外壁塗装を検討中の方へ!臭いの対策を紹介します!

外壁塗装を検討中の方へ!臭いの対策を紹介します!

 投稿:

外壁塗装をお考えの方で「外壁塗装の際に塗料の臭いが気になってしまう」や「外壁塗装の臭いは健康への害はないのかな」と、お考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は外壁塗装の臭いの身体への影響と対策についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□外壁塗装の臭いが身体に与える影響について解説!

外壁塗装の際、油性塗料を使用すると、有機溶剤としてシンナーの臭いがあります。
稀にシンナーの刺激臭が原因で吐き気やめまい、頭痛などの症状が出ることがあるでしょう。

しかし、これらは一時的な症状で、1日中塗料の臭いを嗅ぎ続けるようなことがなければ、健康に害が出るほどの量を吸い込むことはありません。
ただ、化学物質アレルギーなどを持っている方は、特に注意が必要なので、体調不良などの症状が出た際には、早めに対策をとる必要があります。
また、小さいお子さんや妊娠されている方、ペットは臭いに敏感になりやすいため、いつも以上に体調に注意し、対策をとることが大切です。

□外壁塗装の臭いの対策についてご紹介!

外壁塗装の臭いは人体に害はほとんどないですが、気になってしまうこともありますよね。
そこでその対策を3つご紹介します。

1つ目は、マスクを購入することです。
特に、実際に塗装現場を間近で確認したい場合、ホームセンター等で売っている防毒マスクを購入することも1つです。
また、防毒マスクは大きすぎるという場合には活性炭が入っている不織布マスクも有効です。

2つ目は、換気をすることです。
外壁塗装中は臭いが入ってこないよう、窓を閉め切っているという方も多いでしょう。
しかし、隙間などから入ってきた臭いが部屋の中で充満してしまうことがあります。

また、窓の外側は足場やネットで覆われてしまうため、風通しが悪くなり臭いが充満してしまうことがあります。
そのような場合には、窓を開け、外に向けて扇風機を回し、臭いの流れを外に向けることも効果的です。

3つ目は、塗装中は他の場所に住むことです。
特に妊娠されている方や、小さなお子さんがいる家庭では臭いやシンナーの影響を受けないためにも他のところに住むことが最も効果があります。

ここでは対策をご紹介しましたが、当社では環境に優しい水性系の塗料を主に使用しています。
また、溶剤塗料でも10年前と比べるとかなり軽減されています。
そのため健康や臭いへの心配はほとんどありませんので、ご安心ください。

□まとめ

今回は外壁塗装の際の臭いの身体への影響と対策についてご紹介しました。
臭いについては個人差があるため、注意深く体調などの様子を確認することが重要です。
外壁塗装についてお悩みの際は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です