屋根塗装が「意味ない」と言われる理由~修繕方法や必要なタイミングについて横浜市の塗装業者が徹底解説 - 川崎の外壁塗装・屋根塗装などなら「池田塗装」
川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

屋根塗装が「意味ない」と言われる理由~修繕方法や必要なタイミングについて横浜市の塗装業者が徹底解説

家のメンテナンスにおいて、屋根塗装はしばしば議論の的となり、「屋根塗装は意味ない」という言葉を耳にすることも少なくないかもしれません。

しかし、これには多くの誤解があります。

屋根塗装の必要性を理解し、適切なタイミングでのメンテナンスが、住まいを長持ちさせる鍵となるからです。

そこで本記事では、横浜市の塗装業者の視点から、屋根塗装の実際の意義について解説していきます。

屋根塗装が家全体の保護にどのように役立つのか、また、屋根塗装を行わないことのリスクは何なのか、屋根塗装が「意味ない」と言われる背景を踏まえ、そのような状況での適切な修繕方法についてもお伝えしていきます。

屋根塗装が「意味ない」と言われる理由

「屋根塗装は意味がない」という意見を耳にすることがありますが、特定の状況や個人の経験に基づくものであることが多く、一概にすべてのケースに当てはまるわけではありません。

屋根は家全体を守る重要な役割を担っており、そのメンテナンスは家の耐久性や居住性に直接影響します。

ここでは、屋根塗装がなぜ「意味がない」と見なされるのか、その理由と具体的な状況を解説していきます。

・屋根塗装とは

屋根塗装は、屋根に特殊な塗料を塗布することによって、屋根材を保護し、建物全体の耐久性を高めるメンテナンス工法の一つです。

主に屋根の表面に対する防水性や耐候性を向上させる目的で行われます。

塗料の種類には、反射性能を高めるものや、防藻・防カビ性能を持つものなど、使用する環境や目的に応じた多種多様なものがあります。

屋根塗装の工程は、まず屋根を清掃して汚れや藻、カビなどを取り除くことから始まります。

必要に応じて下地処理を行い、最終的に塗料を塗装していきます。

この作業には、専門の技術と知識が必要とされ、適切な塗料選びから施工方法に至るまで、細心の注意が払われます。

屋根塗装は、見た目を美しく保つだけではなく、屋根材自体を紫外線や風雨から守り、寿命を延ばす効果もあります。

また、熱反射塗料などを使用することで、夏場の屋根の温度上昇を抑え、室内の温度上昇を緩和することにも繋がり、省エネ効果が期待できます。

このように、屋根塗装は建物の保護という重要な役割を果たしており、単なる外観の美化以上の意義を持っています。

・屋根や建物を保護する必要なメンテナンス

屋根や建物を長期間にわたって保護するためには、適切なメンテナンスが必要不可欠です。特に屋根は、日々の気象条件から家全体を守る最前線に位置しています。

雨、風、日光、温度変化など、屋根が直面する外部環境は厳しく、これらの条件から建物を守るために屋根塗装は重要な役割を果たします。

①防水性の維持

屋根塗装の最も重要な機能の一つは、防水性の維持です。塗装により、雨水が屋根材を透過して建物内部に侵入することを防ぎます。この防水機能が低下すると、雨漏りの原因となり、建物内部の木材の腐食や、内装へのダメージを引き起こす可能性があります。

②紫外線からの保護

紫外線は屋根材を劣化させる主要な要因の一つです。日々の紫外線の照射により、屋根材は徐々に劣化し、その寿命を縮めてしまいます。屋根塗装により、紫外線によるダメージを軽減し、屋根材の寿命を延ばすことができます。

③美観の向上

定期的な屋根塗装は、建物の外観を美しく保つ効果もあります。色あせや汚れが目立つようになった屋根を塗り直すことで、家全体の印象を改善することが可能です。これは、建物の価値を維持する上で重要な要素となります。

④熱効率の改善

特定の種類の屋根塗料は、熱反射性能を有しており、屋根が太陽の熱を吸収するのを防ぎます。これにより、夏場の冷房費用の削減に貢献することができます。熱効率の向上は、エネルギーコストの削減にもつながります。

・屋根塗装をしないリスク

屋根塗装を適切なタイミングで行わないことは、建物にとって多くのリスクをもたらします。

塗装は単に屋根を美しく見せるためだけではなく、屋根材を保護し、長期的な損傷を防ぐために重要なのです。

以下に、屋根塗装を怠ることによる主なリスクを挙げます。

①雨漏り

防水機能が低下すると、屋根からの雨漏りが発生するリスクが高まります。雨水が屋根材を透過し、建物内部に侵入することで、内部構造の腐食やカビの発生、さらには内装材の損傷につながります。

