外壁の水切りとは?塗装の必要性や役割、費用相場について徹底解説 - 川崎の外壁塗装・屋根塗装などなら「池田塗装」
川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

外壁の水切りとは?塗装の必要性や役割、費用相場について徹底解説

自宅の外壁において『水切り』と呼ばれる個所についてご存知でしょうか。

外壁塗装の見積書を見ると、塗装個所の中に『水切り』と記載されているのを見て、どの個所のことなのか疑問に持った方も多いのではないかと思います。

水切りとは、外壁や基礎に雨が当たるのを防止する仕切り板のことで、劣化や雨漏りを防ぐためにとても重要な役割を持っています。

そのため水切りそのものに劣化や破損が見られる場合には、塗装や補修、交換など適切なメンテナンスが必要となるのです。

そこでここでは、外壁塗装の塗装個所である水切りについて、特徴や役割、塗装の必要性、メンテナンスの方法などを踏まえて、プロの塗装業者が徹底解説していきましょう。

水切りとは?その役割やメンテナンスの重要性

戸建住宅において水切りとは、外壁や基礎に雨が当たらないように、まさに水を切る役割を持っている仕切り板のことを指しています。

皆さんの中には、この水切りがどの箇所にあるのかご存知の方はおられますでしょうか。

外壁の水切りは、風雨や衝撃などによって劣化や損傷を引き起こすことがあり、そのままの状態を放置していると、外壁や基礎部分に雨が当たるようになり、劣化させてしまうことになります。

そのようなことから、水切りにはとても重要な役割があり、劣化や損傷が見られる場合には、きちんとメンテナンスしておくことが大切なのです。

そこでここでは、水切りの特徴や役割、補修が必要な状態などについて詳しくご紹介いたしましょう。

・水切りとは

外壁の水切りは、外壁と基礎の間に取り付けられている仕切り板のことを指しており、建物によっては窓やサッシの下、板状の装飾材である帯板に取り付けられているケースもあります。

いずれにおいても、雨が直接当たるのを防ぎ、雨水が建物内部に浸入しないようにして、建物そのものの構造を守るためのものであると言えます。

例えば、外壁と基礎の間に取り付けられている水切りは、基礎部分に直接雨水が当たるのを防ぎ、雨水が吸収しないようにしています。

外壁に当たった雨はそのまま下に流れていき、水切りに当たって、そのまま基礎部分に当たることなく地面に流れ落ちていきます。

基礎部分に雨水が直接どんどん当たってしまうと、基礎部分に雨水が染み込んでしまうようになり、劣化や損傷を生じさせてしまうのです。

また、外壁材と基礎の間には、どうしても隙間が生じてしまいますが、その隙間から雨水が入り込んでしまわないように防いでいるのも水切りの役割となっています。

このように水切りはとても重要な役割を担っている建材であるために、水切りそのものが破損や損傷してしまわないようにメンテナンスしておくことが重要なのです。

・水切りのメンテナンスは超重要

水切りそのものが劣化や損傷をしてしまうと、基礎部分に直接雨水が当たるようになってしまい、そのまま放置していると床下に雨水が浸入してしまいます。

床下に雨水が浸入してしまうと、床下に湿気がこもってしまい、内部を腐食させてしまう原因となってしまいます。

内部の腐食が進行してしまうと、雨漏りを引き起こすことや、建物の耐久性を衰えさせてしまうことになり、またシロアリが発生するリスクも高くなってしまいます。

木造住宅であれば注意が必要であるのはもちろんのこと、鉄筋コンクリート造りであるとしてもコンクリート内部の鉄筋を錆びつかせてしまう可能性もあります。

建物の耐久性が衰えると、耐震性が著しく低下してしまうこととなり、大きな地震が発生したような場合には倒壊してしまう危険性も高まってしまいます。

そのようなことから、水切りそのものに傷や凹みなどが生じている場合には、塗装や補修、交換などといったメンテナンスが必要となるのです。

・水切りが劣化・損傷した状態とは

水切りは薄い仕切板で、鉄(スチール)、塩ビ鋼板などの金属製の素材にメッキやコーティングされており、その上から塗装されています。

経年によって次のような劣化や損傷が見られるようになります。

  • 色褪せ
  • 錆び
  • 凹み
  • 破損

塗料が劣化すると、もともとの色から色褪せが見られるようになります。

水切りを塗装しているのは、美観を目的としているのはもちろんのこと、水切りそのものが損傷してしまわないためでもあります。

塗料には防水機能が備わっていることから、水切りに塗装しておくのはとても大切なことなのです。

そのようなことから、塗料が劣化して機能が衰えてしまうと、防水機能が働かなくなってしまい、水切りを錆びつかせてしまうことがあるのです。

錆びが発生してしまうと、見た目に悪くなるのはもちろんなのですが、素材自体の耐久性も脆くなってしまうため、水切りとしての役割を果たせなくなってしまう可能性があります。

