屋根工事・屋根塗装の必要性~屋根・建物の寿命を延ばす方法を横浜市の塗装業者が徹底解説 - 川崎の外壁塗装・屋根塗装などなら「池田塗装」
川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

屋根工事・屋根塗装の必要性~屋根・建物の寿命を延ばす方法を横浜市の塗装業者が徹底解説

屋根は、太陽からの紫外線や熱、風雨などから建物を守る重要な役割を担っています。

そのため、劣化や損傷が生じた際にはメンテナンスが欠かせませんが、目の届かない位置にあるために、屋根の状態に気づかないことも少なくありません。

屋根に用いられている屋根材の中には耐久性に優れているものもありますが、劣化した屋根を放置すれば損傷が拡大し、修繕費用が高額になってしまう可能性があります。

そこでここでは、屋根工事・屋根塗装の必要性について、屋根の劣化症状や種類別のメンテナンス方法、放置した場合のリスクなどの情報を踏まえて、横浜市の塗装業者が徹底解説していきましょう。

屋根工事・屋根塗装の必要性

屋根は私たちの生活を守る最も重要な箇所であり、日々の風雨や紫外線、熱など、さまざまな環境要素から住宅を守っています。

それだけ過酷な環境にあるがゆえに屋根は時間とともに劣化し、そのメンテナンスが必須となるのです。

ここでは、劣化の兆候、さまざまな屋根の種類別メンテナンス方法、そして放置した場合にどのような問題が起こり得るのかを解説します。

・屋根の劣化症状

屋根の劣化症状には、色あせといった初期症状から、屋根材そのものの損傷まで、さまざまなものが挙げられます。

これらは屋根材に塗装している塗料の耐候性や屋根材自体の耐久性、日々の気象条件、さらには施工の質によっても変わり、定期的なチェックが必要になります。

具体的な劣化症状として、代表的なものは次の症状が挙げられます。

■色あせ・塗装の剥がれ

紫外線や風雨などの自然環境から屋根が受けるダメージによって起こります。特に、屋根塗装は屋根材を保護する役割を果たしているため、塗装が剥がれてしまうと直接的なダメージを受けやすくなります。早期に対策を取らなければ、屋根材自体が劣化してしまう可能性もあります。

■カビや苔の発生

雨季や湿度の高い場所では、屋根にカビや苔が生じやすくなります。これらは屋根の材料を劣化させ、さらには屋根の見た目を損ないます。防カビ性に優れた塗料の使用も考慮すると良いでしょう。

■屋根材のひび割れ

温度変化や物理的な衝撃などにより、屋根材がひび割れることがあります。これが起きると雨水が屋根材の内側へと浸入し、雨漏りの原因となります。ひび割れが見つかった場合は、速やかに専門家に連絡して対応を依頼することが推奨されます。

■屋根材の欠け

風による飛散物や落雷、長年の劣化によって屋根材が欠けることがあります。この場合、雨漏りのリスクが高まります。欠けた箇所は早急に修繕が必要です。

■屋根材の隙間・ズレ

地震や強風などにより、屋根材がズレることがあります。また、経年劣化で屋根材同士の接合部が緩むこともあります。このような状況は雨漏りを引き起こす可能性があるため、定期的な点検と適切な補修が必要です。

これらの劣化症状はすべて、早期発見と適切な対応が大切です。

・屋根のメンテナンス方法は種類ごとに異なる

屋根の種類によって最適なメンテナンス方法は異なります。スレート屋根や金属屋根、瓦屋根など、それぞれの特性を理解し、適切なメンテナンスを行うことが重要です。

■スレート屋根

スレート屋根は軽量で施工しやすいという特性を持ちます。しかし、屋根材自体は劣化しやすいため、定期的な塗装によるメンテナンスが必要になります。また、ひび割れや破損が見つかった場合は素早く修繕を行わねばなりません。状況によっては、塗装では修繕できずカバー工法が必要となるケースもあります。

■金属屋根

ガルバリウム鋼板など金属屋根は耐久性に優れていますが、その一方で錆びる可能性があります。そのため、錆び防止のための塗装を定期的に行うことが大切です。また、目地に充填しているシーリング材の劣化や損傷にも注意が必要です。