②屋根材の早期劣化

塗装は屋根材を紫外線や雨水から守るバリアとして機能します。この保護層がない場合、屋根材は直接的なダメージを受けやすくなり、その結果、屋根材が早期に劣化します。特に、紫外線による色あせや劣化は、塗装の更新を怠ることで加速します。

③熱効率の低下

屋根の塗装によって反射されるはずの熱が吸収されることで、夏場の室内温度が上昇し、冷房費が増大する可能性があります。逆に、冬場は屋根からの熱損失が増え、暖房費用が増えることも考えられます。

④建物の価値低下

屋根の見た目は建物全体の印象に大きく影響します。塗装が劣化し、屋根が古びた印象になると、建物の外観が損なわれ、不動産としての価値が低下する可能性があります。

⑤補修費用の増加

屋根塗装を適切なタイミングで行わないことで発生する損傷は、結果的に高額な補修費用を要することになります。屋根材の葺き替えや大規模な修繕が必要になるケースもあり、予防的なメンテナンスに比べてコストが大幅に増加します。

・屋根塗装は意味ないと言われる理由

屋根塗装について、「意味がない」との声が上がることがありますが、その背景には具体的な理由が存在します。

ここでは、屋根塗装が不要とされる主な状況を3点挙げ、それぞれについて詳しく解説します。

① 屋根材が粘土瓦の場合

粘土瓦はその自然素材の性質上、耐久性が高く長期間にわたり性能を維持します。

粘土瓦の表面は自然の風化に強く、塗装による保護の必要性が低いとされているため、塗装を施すことは一般的ではありません。

粘土瓦自体が美観と機能性を兼ね備えているため、塗装による価値の追加が少ないのです。

② 劣化が大きく進行している場合

屋根の劣化が大きく進行している場合、屋根塗装だけでは問題を解決できません。

たとえば、屋根材が割れている、腐食が進んでいる、または構造的な問題が発生しているような状況では、塗装よりも根本的な対策が必要です。

このような場合、屋根の葺き替えやカバー工法など、より包括的な修繕手法を選択する必要があります。

劣化が進んでいる屋根に対して単に塗装を施すことは、一時的な見た目の改善にはなるかもしれませんが、根本的な問題解決には至らず、結果的に「意味がない」と見なされる原因となります。

③ 築年数が浅い場合

築年数が浅い家屋では、屋根材自体がまだ新しく、劣化していない状態であることが多いです。このような場合、屋根塗装の必要性は低いと言えます。

屋根材の性能が十分に維持されているうちは、塗装による追加の保護効果は限定的であり、費用対効果の面からも塗装を行う必要がないと考えられるためです。

築年数が浅い屋根に無理に塗装を施すことは、必要のないコストを発生させるだけでなく、時には屋根材の性能に悪影響を及ぼす可能性もあるため、慎重な判断が求められます。

屋根塗装が意味ない状況と必要な修繕方法

屋根塗装は家の保護に欠かせないメンテナンス作業の一つですが、すべての状況で有効とは限りません。特定の条件下では、屋根塗装が「意味ない」とされることがあります。

しかし、それらの状況を正しく理解し、必要な修繕方法を選択することが、家の健全性を長期間維持する上で非常に重要です。

ここでは、屋根塗装が不適切とされる具体的な状況と、そのような場合に適用すべき代替の修繕方法について詳しくお伝えします。

・カバー工法

カバー工法は、屋根塗装だけでは解決できない屋根の問題に対して有効な修繕方法です。

この修繕方法では、既存の屋根の上に新しい屋根材を直接重ねて取り付けます。

屋根の撤去が不要なため、施工期間が短くなり、生活への影響を最小限に抑えることができる大きな利点があります。

また、新しい屋根材を追加することで、屋根全体の耐久性が向上し、長期的な保護が期待できます。

カバー工法は、屋根の大幅な劣化や、屋根の構造的な問題がある場合に特に有効です。

しかし、この方法を適用するにはいくつかの条件があります。

まず、既存の屋根の基本構造が健全であることが必要です。また、屋根の傾斜や水はけに問題がなく、新しい屋根材の重さを既存の構造が支えられることが前提となります。

施工にあたっては、専門の業者による正確な診断が欠かせません。

既存の屋根の状態を詳しく調査し、カバー工法が適切かどうかを判断する必要があります。また、既存の屋根材との相性や、屋根構造への負担を考慮して、新しい屋根材を選ぶことが大切です。