水切りには金属性だけではなく塩化ビニール製のものもあるのですが、そのような素材であるとしても、紫外線の影響を受けて割れや欠けが生じないように、やはり塗装して保護しておく必要があるのです。

水切りに凹みや破損が生じるようなケースもあります。

軽微な損傷であれば、補修の必要はありませんが、損傷がひどい場合であれば補修や交換が必要となるケースもあります。

水切りへの塗装の必要性と注意点

水切りの塗装は、上記でもお伝えした通り、水切りの役割を果たすためにとても重要な意味を持っています。

錆びが生じて穴が開いてしまったり、凹みや損傷を生じさせてしまったりすると、たちまち役割が果たせなくなり、床下を腐食させてしまうなど、建物に大きな影響を及ぼしてしまうようになるからです。

しかしだからといって、錆びが生じているからとDIYによって塗装してしまうと、逆効果になってしまうことがありますので注意が必要です。

そこでここでは、水切りの塗装の必要性とともに注意点について詳しくご紹介していきましょう。

・水切りへの塗装の必要性

水切りは外壁全体からするととても小さな建材であるため、塗装なんてしなくても大丈夫だろうと考えている方が少なくありません。

ただ、上記でもお伝えした通り、水切りは鉄(スチール)やガルバリウム鋼板、ステンレスなどといった薄い金属製で製造されています。

すぐに錆びないようにメッキされてはいるのですが、劣化や損傷が生じると錆びが発生してしまいます。

外壁と基礎の間にある水切りであれば、とても低い位置にあることから、ぶつかってしまうようなことも多く、凹みや破損が生じやすい個所にあると言えるでしょう。

そのようなことから、損傷していないか確認しておくことも重要なのです。

損傷している状態にもかかわらず、水切りに塗装せずにそのまま放置していると、上記でもお伝えした通りに錆びが発生して穴が開いてしまい、水切りの役割が果たせなくなってしまいます。

そのため、損傷が見られている場合には、早めに塗装しておくことが重要になります。

・錆びが生じている場合には錆止め塗装を

水切りに錆びが生じている状態であるのを確認し、DIYで塗装してしまう方がいらっしゃいます。

これからDIYで塗装してみようと考えているのであれば、おすすめできません。

手の届く箇所で、小さな部材であることから自分で塗装してしまおうと考えることは理解できますが、誤って外壁や基礎に塗料を付着させてしまう可能性があります。

さらには、錆びが生じている場合には、そのまま塗料を塗布することによって、塗膜の内部で錆びが広がってしまうことがあるのです。

塗装することによって一時的に綺麗にはなりますが、錆びの進行自体は抑えることができていないため、気づいた時には穴が開いているという状態であることも珍しくありません。

錆びが生じている場合には、錆びをしっかりと落とした上で錆止めを塗装しておく必要があります。

錆び落としにはサンドペーパーを活用することや、錆びの浸食が進行している場合には電動工具を活用してケレン作業を行うこともあります。

ケレン作業とは、塗装する前に行われる下地調整のことで、錆びを落とし、下地を整えることによって、塗料をしっかりと定着させるようにします。

・素材によって塗料の適性がある

上記でもお伝えした通り、水切りはさまざまな素材で作られているために、その素材に合わせた塗料で塗装しなければなりません。

メッキされた鉄(スチール)の場合であれば、先ほどお伝えした通り、錆止め塗料を塗布した上で、紫外線や風雨などに強い耐候性を持った塗料を用いて塗装していきます。

錆止め塗料を下塗りしておくと、錆びの発生を防ぐことはもちろんのこと、上塗り材をしっかりと定着させることができますから、塗膜の耐久性がアップするのです。

塗装作業は、部材の大きさにもよりますが刷毛を使用して、ムラが出ないように注意しながら施工を進めていきます。

上塗りされる塗料は、油性塗料が活用されることが多く、錆びを生じさせないように防サビ機能を有している塗料が選択されます。

また、塩ビ鋼板のように、塗料を密着させるのが難しい素材が水切りに活用されている場合には、下塗り塗料にプライマーが活用されます。

プライマーとは、水切りと塗料の密着性を高める役割を持っている下塗り塗料のことを指しており、密着性の低い金属素材やプラスチックなどに多く使用されています。

水切りへの塗装や修理、交換にかかる費用相場

水切りに凹みや損傷が見られている場合には、しっかりと役割を果たすために塗装が必要になります。

また、多少の凹みは損傷ではなく、大きく凹んでいる場合や破れているような場合には、部分的な修理や補修、さらにはすべて交換しなければならないようなケースもあります。

それらの費用相場についてご紹介していきましょう。

・水切りへの塗装にかかる費用相場

水切りへの塗装は、m(メートル)あたりで費用がかかります。

1mあたりの単価相場は、300円~500円程度となっており、一般的な30坪程度の戸建住宅の場合であれば、塗装一式で10,000円~15,000円程度となるケースが多いです。

