屋根塗装を検討中の方必見!屋根用塗料の種類を紹介します!

屋根塗装を検討中の方必見!屋根用塗料の種類を紹介します!

 投稿:

屋根塗装を検討中の方で、「屋根用の塗料ってどのくらいの種類があるのかな」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
屋根塗装を初めて行う方は特にわからないことがたくさんあるでしょう。
そこで今回は、屋根塗料の種類と塗料を選ぶ際のポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□屋根塗料の種類をご紹介!

皆さんは屋根用塗料の種類はどのくらいあると思いますか。
実は、4種類もの塗料があるのです。
ここではその4種類について特徴とともにご紹介します。

1つ目は、ウレタンです。
これは耐用年数が8〜10年と、短めです。
メリットとしては、コストがあまりかからずに密着性が高いということです。
その一方で、耐候性が低いのが弱点でしょう。

2つ目は、シリコンです。
これは10〜15年の耐用年数です。
メリットとしては、コストと機能のバランスが良いことと、汚れや色あせに強いことです。

反対に、デメリットとしては密着性が低いことが挙げられます。
また、一口にシリコンと言ってもその中にグレードの幅があります。

3つ目は、フッ素です。
この耐用年数は15〜20年です。
長所としては、耐候性が高いこと、汚れや色あせなどに強いこと、そして光沢感が美しいことです。
逆に短所としては、高価格で使用していない業者もあるということでしょう。

最後の種類としては無機です。
これは20〜25年の耐用年数で、長所は耐候性が高いこと、汚れや色あせなどに強いこと、そして不燃性に優れていることが挙げられます。
反対に短所としては、コストがかかることと扱っていない業者があることです。

□屋根用塗料を選ぶ際のポイントとは?

上記では屋根用塗料の種類についてご紹介しました。
ここでは選ぶ際のポイントをご紹介します。

ポイントとしては、塗料販売店の塗料とホームセンターの塗料の違いについてが挙げられます。
身近なホームセンターは今までも行ったことがあるでしょう。
では、これらの2つにどのような違いがあるのでしょうか。

ホームセンターなどで販売されている普段使いの家庭用塗料は、初心者でも簡単に使いこなせるように性能が低くなっています。
その一方で、専門家が使用している塗料は扱いが難しい反面、耐久性が高いのです。
したがって、ご自身で塗装しようとするよりも専門家である業者に頼むことをおすすめします。

□まとめ

今回は、外壁塗装の種類と選ぶ際のポイントをご紹介しました。
主に4種類の屋根用塗料があり、それぞれに良い点も悪い点もあることがわかったでしょう。
屋根塗装を検討する際に、この記事を参考にしていただけると幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です