗料の場合には、揮発性の高い有機化合物が含まれています。

一般的にイメージされる塗料の持つ特有のシンナー臭は、溶剤(油性)塗料によるものです。

弱溶剤塗料は、有機溶剤の代わりに揮発性の低い溶剤を使用しているため、臭いはマイルドであるものの、溶剤(油性)塗料のような耐久性を兼ね備えていると言われています。

そもそも外壁塗装での塗料は、かつて一般的には耐久性が高いという理由から、溶剤(油性)塗料が活用されてきました。

しかし、塗料に配合されている揮発性の高い有機化合物が、環境に対して悪影響を与える可能性や、発がん性など人体に有害であると指摘されるようになり、問題視されるようになったのです。

そこで研究開発されたのが弱溶剤塗料であり、揮発性の低い溶剤が使用されているために環境や人体に優しいことが知られています。

さらには耐久性や施工性に優れているために、外壁塗装に活用されるシーンが増えているのです。

・弱溶剤塗料と水性塗料の違いについて

弱溶剤塗料は、溶剤塗料と水性塗料の中間の性質を持っており、溶剤塗料よりも環境にやさしく、水性塗料よりも塗膜の耐久性が高いとされています。

それでは水性塗料とはどのような塗料なのでしょうか。

先ほど上記において、溶剤塗料と弱溶剤塗料の違いとして、揮発性の高い有機溶剤が含まれているものを溶剤塗料、揮発性の低い有機溶剤が含まれているものを弱溶剤塗料と説明しました。

水性塗料は、揮発成分として水、または水と少量の有機溶剤が活用されている塗料のことで、臭いがかなり少なく、環境や人体にも優しいとして広く活用されるようになりました。

ただ、水性塗料のデメリットとして、塗料の耐久性や下地への密着性が溶剤塗料よりも劣ると言われています。

近年の研究開発によって高い耐久性を持つ水性塗料も提供されるようになりましたが、溶剤塗料が完全になくならないのは、まだまだ課題があるからなのです。

弱溶剤塗料は、溶剤塗料と水性塗料の中間の性質を持っており、溶剤塗料よりは揮発性が低く、水性塗料よりは耐久性が高いとされています。

そのようなことから、溶剤塗料は使いたくない、でも耐久性の高い塗料を活用したいというご希望に沿って、弱溶剤塗料が活用されるケースが増えているのです。

・弱溶剤塗料がよく活用される理由

上記においては、溶剤塗料や水性塗料と比較しながら特徴についてお伝えしましたが、近年の外壁塗装においてよく活用されるようになった点をまとめると以下の通りです。

● 臭いが溶剤塗料よりもマイルド
● 塗装できる素材の幅が広い
● 耐久性に優れている

外壁塗装にこのようなポイントを求めているのであれば、弱溶剤塗料を活用することをおすすめします。

かつて屋根や外壁塗装で活用されてきた溶剤塗料は、高い耐久性を持つものの、強い刺激臭や配合されている成分の人体・環境への影響により、住宅においてほとんど活用することはありません。

弱溶剤塗料は、臭いは溶剤塗料よりもマイルドであり、環境にも配慮されています。

ただし、無臭というわけではなく、やはり特有のシンナー臭はしますので、臭いの敏感な方においては不向きであると言えるでしょう。

そのようなことから近年においては、水性塗料はシンナーの代わりに水が配合されているため臭いが少ない水性塗料を活用されているケースが多くなっています。

ただ水性塗料においては、水を主成分にしているために、鉄やアルミなどの金属やツルツルしている素材に塗装するのは不向きであると言われています。

弱溶剤塗料は、そのような素材であっても密着性に優れていることから、活用されるケースが増えているのです。

また、水性塗料は近年耐久性の高い製品も提供されるようになりましたが、一般的には弱溶剤塗料の方が耐久性に優れていると考えられています。

そのため、どのタイプの塗料を活用するかにおいては、臭いや塗装する素材、耐久性の3つの観点から選択することが大切になります。

外壁塗装の塗料はどれがいい?塗料の選び方

上記でもお伝えした通り、近年の外壁塗装においては、溶剤塗料を活用されるシーンはほとんどなく、弱溶剤塗料もしくは水性塗料のどちらかを選択することになります。

またいずれの塗料においてもいくつかのグレードに分かれており、それぞれによって耐久性や価格が異なりますから、とても重要な選択ポイントとなります。

さらには、近年提供されている塗料にはさまざまな機能を持つ塗料も登場していますので、ニーズに応じた機能性に着目することも大切だと言えるでしょう。

ここでは外壁塗装の塗料選びにおいて、どのように選択し、決定していくべきか、詳しくご説明いたしましょう。

・臭いが気にならないなら弱溶剤塗料、気になるなら水性塗料を

冒頭から何度かお伝えしている通り、臭いがそれほど気にならないなら、一般的には耐久性の優れている弱溶剤塗料を選ぶようにし、小さなお子様がご家庭におられることや、ご近所の迷惑を考えるのであれば水性塗料を選択するといいでしょう。