さらに、屋根の通気性を確保することで、結露や劣化のリスクを減らすことができます。

・葺き替え工法

葺き替え工法は、屋根塗装ではまったく対処できないような状況に適した修繕方法です。

屋根塗装が意味をなさない状況とは、屋根材自体の劣化が非常に進行しているか、構造的な問題がある場合を指します。

このような場合、単に表面を塗り直すだけでは根本的な問題の解決には至らず、より抜本的な対策が求められます。

葺き替え工法は、既存の屋根材を完全に撤去し、新しい屋根材で屋根全体を覆い直す工法です。

この方法は、屋根の大規模な修繕や改修に適しており、屋根の寿命を根本から延ばすことができます。

特に、屋根材の破損が激しい、あるいは屋根の構造自体に問題がある場合に最適な解決策となります。

葺き替え工法の大きな利点は、屋根全体の性能を根本から向上させることができる点にあります。

新しい屋根材を用いることで、耐久性、防水性、そして断熱性の面で大幅な改善を実現します。

また、屋根の見た目を一新することもできるため、建物の外観を美しく保つことも可能です。

さらに、最新の屋根材を選択することにより、より長い保証期間を得られるケースもあります。

ただし、葺き替え工法は、既存の屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材を設置する必要があるため、工期やコストがかかります。

このため、施工に際しては、屋根の現状を正確に把握し、専門の業者と相談の上、計画的に進めることが重要です。

また、新しい屋根材を選ぶ際には、耐久性やメンテナンスの容易さ、そして建物のデザインに合うかどうかも検討する必要があります。

屋根塗装が必要になるタイミング

屋根塗装は、家を守るための重要なメンテナンス作業の一つです。しかし、多くの家庭ではいつ屋根塗装を行うべきか、そのタイミングを見極めるのが難しいと感じています。

適切な時期に屋根塗装を行うことは、屋根の耐久性を高め、家全体の寿命を延ばすうえで非常に重要です。

ここでは、屋根塗装が特に必要となる具体的な状況やサインについて解説します。

・新築もしくは屋根塗装・修繕から10年が経過している

新築や前回の屋根塗装・修繕から10年が経過している場合、屋根塗装を検討するタイミングと言えます。

この期間は、一般的に屋根材料が経年劣化を始め、塗装の保護機能が低下してくる時期と重なります。

10年という期間は、多くの塗料メーカーが推奨する再塗装の目安期間となっています。

この時期に屋根の状態をチェックし、色褪せ、ひび割れ、剥がれなどの劣化のサインが見られた場合は、屋根塗装を行うことで、これらの問題を未然に防ぐことができます。

また、屋根塗装をすることで、屋根の断熱性能を向上させたり、屋根からの熱の反射を促進させることで、夏場の冷房効率を高めるといったメリットも期待できます。

定期的な屋根のメンテナンスとして屋根塗装を行うことは、長期的に見れば建物の耐久性を高め、大規模な修繕が必要になる前に小さな問題を解決できるため、結果的にコストを節約することにもつながります。

したがって、新築から10年が経過したら、専門家による屋根の点検を受け、必要に応じて屋根塗装を行うことをお勧めします。

これにより、屋根を最適な状態に保ち、家全体の快適性と安全性を長期にわたって確保することが可能になります。

・屋根に劣化症状が見られる

屋根に劣化症状が見られる場合は、屋根塗装や修繕を検討する重要なサインです。

屋根は家を守る最前線にあり、日々、様々な気象条件にさらされています。そのため、時間が経過するにつれて、自然と劣化していきます。

劣化の進行は、屋根の機能性や耐久性に影響を及ぼし、最終的には家全体の安全性や快適性にも悪影響を与える可能性があります。

まず、屋根材の色褪せや塗装の剥がれが目立つようになった場合、これは明確な劣化のサインです。

塗装の劣化は、屋根材を直接外部環境の影響から守る能力が低下していることを意味します。

紫外線や雨水によるダメージが直接屋根材に作用し、さらなる劣化を加速させる恐れがあります。

次に、屋根材が割れたり、欠けたりしている場合も、重要な警告信号です。

これは屋根の防水機能が損なわれている可能性があり、放置すると雨漏りの原因になります。

雨漏りは、屋根だけでなく、家の内部構造にも深刻なダメージを与えるため、早期の対応が必要です。

また、屋根の表面に苔や藻が生えているのを見かけることがあります。

これは、屋根の表面が湿気を保持しやすくなっていることを示しています。湿気は屋根材の劣化を促進させるだけでなく、屋根の通気性を損ない、結露を引き起こす原因ともなります。