■瓦屋根

瓦屋根は耐久性と美観性に優れていますが、素材によってメンテナンス方法が異なります。粘土瓦であれば、破損でもしていない限り、メンテナンスは必要ありませんが、セメント瓦など塗装が必要となる種類もあります。台風などの強風が吹いた後は点検を行い、ずれた瓦や割れた瓦がないか確認しましょう。

・放置した場合のリスク

屋根の劣化を放置すると、その結果としてさまざまな問題が生じます。具体的には以下のようなリスクが考えられます。

■雨漏りや屋根内部の腐食

劣化した屋根から雨水が浸入すると、雨漏りが発生します。これが長期間続くと、建物の構造材にまで影響を及ぼし、木材の腐食や鉄骨の錆びなど、重大な損傷を引き起こす可能性があります。さらに、内部に湿気がこもることでカビが発生し、住環境を悪化させるだけでなく、健康被害を引き起こす可能性もあります。

■大がかりな屋根工事の可能性

小さな劣化・ダメージを見逃したり放置したりすると、時間と共にその範囲や深刻さが増してしまいます。そして結果的に、単なる修繕で済むはずだった問題が大規模な修繕、あるいは屋根全体の張り替えを必要とするほどになることもあります。

■屋根工事の費用が高くなる

早期に修繕を行えば費用は抑えられますが、劣化を放置し状況が悪化すればするほど、修繕に必要な時間と費用は増大します。さらに、予期せぬタイミングで大規模な修繕が必要となれば、それが経済的な負担となることは避けられません。

これらのリスクを避けるためにも、定期的な点検と早期の修繕が重要となります。

屋根のメンテナンス方法~屋根工事・屋根塗装

屋根の劣化を放置するとさまざまな問題を引き起こすため、適切なメンテナンスと対策が必要になります。

主なメンテナンス方法として、

  • 屋根塗装
  • 屋根の補修(ひび割れ・欠け)
  • カバー工法・葺き替え工事

があります。

それぞれは有効なメンテナンス方法ですが、屋根の状態に応じて適切な方法によって修繕する必要があります。

・屋根塗装

屋根塗装は、屋根のメンテナンス方法の中でも手軽に取り組める方法の一つと言えます。特に屋根材の損傷や下地がそれほど傷んでいない場合には、屋根塗装は大変有効なメンテナンス方法です。

屋根塗装は、屋根の美観を保つだけでなく、その機能性を維持する役割も果たします。

屋根の色が褪せたり、塗装が剥がれたりすると、屋根が紫外線や雨風などの自然環境から受けるダメージが増大し、屋根材そのものが損傷を引き起こします。しかし、適切に屋根塗装を施すことで、屋根材を保護し、その寿命を延ばすことが可能となるのです。

さらに、屋根塗装は、外壁塗装と同時に行うことで、効率よく建物の耐久性を維持することができます。

外壁塗装を行う際には、足場を組む必要がありますが、この足場を利用して屋根塗装を行うことで、作業効率を上げることができます。また、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うことで、家全体の統一感を出すことが可能となり、美観を一層高めることにも繋がります。

しかし、必要な作業は単に塗装だけではありません。塗装前の下地処理や、塗装後の乾燥等、適切な工程を経ることによって効果を発揮します。

・屋根の補修(ひび割れ・欠け)

屋根の材料の中でも、特にスレート屋根は劣化によるひび割れや欠けが生じやすいという特性があります。これらの損傷は見た目の問題だけでなく、放置すると雨漏りの原因になり、家屋の内部構造にまで損害を与える可能性があります。

補修方法としては、従来、割れているスレート材を撤去し、新しい材料で差し替える方法が一般的でした。また、ひび割れが数箇所程度であれば、シーリング材を使って補修を行うこともあります。これらの方法は手間がかかるものの、適切に施工すれば屋根の耐久性を確保し、雨漏りを防ぐ効果があります。

近年では、スレート屋根の補修に「タスマジック」という屋根専用の浸透型補修材が使われることが増えています。

タスマジックはひび割れや欠けた部分に浸透し、その部分を強化します。早期に対応すれば、更なる損傷の進行を防ぎ、補修後も元の見た目を保つことができます。

このメンテナンス方法は短時間で施工可能で、コストパフォーマンスにも優れています。

・カバー工法・葺き替え工事

屋根のメンテナンスにおいて、一部の補修や塗装だけでは対応できないケースがあります。

主に屋根の損傷が大きい、または経年劣化が著しい場合で、そのような状況ではカバー工法や葺き替え工事が必要となることが多いです。

カバー工法と葺き替え工事の主な違いは、既存の屋根材をどう扱うかにあります。

カバー工法は、既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せる方法で、工期が短く、費用も比較的抑えられるという特長があります。