確かに外壁塗装の作業中は塗料の臭いが充満しますが、工事期間中すべてにおいて臭いに悩まされるというわけではなく、中盤から後半にかけての数日です。

その数日だけ外出するようなことは可能ですし、近隣の方に対しても事前に工事日程をお伝えしておけば、大きなトラブルを避けることもできます。

どうしても臭いが気になるということであれば水性塗料を活用することになりますが、弱溶剤塗料よりも耐久性が劣るということに対して気になる方も多いのではないでしょうか。

水性塗料が登場し始めた当初は、耐久性の低い製品も多かったのですが、近年の研究開発によって高耐久性、さらには鉄部などへの塗装が可能な水性塗料も提供されるようになりました。

そのようなことから、臭いが気になるために水性塗料を使いたいものの、耐久性が気になるという方であれば、塗装業者に相談してアドバイスを受けるといいでしょう。

・外壁塗装では塗料のグレード選びが重要

外壁塗装で活用される塗料には、冒頭からお伝えしている弱溶剤塗料と水性塗料の分け方のほか、グレードでも分けられています。

そもそも外壁塗装で活用する塗料には、色を作り出す顔料、塗料の耐久性が決定する樹脂、塗料の性能を向上させる添加剤、さらに溶剤または水によって構成されています。

塗料のグレードとは、シリコンやフッ素、無機などといった、配合されている樹脂によるもので、耐久性や価格が大きく異なるのです。

塗料の種類 耐久年数 施工単価(㎡)
シリコン塗料 5~10年 1,700円~3,500円
フッ素塗料 8~15年 3,000円~5,100円
無機塗料 15~25年 4,400円~5,500円

外壁塗装においてよく活用されている塗料のグレードは、シリコン塗料やフッ素塗料で、最もグレードの高い塗料には無機塗料があります。

シリコン塗料は最もメーカーから提供されている種類の豊富なグレードです。

近年提供されているシリコン塗料の中には耐久性が10年以上というものも多くなり、それでいてコストが抑えられているために、コストパフォーマンスに優れていると言われています。

フッ素塗料は、シリコン塗料と比較してコストが高くなるものの、紫外線に強く耐久性に優れていて、汚れを弾く性質もあることから採用されるケースが多くなっています。

また、無機塗料は最も高いグレードであり、コストがかなり高くなるものの、耐久性に優れており、耐用年数20年以上とメーカーから公表されている塗料もあります。

これらのグレードには、弱溶剤塗料だけではなく水性塗料も用意されていますので、うまく選択するといいでしょう。

・機能性にも着目すべき

外壁塗装というと、美観を取り戻すために行われるようなイメージがありますが、それだけではなく建物を守り、居住性を高めることが目的となっています。

そのために、塗料にはさまざまな機能があり、それらの機能によって建物自体の耐久性を守り、私たちの暮らしをより快適にしてくれるのです。

機能を有する塗料のことを『機能性塗料』と呼ばれることがありますが、保有している機能には、次のようなものがあります。

● 断熱性・遮熱性
● 低汚染性
● 防水性・耐水性
● 透湿性
● 防カビ性・防藻性
● 耐候性

『断熱性・遮熱性』とは、塗装面の熱が室内に伝わりづらくする機能や、太陽光を反射させて外壁の表面温度を抑える機能によって、室内の環境を快適にし、エアコン効率を良くする効果が期待できるというものです。

特に近年においては暑い夏の日が多いため、注目されている機能の一つになります。

『低汚染性』とは、汚れをつきにくくする機能や汚れを雨水で洗い流してくれる機能のことを指しており、外壁の綺麗を維持する効果に優れているものです。

交通量の多い道路に面した建物のような場合には、注目しておくべき機能だと言えるでしょう。

『防水性・耐水性』とは、モルタル外壁やシーリングへの塗装に適している塗料であり、ひび割れに追随して水の侵入を防ぐ効果に優れているものです。

『透湿性』とは、雨水の侵入を防ぐものの、建物内部の湿気は逃がすことができるものを指しています。

建物内部の湿気を逃がしていくために結露を防止することや内部の腐食を防ぎ、シロアリの発生を防止する効果にも優れています。

『防カビ性・防藻性』とは、カビや藻の発生を抑える効果に優れているもので、日の当たらない場所や湿気が多い面に対して効果を発揮します。

カビや藻は美観を損なうだけではなく、居住者への健康に対しても悪影響を及ぼしますからとても重要な機能であると言えるでしょう。

『耐候性』とは、紫外線や風雨などの影響を受けにくく、チョーキング現象が起こりづらい特徴を持っているものです。

チョーキング現象とは、塗装の塗膜の劣化症状の一つで、塗料の成分が分離し白い粉が浮き上がってくるというものを指しています。

まとめ

外壁塗装で使用される弱溶剤塗料について、特徴や溶剤塗料・水性塗料との違い、メリット・デメリットなどの情報を踏まえて、詳しくご紹介しました。

弱溶剤塗料とは、溶剤塗料よりも環境に配慮されて作られた塗料で、水性塗料よりも耐久性に優れているために、多くのシーンで活用されています。

耐久性や密着性が高いために、屋根や外壁、鉄部などへの塗装に活用されています。

ただ、どうしても特有のシンナー臭がするために、小さなお子様やご近所への迷惑を考慮するのであれば、水性塗料を活用すると良いでしょう。

また塗料選びは、そのほかにもグレードや機能性に着目しておくことも大切です。

外壁塗装・屋根塗装を検討している場合で、どの塗料を選ぶべきか迷っているのであれば、実績豊富な地元の塗装業者に相談し、アドバイスを受けながら外壁のメンテナンスを進めていくと良いでしょう。