屋根の傾斜部分にへこみや変形が見られる場合、これは構造的な問題の兆候である可能性があります。

屋根の支持体に問題が生じている場合、全体の安全性に影響を及ぼす恐れがあるため、専門家による詳細な診断が必要です。

これらの劣化症状が見られた場合、ただちに専門の業者に相談し、適切な屋根塗装や修繕を行うことが推奨されます。

早期の対応により、より大きな損傷や高額な修繕費用を回避し、屋根の寿命を延ばすことができます。

・外壁塗装が必要になるタイミング

外壁塗装が必要になるタイミングは、屋根塗装と同様に重要です。

外壁もまた、家を保護するための重要な役割を果たしています。外壁塗装を適切なタイミングで行うことで、家全体の耐久性を高めることができます。

また、外壁と屋根の塗装を同時期に計画することには、手間や費用を軽減できるという大きなメリットがあります。

外壁と屋根の塗装を同時に行う利点として、まず施工の手間が一度で済むことが挙げられます。

別々に工事を行う場合、それぞれの準備や後片付けなどの工程が必要になりますが、同時に施工することでこれらの手間を大幅に削減できます。

また、施工業者が同じであれば、作業の連携がスムーズに行われ、工期の短縮が期待できます。

費用面においても、外壁と屋根の塗装を同時に行うことには大きなメリットがあります。

同時施工を行うことで、足場設置を一度に済ますことができるので、足場代のコストダウンにつながります。

ただ、外壁と屋根の塗装を同時に行う場合は、それぞれの状態を正確に把握し、適切なタイミングで施工を行うことが重要です。

外壁や屋根の劣化状況を事前に専門家によって診断してもらい、必要な修繕や塗装工事の計画を立てることが大切です。

まとめ~横浜市の屋根塗装・外壁塗装なら

本記事では、屋根塗装が「意味ない」と考えられる状況とその理由、カバー工法や葺き替え工法といった屋根修繕の選択肢、そして屋根塗装が特に必要となるタイミングに焦点を当てて解説しました。

また、外壁塗装との関連性に触れ、両者を同時に行うことの効率性と経済性についても考察しました。

屋根塗装は、家全体を守る上で非常に重要な役割を果たします。しかし、すべての屋根が同じメンテナンスを必要とするわけではありません。

 

屋根の材質、劣化の程度、そして建物の築年数など、複数の要因を考慮して、最適なタイミングと方法を選択することが重要です。

屋根に見られる劣化症状や、新築・修繕から一定期間が経過した場合は、屋根塗装や修繕を検討するべきサインです。

さらに、外壁塗装が必要になるタイミングと合わせて、屋根塗装を行うことで、手間や費用を大幅に削減することが可能になります。

定期的なメンテナンスは、長期的に見て家全体の保護と価値の維持につながります。

適切な時期に専門家に相談し、屋根の状態を正確に把握することが、快適で安全な住環境を守る鍵となります。

横浜市の外壁塗装・屋根塗装なら、地元に密着し、実績豊富な塗装業者に相談しながら進めていくことをおすすめします。

「こんな相談しても嫌がられないかな?」

「まだやるか決めていないんだけれど…」

など、ご心配不要です。

「HPを見たのですが…」と、0120-711-056(年中無休7時〜19時)まで、お気軽にお電話下さい。

川崎市・横浜市(青葉区)を中心に神奈川県全域が施工エリアになります。お家の外壁塗装、屋根塗装は職人直営専門店の「池田塗装」にお任せください。

【本 店】TEL:0120-711-056
【青葉店】TEL:0120-824-852

本店:〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-2
アクセスはコチラ

青葉店:〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
アクセスはコチラ

【公式】YouTubeはコチラ
【公式】Instagramはコチラ

この記事の著者について

株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
2021年3月31日、はじめて執筆の書籍「リフォームで一番大切な外壁塗装で失敗しない方法」をクロスメディア・パブリッシングより出版。(各図書館に置かれています)

「初心忘るべからず」という言葉を胸に、毎日お客さまの信頼を得られるよう頑張っています。 世の中には不誠実な業者も多く、リフォームで後悔する人が後を絶ちません。
一人でもそういう方がいなくなり、私たちが地元の皆さまに貢献できればと思っています。川崎市・横浜市にお住まいで、外壁塗装についてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。(会社概要・本店について青葉店はこちら)

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ279件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 279 reviews