しかし、下地の損傷がそれほど生じていないケースにおいて有効で、屋根内部が腐食しているようであればカバー工法は適していません。

一方、葺き替え工事は既存の屋根材をすべて撤去し、新しい材料で屋根全体を作り直す方法です。

よりコストと時間がかかる反面、下地まで確認・修繕することができ、より長期的な耐久性が求められる場合に適しています。

費用面でも差が出ます。カバー工法は材料と労力の節約により費用を抑えられますが、葺き替え工事は屋根全体を作り直すため、高額になる傾向があります。

ただし、それぞれの費用は家の大きさや屋根の状態、選ぶ材料等により大きく変動するため、詳細は専門業者に相談することをおすすめします。

屋根の種類別のメンテナンス方法

屋根の種類はさまざまであり、それぞれに適したメンテナンス方法が存在します。

それぞれの特性を理解し、効果的なメンテナンスを行うことで、屋根の寿命を延ばし、家全体の安全性と快適性を保つことが可能となります。

ここでは、スレート屋根、金属屋根、そして瓦屋根のメンテナンス方法を具体的に解説します。

・スレート屋根

スレート屋根は、耐久性とコストパフォーマンスに優れている一方、その特性上、塗膜の劣化や色褪せが起こりやすいという特徴があります。

そのため、スレート屋根の基本的なメンテナンス方法としては、定期的な塗装が求められます。

スレート屋根の塗装は、屋根の見た目を保つだけでなく、耐久性や防水性を向上させる効果があります。特に、紫外線や風雨、温度変化などの外部環境から屋根材を保護し、長期間にわたってその性能を維持することができます。

ただし、劣化が進行している場合や、大きな損傷が生じている場合は、塗装だけでは対応できないこともあり、そのような状況では、カバー工法が検討されます。

カバー工法は、既存のスレート屋根の上に新しい屋根材を被せ、劣化や損傷から家を保護する方法です。この工法は、スレート屋根の劣化が進んでいる場合に特に有効で、新たな屋根材により、屋根の性能を回復し、さらに長持ちさせることができます。

これらのメンテナンス方法を適切に選択し、スレート屋根の寿命を延ばし、その性能を最大限に活用することが重要です。

・金属屋根

金属屋根は、いくつもの種類がありますが、その中でもガルバリウム鋼板の使用が増えている傾向にあります。ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛を主成分とし、耐久性と耐食性に優れているため、長期間の使用に適しています。

しかし、ガルバリウム鋼板の場合、金属板自体の寿命は長いものの、隙間を埋めるシーリング材は数年で劣化することがあります。そのため、定期的な点検とシーリング材の補修が必要になります。

また、金属屋根にも塗膜の劣化や色褪せといった初期症状が見られる場合があります。

このような症状が現れたら、早めの塗装によるメンテナンスが推奨されます。塗装は、防水性を高めることができ、屋根をさらなる劣化から保護する効果があります。

さらに、サビが発生している場合には、塗装前にサビを落とす処理が必要です。サビが進行すると金属屋根の寿命を大きく縮めるだけでなく、雨漏りの原因にもなります。

定期的なメンテナンスと適切な対策を行うことで、金属屋根の性能を最大限に引き出し、長期間にわたり快適な住環境を保つことが可能です。

・瓦屋根

瓦屋根は、その風格と長寿命が魅力で、日本の伝統的な住宅では欠かせない存在です。粘土瓦やセメント瓦などいくつかの種類があり、その特性とメンテナンス方法は大きく異なります。

