川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

外壁の耐用年数と外壁材を長持ちさせるポイントについて徹底解説

外壁は住宅の耐久性を維持するためにとても重要な建材であるため、種類にもよりますが、耐用年数は数十年に及ぶものが活用されています。

ただ、だからといって、耐用年数の間そのまま放置していても問題ないというものではありません。

あくまで適切なメンテナンスに取り組んではじめて、外壁の耐用年数は維持できることを、しっかりと理解しておかねばなりません。

外壁の耐用年数を維持するためには、外壁に塗装している塗料の耐用年数、そして外壁材そのものの耐用年数を理解して、適切なメンテナンス方法に取り組むことが重要です。

そこでここでは、外壁の耐用年数に着目して、外壁塗装と外壁材の耐用年数やメンテナンス方法、耐用年数を維持するコツなどについて、プロの塗装業者が徹底解説していきましょう。

外壁塗装で活用する塗料の耐用年数

ほとんどの住宅の外壁には塗装が施されており、塗料の塗膜に劣化が生じると塗り替えが必要になります。

その塗り替えの年数のことを、外壁塗装で活用する塗料の耐用年数とされています。

ただ、外壁塗装で活用する塗料にはさまざまな種類があり、それぞれの塗料で耐用年数は異なります。

また、塗料も近年の研究開発によって、同じ塗料の種類であっても、より耐用年数の長いものも提供されるようになりました。

そこでここでは、外壁塗装の活用されている塗料の耐用年数について着目し、どのように耐用年数を見極めるのか、うまく耐用年数を維持するコツも踏まえご紹介していきます。

・外壁塗装の耐用年数の目安

塗料の種類 耐用年数
ウレタン塗料 5~8年
シリコン塗料 5~10年
フッ素塗料 8~15年
無機塗料 15~25年

上記は、外壁塗装でよく活用されている塗料の耐用年数の目安をまとめたものです。

一般的に外壁塗装で多く利用される塗料の種類はシリコン塗料で、5年が経過する頃には劣化症状が見られるようになり、10年が経過する頃には塗り替えが必要になるといわれます。

外壁塗装は10年が目安と言われるのは、このようなことが理由となっています。

ただ、これはあくまで一般的な目安であって、先ほども申しました通り、近年開発された塗料の中には、この目安をはるかに上回る耐久性を持つものも登場しています。

特にシリコン塗料は、数多くの外壁塗装で活用されていることもあり、さまざまな種類が提供されており、研究開発も盛んに行われています。

そのため、近年では期待耐用年数が15年以上と、メーカーから公表されているシリコン塗料も登場しています。

また、外壁に活用される塗料の中で、もっともグレードの高い塗料は無機塗料であり、耐用年数は15年から25年程度であるとされています。

無機塗料においても、近年開発された製品の中には、期待耐用年数が30年以上と公表されているものもあります。

そのようなことから、一概に耐用年数の目安と言っても、塗料によってまったく異なることになります。

・塗料は耐用年数どおりに耐久できる?

外壁塗装の耐用年数は、上記でご説明した通り、塗料のグレードや種類によって大きく異なりますので、塗り替えのタイミングについては、どの塗料を活用しているのか把握しておくことが必要になります。

ただ、優れた耐久性を持つ塗料を活用したとしても、あくまで期待耐用年数であるために、その年数通りに機能を発揮するかと言うと、そうとは言い切れません。

というのも、近年開発された塗料の中には、実際の外壁に塗装されて間もないことから、実際にその通りの耐久性があるのか、実証されていないからです。

もちろん、メーカーによってさまざまな検証が行われたのちに販売開始となった塗料ですから、一定以上の耐久性があるのは間違いないでしょう。

ただ、耐用年数近くになってきたら、外壁の状態を気にするようにして、外壁のメンテナンスに取り組むことが大切になります。

・塗料の劣化を見極める方法

外壁に塗装している塗料は、環境も異なることから、耐用年数はあくまで目安であり、塗膜の劣化に応じてメンテナンスに取り組むことが重要です。

例えば、太陽光の影響を常に受ける外壁と、そうでない外壁では、当然ながら劣化の進行度合いも異なるのです。

塗料の劣化を見極めるには、外壁の塗膜に次のようなサインがないか意識して観察することです。

  • 色褪せ
  • チョーキング現象
  • ひび割れ
  • 剥がれ・浮き

塗膜の劣化として、初期段階に現れるのは『色褪せ』で、塗装時よりも色合いが薄くなっているように感じる現象のことを言います。

これは、太陽光の紫外線の影響によるもので、塗料の機能が失われてきた状態ですから、そろそろ塗り替えが必要な時期が来たと認識できます。

チョーキング現象と呼ばれる、外壁に手を触れると白い粉が付く症状も見られるようになります。

塗料の含まれている成分が劣化によって分離し、白色の成分だけが浮かび上がってしまうのが、この症状の特徴なのです。

いずれも初期症状ですから、これらを見つけたら、塗装業者に相談するようにすれば良いでしょう。

ひび割れや浮き、剥がれといった症状が見られるようになると、完全に塗料の機能が失われ、その箇所から外壁材にも影響を与え、雨水が侵入してしまう可能性が高まってきます。