  • Avatar

    Y NOZAWA
    ★★★★★
    3 か月前

    屋根塗装と外壁塗装をお願いしました。
    とても満足です。
    こちらの会社の決め手としては、地域に根付いていて元々知っていましたが、他の会社とは違って無理な勧誘もなく、見積もりの時点で他の会社とは違う誠意ある対応でしたのでお願いしました。
    営業の方も工事の方も皆とても丁寧で気持ちの良い対応をしていただき、仕事もとても丁寧で説明やアドバイスも分かりやすかったです。
    … (続き)
    仕上がりも、すごく綺麗で周りから新築みたいだと言ってもらう程です。
    今後も何かあれば相談してフォローしていってもらいたいと思う会社でお勧めです。
  • Avatar

    A N
    ★★★★★
    5 か月前

    築後43年、屋根、外壁塗装工事でお世話になりました。 営業の方より見積書の御説明を伺う中で、わかりやすい内容と同時にきれいにしていただける自信と信頼を感じました。
    施工期間中、工事担当者さん、営業の方が何度も確認に来られ、その度に状況説明もありました。 各職人の方々からも工程をお知らせ下さり、安心出来ました。
    おかげ様にて、我が家は生まれ変わりました。
    … (続き)
    家にも魂があり、きっと喜んでいると思います。
    以前は帰宅する際、すぐに室内に入っておりました。今は我が家の姿をじっくりと眺め、きれいになった玄関扉を眺めてから、入る様になりました。
    この度は誠にありがとうございました。
  • Avatar

    浜田太
    ★★★★★
    5 か月前

    今回2回目の外壁、屋根塗装を施工するにあたり、川崎市内の様々なリフォーム及び塗装関係の業者さんをネットで探していたところ、池田塗装さんに出会いました。営業の方からドローンで屋根の写真や外壁について丁寧に細かくわかりやすく説明をして頂き、池田塗装さんを選んでみようと思いました。工事が始まり職人(スドウ)さんの技術は、もちろんのこと仕事も丁寧で毎日その日の作業内 … (続き)容の説明があり、帰りには、写真で説明をしてくださる日もありました。足場を外して外観を見た時は、大変感動いたしました。屋根、外壁、雨戸、戸袋、雨樋、エアコン冷媒管のテープ貼りまで新築同様な仕上がりに夫婦揃って大満足いたしました。本当にありがとうございました♪

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 青葉店

クチコミ54件

株式会社池田塗装 青葉店

横浜市青葉区荏田西1丁目1−10

4.9 54 reviews

  • Avatar

    川口隆
    ★★★★★
    3 months ago

    我が家の外壁塗装は今回で2回目です。1回目は13年前でしたが、塗装後
    2年後くらいから汚れが目立ち始めましたので今回は慎重に塗装会社の選定を進めました。昨年の6月から見積もりを取り始め、最終的に7社になりました。その中で池田塗装さんと今年1月に契約、5月に施工完成に至りました。池田塗装さんにお願いした理由は4つあります。
    … (続き)
    第1に図面を含め内容明細書がわかりやすかった事
    第2に自社雇用の職人さんから施工いただける事
    第3に価格が安い事
    第4に工事後の保証がしっかりしてる事
    工事については3人のチームワークが素晴らしくこちらからの不安、質問に納得のいく丁寧な説明をしていただき、塗装の変更等にも迅速に対応していただきました。ありがとうございました。技術面はもとより3人の方の人柄にも触れさせていただき大変満足しています。次回塗装の機会がありましたら田中さん、高野さん、新入社員の方(名前がわからずすみません)にお願いしたいと思います。
  • Avatar

    Takahiko Sakata
    ★★★★★
    4 months ago

    初めて外壁塗装をしましたが、こちらの口コミをみて高評価だったので今回まずご相談させて頂きました。見積もりの時点から感じもよくわかりやすい見積もりで、実際職人さんが丁寧にやっていただき大変満足しています。次回、外壁塗装や屋根修繕がありましたらまた利用させていただきたいと思いました。
  • Avatar

    Min Nishi
    ★★★★★
    a month ago

    屋根にガタがきて、事前確認の際にはその場で仮止めしてくれて、後日しっかり対応していただきました。ついでに外壁のシーリングもお願い。写真も残してくれ説明もメールで丁寧に。近所なのでなお安心。何かあればリピートすると思います。

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

弊社では無料やり直し保証、施工後の最短5年最長16年などの補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)



▲TOPに戻る
YOUTUBE動画
カラーシミュレーション
お見積り・お問い合わせお問い合せ