まず、粘土瓦は伝統的な屋根材で、その美しさと耐久性から多くの日本家屋で使用されています。特に焼き物である粘土瓦は、耐用年数が50年以上と非常に長いのが特徴です。

また、天然素材であるため塗装の必要はなく、メンテナンス方法としては、部分的な補修や葺き直し、葺き替えが主となります。

一方、セメント瓦は粘土瓦よりも安価で、瓦の美しいデザインを取り入れられるため、コストパフォーマンスを重視する建物に多く見られます。

しかしながら、セメント瓦は耐久性にやや劣るため、定期的な塗装によるメンテナンスが必要となります。塗装は、劣化を防ぎ寿命を延ばすだけでなく、見た目を保つ効果もあります。

それぞれの特性を理解し、適切なメンテナンスを行うことで、瓦屋根の長寿命と美しさを保つことが可能です。

まとめ~横浜市の屋根工事・屋根塗装なら

屋根工事・屋根塗装の必要性と、屋根材ごとにおける適切なメンテナンス方法について、詳しくご紹介しました。

屋根は建物の中でも特に外部環境の影響を受けやすい部分であり、日々の劣化は避けられません。その劣化症状を見逃さないようにすることが、屋根を長持ちさせるための鍵となります。

色あせ、塗装の剥がれ、カビや苔の発生、屋根材のひび割れ、欠け、隙間・ズレなどの症状が見られた場合は、迅速に対応することが重要です。

また、放置すればするほど修繕費は増大し、雨漏りや腐食が進行する恐れもあります。

メンテナンス方法は屋根材の種類により異なり、適切なメンテナンスと定期的な点検が不可欠であることを意識する必要があります。

屋根の状態が気になる場合には、スキルや経験が豊富な地元の塗装業者に相談し、適切にアドバイスしてもらうことが大事です。

「こんな相談しても嫌がられないかな?」

「まだやるか決めていないんだけれど…」

など、ご心配不要です。

「HPを見たのですが…」と、0120-711-056(年中無休7時〜19時)まで、お気軽にお電話下さい。

また、「相談したいけど対面は少し心配…。」といった方に向けて、LINEやzoomを使った外壁塗装の相談もお受けしております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

川崎市・横浜市(青葉区)を中心に神奈川県全域が施工エリアになります。お家の外壁塗装、屋根塗装は職人直営専門店の「池田塗装」にお任せください。

【本 店】TEL:0120-711-056
【青葉店】TEL:0120-824-852

本店:〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-2
アクセスはコチラ

青葉店:〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
アクセスはコチラ

【公式】YouTubeはコチラ
【公式】Instagramはコチラ
【公式】Facebookはコチラ

この記事の著者について

株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
2021年3月31日、はじめて執筆の書籍「リフォームで一番大切な外壁塗装で失敗しない方法」をクロスメディア・パブリッシングより出版。(各図書館に置かれています)

「初心忘るべからず」という言葉を胸に、毎日お客さまの信頼を得られるよう頑張っています。 世の中には不誠実な業者も多く、リフォームで後悔する人が後を絶ちません。
一人でもそういう方がいなくなり、私たちが地元の皆さまに貢献できればと思っています。川崎市・横浜市にお住まいで、外壁塗装についてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。(会社概要・本店について青葉店はこちら)

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ283件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 283 reviews

  • Avatar

    けんじ
    ★★★★
    1 週間前

    築12年の家の外壁と屋根の塗装をお願いしました。
    アステックペイントのリファイン1000MSという高性能塗料で
    きれいに仕上がり、出来上がりは満足しています。近所の方からもきれいになったと言われています。
    見積時からいろいろ質問しましたが、丁寧に説明していただきました。
    少し残念な点は
    (1)価格
    ・建てたハウスメーカーの保守部署の見積よりは10%程安かった
    … (続き)
    ただし同時期に横浜にある実家の塗装の見積を他社にお願いしたところ、中塗り、上塗りの単価が池田さんの5割近く安く出てきたことにびっくりしました。
    塗料がシリコンREVO1000やダイナミックトップというもので、同製品ではなく会社の規模も違いますが、契約前に見ていたら心動かされたかも。。。
    足場や付帯部分の単価は同じ程度であり、塗りが倍近く丁寧なんだろうと思うことにしました。
    (2)施工に入ってからの連絡
    10年ほど前に実家の塗装をした際に、その時の業者が
    ・工程表を提示し、どの作業をどのくらいの期間でやるかの説明があった。
    ・日々の作業報告書(B6用紙に数行ですが)を渡してくれた。
    ・作業完了後、作業中の写真や、作業前後の状態の写真を報告書としてくれた。
    ということをしてくれましたが、池田塗装さんは上記は無しでした。
    職人さんに聞くと今どんなことをやっているかは教えてくれましたし、作業報告者や写真は数年後にはいらなくなるとは思いますが屋根は普段見えないので、満足感は上がりますね。
    まあこれをやると手間が増えるので、価格が上がるなら無くても我慢できるレベル。
    ・あと、作業に入ったところでベランダ防水工事が問題ありと連絡いただきましたが、そのあとどうするか2週間以上連絡なく、作業完了の報告で結局やりませんでしたと費用を値引いて出てきたのは、少しモヤッとしました。
    多少の残念なところはありましたが、概ね満足しており、15年間は汚れが付かず頑張ってくれると期待も込めて星4とします。
  • Avatar