そのため、このような症状が現れると、速やかに塗り替えに取り組まねばなりません。

・外壁の耐用年数を維持するコツ

外壁材は硬くて頑丈であるために、数十年の耐用年数を持つとされていますが、あくまで塗料で保護されているために耐久性が維持できるものです。

そのため、長く安心して住宅に住み続けるためには、塗料の耐用年数が訪れる前に塗り替えを行い、外壁材の耐用年数を維持する必要があるのです。

外壁材のメンテナンスの基本は外壁塗装で、塗り替えをしておかないと、外壁材にも損傷を与えてしまい、気づかないうちに雨漏りやシロアリの発生などによって、建物の耐久性にまで悪影響を与えてしまいかねません。

そのため、上記でご紹介した劣化症状について常日頃から意識しておき、気になる症状を見つけた場合には塗装業者に相談してチェックしてもらうようにしましょう。

外壁材の耐用年数と長持ちさせるポイントについて

外壁材は、家を支えるとても頑丈な建材であるため、建材の種類にもよりますが耐用年数は30年から60年、中には100年と言われるようなものもあります。

ただ、その耐用年数は、上記でもお伝えした通り、適切な塗装によるメンテナンスを行った場合を指しているため、耐久性が高いからと言って放置してはなりません。

ここでは、いくつかの外壁材をご紹介し、外壁塗装をしない場合にどうなるかについても詳しくご紹介していきましょう。

・窯業系サイディングボード

窯業系サイディングボードとは、比較的安価でありながらもタイル調やレンガ調などといったデザイン性に優れており、日本の住宅ではもっともシェア率の高い外壁材となっています。

セメントに木材などの繊維質を混ぜて板状にし、窯で高熱処理をして硬化させており、耐震性や耐火性、耐熱性などに優れていることでも知られています。

耐用年数は40年と言われていますが、素材自体には防水機能がないため、定期的に塗装しておかないと、ひび割れや剥がれなどの劣化を生じさせてしまいます。

・金属系サイディングボード

金属系サイディングボードとは、ガルバリウム鋼板などといった金属板に、断熱効果のある素材を裏打ちして生成した外壁材です。

金属であるため軽量で、窯業系サイディングボードのように水を吸い込むことがないためメンテナンス時期は遅く、断熱性能に優れているため高い人気を誇っています。

耐用年数は40年ほどといわれますが、外壁材の表面に傷が付いてしまうようなことがあると、その箇所から錆びが発生し、穴が開いてしまうリスクがあるため、10年から15年程度で塗装が必要になります。

・モルタル壁

モルタル壁とは、かつてはもっとも採用されていた外壁材で、セメントと砂に水を混ぜ合わせて生成し、職人の手作業で施工するために意匠性に優れていると言われています。

窯業系サイディングボードのように目地がないため、シーリングを打ち替えする必要はありません。

耐用年数は30年程度といわれますが、素材がセメントであることから防水性は低く、10年程度の頻度で塗装によるメンテナンスが必要になります。

・ALCボード

ALCボードとは、セメントや生石灰、アルミニウム粉末を主原料として生成している外壁材で、パネル状になっている建材を外壁に設置して活用します。

不燃材料であるため耐火性がとても高く、しかもALCボードの内部は補強材で処理されているために、耐久性や耐震性にも優れていることが知られています。

そのため、適切な塗装によるメンテナンスを行っていれば、耐用年数は60年程度であるとも言われており、外壁材の中でも耐久性に優れていることが分かります。

ただ、塗装による保護は欠かせないものとなっており、塗膜の劣化が生じると外壁材に雨水を吸い込んでしまい膨張し、晴れた日に乾燥して収縮することを繰り返し、ひび割れが生じやすくなってしまうのです。

・コンクリート壁

コンクリート壁は、セメントに水や砂、砂利を調合して作られている建材であり、コンクリートを型枠に流し込んで形成し、外壁に設置して活用しています。

それほど多くの戸建て住宅で採用されていませんが、独特な外観イメージに仕上げることができ、耐久性の高さからも、こだわりをお持ちのご家庭で見られます。

ただ、コンクリート壁の耐久性は30年以上といわれますが、防水性が低いために、表面を塗装しておかないと雨水が内部に侵入してしまうことになります。

雨水が侵入すると、内部の鉄骨が錆びて膨張してしまい、コンクリートを押し出して外壁を内側から損傷させてしまう『爆裂クラック』と呼ばれる劣化が見られるようになってしまいます。