ただし、外壁塗装に取り組まれる中で施行されることが多く、水切り単体で塗装するような場合であれば、人件費などが加算される可能性があります。

そのようなことから、外壁や屋根塗装と一緒に、水切りへの塗装にも取り組むといいのではないでしょうか。

・水切りの修理、交換にかかる費用相場

水切りに凹みや損傷が生じているような場合には、塗装だけではなく修理が必要になるケースもあり、損傷が激しい場合には全て交換しなければならない可能性もあります。

多少の凹みや損傷であれば、部分的な修理や交換が行われ、費用相場は1万円~5万円程度となります。

水切りに大きな凹みが見られているような場合や割れているような場合には、全て交換しなければならないケースもあります。

全て交換した場合の費用相場は、5万円~10万円程度となっています。

まとめ

外壁塗装の塗装個所である『水切り』について、特徴や役割、塗装の必要性、メンテナンスの方法などを踏まえて、詳しくご紹介しました。

水切りとは、外壁と基礎部分の間にある薄い仕切り板のことで、基礎部分に雨が当たらないように設置されています。

もし水切りがなかったとしたら、基礎部分に直接雨がどんどん当たることになり、少しずつ劣化が生じ、床下を腐食させてしまう原因となってしまい、最悪の場合には建物そのものの耐久性を損なうことにも繋がります。

しかし、薄い金属製の仕切り板であるために、凹みや損傷を生じやすく、その箇所から錆びが発生してしまうことが多いのです。

錆びてしまうと、錆びがどんどん広がってしまい、ついには穴が開いてしまい役割を果たせなくなってしまいます。

そのようなことから、劣化が生じている場合には塗装によるメンテナンス、凹みや損傷が激しい場合には、修理や補修、交換が必要となるケースもあります。

水切りの状態が気になる、あるいは外壁塗装・屋根塗装を検討している場合には、実績豊富な地元の塗装業者に相談し、アドバイスを受けながら外壁のメンテナンスを進めていくと良いでしょう。

「こんな相談しても嫌がられないかな?」

「まだやるか決めていないんだけれど…」

など、ご心配不要です。

「HPを見たのですが…」と、0120-711-056(年中無休7時〜19時)まで、お気軽にお電話下さい。

また、「相談したいけど対面は少し心配…。」といった方に向けて、LINEやzoomを使った外壁塗装の相談もお受けしております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

川崎市・横浜市(青葉区)を中心に神奈川県全域が施工エリアになります。お家の外壁塗装、屋根塗装は職人直営専門店の「池田塗装」にお任せください。

【本 店】TEL:0120-711-056
【青葉店】TEL:0120-824-852

本店:〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-2
アクセスはコチラ

青葉店:〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
アクセスはコチラ

【公式】YouTubeはコチラ
【公式】Instagramはコチラ
【公式】Facebookはコチラ

この記事の著者について

株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
2021年3月31日、はじめて執筆の書籍「リフォームで一番大切な外壁塗装で失敗しない方法」をクロスメディア・パブリッシングより出版。(各図書館に置かれています)

「初心忘るべからず」という言葉を胸に、毎日お客さまの信頼を得られるよう頑張っています。 世の中には不誠実な業者も多く、リフォームで後悔する人が後を絶ちません。
一人でもそういう方がいなくなり、私たちが地元の皆さまに貢献できればと思っています。川崎市・横浜市にお住まいで、外壁塗装についてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。(会社概要・本店について青葉店はこちら)

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ282件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 282 reviews