    Y NOZAWA
    ★★★★★
    4 か月前

    屋根塗装と外壁塗装をお願いしました。
    とても満足です。
    こちらの会社の決め手としては、地域に根付いていて元々知っていましたが、他の会社とは違って無理な勧誘もなく、見積もりの時点で他の会社とは違う誠意ある対応でしたのでお願いしました。
    営業の方も工事の方も皆とても丁寧で気持ちの良い対応をしていただき、仕事もとても丁寧で説明やアドバイスも分かりやすかったです。
    … (続き)
    仕上がりも、すごく綺麗で周りから新築みたいだと言ってもらう程です。
    今後も何かあれば相談してフォローしていってもらいたいと思う会社でお勧めです。
  • Avatar

    Michiyo H
    ★★★★★
    2 週間前

    営業の方も職人さんも、本当に感じが良くて、
    見積もり段階から完成まで大満足です!近所の方にも、仕事が丁寧だし綺麗な仕上がりで、
    新築のお家みたいだね♡と言われます♪
    お世話になりました!ありがとうございます。
    またどなたか外壁塗装を予定している方がいたら、池田塗装さんを紹介したいと思います♪
    自信を持ってオススメできる、地域1番の塗装屋さんだと思います(๑˃
    … (続き)̵ᴗ˂̵)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 青葉店

クチコミ54件

株式会社池田塗装 青葉店

横浜市青葉区荏田西1丁目1−10

4.9 54 reviews

  • Avatar

    川口隆
    ★★★★★
    3 months ago

    我が家の外壁塗装は今回で2回目です。1回目は13年前でしたが、塗装後
    2年後くらいから汚れが目立ち始めましたので今回は慎重に塗装会社の選定を進めました。昨年の6月から見積もりを取り始め、最終的に7社になりました。その中で池田塗装さんと今年1月に契約、5月に施工完成に至りました。池田塗装さんにお願いした理由は4つあります。
    … (続き)
    第1に図面を含め内容明細書がわかりやすかった事
    第2に自社雇用の職人さんから施工いただける事
    第3に価格が安い事
    第4に工事後の保証がしっかりしてる事
    工事については3人のチームワークが素晴らしくこちらからの不安、質問に納得のいく丁寧な説明をしていただき、塗装の変更等にも迅速に対応していただきました。ありがとうございました。技術面はもとより3人の方の人柄にも触れさせていただき大変満足しています。次回塗装の機会がありましたら田中さん、高野さん、新入社員の方(名前がわからずすみません)にお願いしたいと思います。
  • Avatar

    Takahiko Sakata
    ★★★★★
    4 months ago

    初めて外壁塗装をしましたが、こちらの口コミをみて高評価だったので今回まずご相談させて頂きました。見積もりの時点から感じもよくわかりやすい見積もりで、実際職人さんが丁寧にやっていただき大変満足しています。次回、外壁塗装や屋根修繕がありましたらまた利用させていただきたいと思いました。
  • Avatar

    Min Nishi
    ★★★★★
    a month ago

    屋根にガタがきて、事前確認の際にはその場で仮止めしてくれて、後日しっかり対応していただきました。ついでに外壁のシーリングもお願い。写真も残してくれ説明もメールで丁寧に。近所なのでなお安心。何かあればリピートすると思います。

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

弊社では無料やり直し保証、施工後の最短5年最長16年などの補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)



▲TOPに戻る
YOUTUBE動画
カラーシミュレーション
お見積り・お問い合わせお問い合せ