外壁の耐用年数を維持するために

冒頭からお伝えしている通り、どれだけ頑丈な外壁材であるとしても、塗装によるメンテナンスは不可欠で、適切な時期に塗り替えしておかねばなりません。

ただ、外壁がどのような状態なのか、なかなか一般の方には判断できません。

そこでここでは、外壁の耐用年数を維持するために重要な視点をご紹介していきましょう。

・優良な塗装業者に相談する

健康を維持するために『かかりつけ医』を持っておくように、建物の健康を守るためにも、優良な塗装業者に相談できる体制を持っておくことをおすすめします。

特に、新築から10年程度が経過している、あるいは前回の外壁塗装から7~10年程度が経過しているという状態であれば、塗装業者を見つけておきましょう。

まず、どのような状態なのかチェックしてもらい、問題ないのか、部分的な補修で済むのか、全面的な塗り替えが必要なのか、アドバイスを受けるようにします。

ただ、塗装業者の中には手抜きをするような悪質な業者もあることから、地元で営業活動している経験豊富な塗装業者をいくつか選び、相見積もりを取るようにしましょう。

・相見積もりを取って見積書の内容をチェックすること

いくつかの塗装業者から相見積もりを取ると、どうしても価格だけに着目してしまいがちですが、見積書の内容をしっかりとチェックすることをおすすめします。

ポイントとしては、外壁塗装の工程内容が細かく記されており、工事内容、単価、総額などはきちんと記載されているかどうかが大切です。

中には、『作業一式』などとまとめられて、総額だけ記載されているようなケースがみられますが、そのような場合、相場よりも高くなっている可能性があります。

また逆に、相場よりも安い場合には、必要な工程が省かれていることがありますので、十分に塗料の機能を引き出せない品質の工事かもしれませんので注意が必要です。

まとめ

この記事では、外壁の耐用年数に着目して、外壁塗装と外壁材の耐用年数やメンテナンス方法、耐用年数を維持するコツなどについてご紹介しました。

外壁はとても頑丈に作られており、耐用年数は数十年、中には100年と言われるような建材も存在します。

ただ、これらの耐用年数はあくまで『適切なメンテナンス』を行っているのが条件で、そのメンテナンス方法が外壁塗装なのです。

そのため、塗装に活用する塗料の耐用年数や劣化症状に合わせて、外壁の状態をチェックし、塗り替えを検討していかねばなりません。

また、何よりも塗装において実績豊富な地元の塗装業者を見つけ、アドバイスを受けながら進めていくと良いでしょう。

「こんな相談しても嫌がられないかな?」

「まだやるか決めていないんだけれど…」

など、ご心配不要です。

「HPを見たのですが…」と、0120-711-056(年中無休7時〜19時)まで、お気軽にお電話下さい。

また、「相談したいけど対面は少し心配…。」といった方に向けて、LINEやzoomを使った外壁塗装の相談もお受けしております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

川崎市・横浜市(青葉区)を中心に神奈川県全域が施工エリアになります。お家の外壁塗装、屋根塗装は職人直営専門店の「池田塗装」にお任せください。

【本 店】TEL:0120-711-056
【青葉店】TEL:0120-824-852

本店:〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-2
アクセスはコチラ

青葉店:〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-1-10
アクセスはコチラ

【公式】YouTubeはコチラ
【公式】Instagramはコチラ
【公式】Facebookはコチラ

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ171件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 171 reviews

  • Avatar

    ken kenji
    ★★★★★
    6 か月前

    外壁塗装と屋根カバー工法の工事を依頼しました。担当者も工事の職人さんも丁寧な説明と工事で安心して任せる事が出来ました。
    塗装もイメージ通りに仕上がり、凄く綺麗で明るく、とても嬉しい気持ちになりました!!暑い時期の工事で大変だったと思いますが、一生懸命作業して下さりありがとうございました。
  • Avatar

    関口智昭
    ★★★★★
    2 か月前

    築年数が15年を経過し、塗装業者を色々と探していたところ、地元に密着し、自社の職人さんが施工していただける池田塗装さんに出会い、屋根と外壁の塗装をお願いする事になりました。
    親方の一生懸命な説明を受け、こちらの細かな質問に対して丁寧に対応していただき、
    とても安心して塗装を迎える事が出来ました。
    また、職人さんも丁寧で細やかな仕事振りで、塗装の仕上がりも大変
    … (続き)満足しております。
    次の塗装の際も、是非お願いしたいと思っております。
  • Avatar

    hsakura s
    ★★★★★
    5 か月前

    ネットでいろいろと調べてYouTubeでも情報を提供されていたので信頼できる業者様と思いました。お見積り時も社長様から丁寧に説明頂き安心してお願いすることが出来ました。担当頂いた職人様から細部の確認もして頂きしっかりとした作業内容には感心いたしました。また、7月から8月にかけての猛暑の中で予定通りの期間で仕上げていただき本当にありがとうございました。 … (続き)
    完成の報告時に保証書も頂き結果としては大満足です。

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-1-10
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

施工にご満足いただけなかった際の返金保証、施工後の最短5年最長16年の補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)