外壁塗装をお考えの方へ!洗濯物の処理を紹介します!

外壁塗装をお考えの方へ!洗濯物の処理を紹介します!

 投稿:

外壁塗装をお考えの方で、「外壁塗装の工事をしている際の洗濯物の処理ってどうすれば良いのだろう」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は工事中の洗濯物の処理方法をご紹介します。
どれくらいの期間対処が必要なのかも併せてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

□洗濯物の対処が必要な期間はどのくらい?

外壁塗装期間中の洗濯物の対処方法は工事を行う際に気になることですよね。
そこで、ここではどれくらいの期間対処する必要があるのかご紹介します。

まず、工事中の約14日間は対処が必要でしょう。
これは塗装工事は天候などの様々な要因によって、一般的には7〜14日間かかるためです。
塗装期間中は必ず対処が必要と考えることから14日と言われているのでしょう。

また、特に配慮すべき日はいつなのでしょうか。
結論から言うと、配慮すべき日としては、高圧洗浄をする日です。
なぜ高圧洗浄日が配慮すべき日なのかというと、工事の際にメッシュシートという家を囲むシートが張られます。
しかし、洗浄して汚れた水が風に乗って飛散しやすいため、シートから抜けて飛んでしまう可能性があるのです。

□洗濯物を干す際の影響についてご紹介!

上記ではどのくらいの期間、洗濯物に気をつけなければならないのかをご紹介しました。
ここでは洗濯物が塗装期間中に干されているとどのような影響があるか3つご紹介します。

1つ目は、洗濯物が汚れてしまうということです。
屋外に洗濯物を干しっぱなしにしていると塗料がついてしまったり、泥水がついてしまったりして汚れてしまうかもしれません。

2つ目は、洗濯物が干してあることで職人が気を使ってしまうことです。
洗濯物が干してあることで、職人が汚さないように細心の注意を払う必要がありますよね。
そうすると作業に集中できなくなってしまう可能性もあるでしょう。

3つ目は、近隣の方とのトラブルの原因となってしまうことです。
ご自身だけでなく近隣の方の洗濯物が干したままになっていると、汚してしまった際にトラブルの原因になる可能性があります。
そのため、塗装工事を行う際には事前に挨拶を兼ねて伝えに行くことをおすすめします。

□まとめ

今回は、外壁塗装の際に洗濯物をどのように扱うべきなのかとどのくらいの期間、洗濯物を干さない方が良いのかについてご紹介しました。
期間としては、塗装工事の一般的な期間である14日間は避けておくと良いでしょう。
外壁塗装を検討する際に、この記事を参考にしていただけると幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です