  • Avatar

    けんじ
    ★★★★
    1 週間前

    築12年の家の外壁と屋根の塗装をお願いしました。
    アステックペイントのリファイン1000MSという高性能塗料で
    きれいに仕上がり、出来上がりは満足しています。近所の方からもきれいになったと言われています。
    見積時からいろいろ質問しましたが、丁寧に説明していただきました。
    少し残念な点は
    (1)価格
    ・建てたハウスメーカーの保守部署の見積よりは10%程安かった
    … (続き)
    ただし同時期に横浜にある実家の塗装の見積を他社にお願いしたところ、中塗り、上塗りの単価が池田さんの5割近く安く出てきたことにびっくりしました。
    塗料がシリコンREVO1000やダイナミックトップというもので、同製品ではなく会社の規模も違いますが、契約前に見ていたら心動かされたかも。。。
    足場や付帯部分の単価は同じ程度であり、塗りが倍近く丁寧なんだろうと思うことにしました。
    (2)施工に入ってからの連絡
    10年ほど前に実家の塗装をした際に、その時の業者が
    ・工程表を提示し、どの作業をどのくらいの期間でやるかの説明があった。
    ・日々の作業報告書(B6用紙に数行ですが)を渡してくれた。
    ・作業完了後、作業中の写真や、作業前後の状態の写真を報告書としてくれた。
    ということをしてくれましたが、池田塗装さんは上記は無しでした。
    職人さんに聞くと今どんなことをやっているかは教えてくれましたし、作業報告者や写真は数年後にはいらなくなるとは思いますが屋根は普段見えないので、満足感は上がりますね。
    まあこれをやると手間が増えるので、価格が上がるなら無くても我慢できるレベル。
    ・あと、作業に入ったところでベランダ防水工事が問題ありと連絡いただきましたが、そのあとどうするか2週間以上連絡なく、作業完了の報告で結局やりませんでしたと費用を値引いて出てきたのは、少しモヤッとしました。
    多少の残念なところはありましたが、概ね満足しており、15年間は汚れが付かず頑張ってくれると期待も込めて星4とします。
  • Avatar

    Y NOZAWA
    ★★★★★
    4 か月前

    屋根塗装と外壁塗装をお願いしました。
    とても満足です。
    こちらの会社の決め手としては、地域に根付いていて元々知っていましたが、他の会社とは違って無理な勧誘もなく、見積もりの時点で他の会社とは違う誠意ある対応でしたのでお願いしました。
    営業の方も工事の方も皆とても丁寧で気持ちの良い対応をしていただき、仕事もとても丁寧で説明やアドバイスも分かりやすかったです。
    … (続き)
    仕上がりも、すごく綺麗で周りから新築みたいだと言ってもらう程です。
    今後も何かあれば相談してフォローしていってもらいたいと思う会社でお勧めです。
  • Avatar

    浜田太
    ★★★★★
    5 か月前

    今回2回目の外壁、屋根塗装を施工するにあたり、川崎市内の様々なリフォーム及び塗装関係の業者さんをネットで探していたところ、池田塗装さんに出会いました。営業の方からドローンで屋根の写真や外壁について丁寧に細かくわかりやすく説明をして頂き、池田塗装さんを選んでみようと思いました。工事が始まり職人(スドウ)さんの技術は、もちろんのこと仕事も丁寧で毎日その日の作業内 … (続き)容の説明があり、帰りには、写真で説明をしてくださる日もありました。足場を外して外観を見た時は、大変感動いたしました。屋根、外壁、雨戸、戸袋、雨樋、エアコン冷媒管のテープ貼りまで新築同様な仕上がりに夫婦揃って大満足いたしました。本当にありがとうございました♪

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 青葉店

クチコミ54件

株式会社池田塗装 青葉店

横浜市青葉区荏田西1丁目1−10

4.9 54 reviews

  • Avatar

    川口隆
    ★★★★★
    3 months ago

    我が家の外壁塗装は今回で2回目です。1回目は13年前でしたが、塗装後
    2年後くらいから汚れが目立ち始めましたので今回は慎重に塗装会社の選定を進めました。昨年の6月から見積もりを取り始め、最終的に7社になりました。その中で池田塗装さんと今年1月に契約、5月に施工完成に至りました。池田塗装さんにお願いした理由は4つあります。
    … (続き)
    第1に図面を含め内容明細書がわかりやすかった事
    第2に自社雇用の職人さんから施工いただける事
    第3に価格が安い事
    第4に工事後の保証がしっかりしてる事
    工事については3人のチームワークが素晴らしくこちらからの不安、質問に納得のいく丁寧な説明をしていただき、塗装の変更等にも迅速に対応していただきました。ありがとうございました。技術面はもとより3人の方の人柄にも触れさせていただき大変満足しています。次回塗装の機会がありましたら田中さん、高野さん、新入社員の方(名前がわからずすみません)にお願いしたいと思います。
  • Avatar

    Takahiko Sakata
    ★★★★★
    4 months ago

    初めて外壁塗装をしましたが、こちらの口コミをみて高評価だったので今回まずご相談させて頂きました。見積もりの時点から感じもよくわかりやすい見積もりで、実際職人さんが丁寧にやっていただき大変満足しています。次回、外壁塗装や屋根修繕がありましたらまた利用させていただきたいと思いました。
  • Avatar

    Min Nishi
    ★★★★★
    a month ago

    屋根にガタがきて、事前確認の際にはその場で仮止めしてくれて、後日しっかり対応していただきました。ついでに外壁のシーリングもお願い。写真も残してくれ説明もメールで丁寧に。近所なのでなお安心。何かあればリピートすると思います。

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

弊社では無料やり直し保証、施工後の最短5年最長16年などの補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)



▲TOPに戻る
YOUTUBE動画
カラーシミュレーション
お見積り・お問い合わせお問い合せ