「こんな相談しても嫌がられないかな?」
「まだやるか決めていないんだけれど…」

など、ご心配不要です。

「HPを見たのですが…」と、0120-711-056(年中無休7時〜19時)まで、お気軽にお電話下さい。

また、「相談したいけど対面は少し心配…。」といった方に向けて、LINEやzoomを使った外壁塗装の相談もお受けしております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

川崎市・横浜市(青葉区)を中心に神奈川県全域が施工エリアになります。お家の外壁塗装、屋根塗装は職人直営専門店の「池田塗装」にお任せください。

【本 店】TEL:0120-711-056
【青葉店】TEL:0120-824-852

本店:〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-2
アクセスはコチラ

青葉店:〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-1-10
アクセスはコチラ

【公式】YouTubeはコチラ
【公式】Instagramはコチラ
【公式】Facebookはコチラ

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ198件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 198 reviews

  • Avatar

    ken kenji
    ★★★★★
    9 か月前

    外壁塗装と屋根カバー工法の工事を依頼しました。担当者も工事の職人さんも丁寧な説明と工事で安心して任せる事が出来ました。
    塗装もイメージ通りに仕上がり、凄く綺麗で明るく、とても嬉しい気持ちになりました!!暑い時期の工事で大変だったと思いますが、一生懸命作業して下さりありがとうございました。
  • Avatar

    関口智昭
    ★★★★★
    6 か月前

    築年数が15年を経過し、塗装業者を色々と探していたところ、地元に密着し、自社の職人さんが施工していただける池田塗装さんに出会い、屋根と外壁の塗装をお願いする事になりました。
    親方の一生懸命な説明を受け、こちらの細かな質問に対して丁寧に対応していただき、
    とても安心して塗装を迎える事が出来ました。
    また、職人さんも丁寧で細やかな仕事振りで、塗装の仕上がりも大変
    … (続き)満足しております。
    次の塗装の際も、是非お願いしたいと思っております。
  • Avatar

    hsakura s
    ★★★★★
    9 か月前

    ネットでいろいろと調べてYouTubeでも情報を提供されていたので信頼できる業者様と思いました。お見積り時も社長様から丁寧に説明頂き安心してお願いすることが出来ました。担当頂いた職人様から細部の確認もして頂きしっかりとした作業内容には感心いたしました。また、7月から8月にかけての猛暑の中で予定通りの期間で仕上げていただき本当にありがとうございました。 … (続き)
    完成の報告時に保証書も頂き結果としては大満足です。

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 青葉店

クチコミ54件

株式会社池田塗装 青葉店

横浜市青葉区荏田西1丁目1−10

4.9 54 reviews

  • Avatar

    川口隆
    ★★★★★
    3 months ago

    我が家の外壁塗装は今回で2回目です。1回目は13年前でしたが、塗装後
    2年後くらいから汚れが目立ち始めましたので今回は慎重に塗装会社の選定を進めました。昨年の6月から見積もりを取り始め、最終的に7社になりました。その中で池田塗装さんと今年1月に契約、5月に施工完成に至りました。池田塗装さんにお願いした理由は4つあります。
    … (続き)
    第1に図面を含め内容明細書がわかりやすかった事
    第2に自社雇用の職人さんから施工いただける事
    第3に価格が安い事
    第4に工事後の保証がしっかりしてる事
    工事については3人のチームワークが素晴らしくこちらからの不安、質問に納得のいく丁寧な説明をしていただき、塗装の変更等にも迅速に対応していただきました。ありがとうございました。技術面はもとより3人の方の人柄にも触れさせていただき大変満足しています。次回塗装の機会がありましたら田中さん、高野さん、新入社員の方(名前がわからずすみません)にお願いしたいと思います。
  • Avatar

    Takahiko Sakata
    ★★★★★
    4 months ago

    初めて外壁塗装をしましたが、こちらの口コミをみて高評価だったので今回まずご相談させて頂きました。見積もりの時点から感じもよくわかりやすい見積もりで、実際職人さんが丁寧にやっていただき大変満足しています。次回、外壁塗装や屋根修繕がありましたらまた利用させていただきたいと思いました。
  • Avatar

    Min Nishi
    ★★★★★
    a month ago

    屋根にガタがきて、事前確認の際にはその場で仮止めしてくれて、後日しっかり対応していただきました。ついでに外壁のシーリングもお願い。写真も残してくれ説明もメールで丁寧に。近所なのでなお安心。何かあればリピートすると思います。

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-1-10
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

施工にご満足いただけなかった際の返金保証、施工後の最短5年最長16年の補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)