コンクリート外壁に生じる『爆裂』とは?原因や補修方法、予防法について徹底解説 - 川崎の外壁塗装・屋根塗装などなら「池田塗装」
川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

コンクリート外壁に生じる『爆裂』とは?原因や補修方法、予防法について徹底解説

「コンクリートの壁がなんとなく膨れているような気がする…」

「外壁の内部から錆びのような色をした水が流れ出ている…」

コンクリートの外壁である戸建住宅は多く見かけるようになりましたが、上記のようにコンクリートに異変を感じることはないでしょうか。

もしこのような症状を見かけたのであれば、『爆裂』と呼ばれる症状が起きる前兆かもしれません。

古いコンクリートの壁が壊れ落ちて、鉄筋が外にむき出しているような状態を見たことがないでしょうか。

このような現象を『爆裂』と呼んでおり、最悪の場合には外壁がさらに崩落してしまうことや、建物の構造そのものに深刻なダメージを与える可能性もあるのです。

このような症状が起きる前に、コンクリート外壁の住宅であれば、爆裂の症状をはじめとして、原因や対処法について理解しておくことが大切です。

そこでこの記事では、コンクリート外壁の爆裂について、プロの塗装業者が徹底解説していきましょう。

コンクリート外壁に生じる『爆裂』について

爆裂という言葉を聞くと、爆発・破裂しているような怖いイメージを抱く方も多いのではないでしょうか、

コンクリート外壁に生じる爆裂とは、まさに外壁内部が爆発して、コンクリート外壁の表面が破裂し、内部の鉄筋がむき出しになってしまう症状のことを指しています。

しかし、コンクリート外壁になぜそのような症状が起きてしまうのでしょうか。

・爆裂とは

先にも述べました通り爆裂とは、コンクリート外壁の表面が破裂しているような状態で、内部にある鉄筋が錆びてコンクリートの表面を押し出して、破壊してしまった状態のことを指しています。

爆裂と言われることが多いですが、正式には鉄筋爆裂と呼ばれています。

つまりこのような症状は、鉄筋コンクリート造りであって、コンクリートの外壁に耐震性を高めるために鉄筋が入っている建物に起きる症状のことを指しています。

爆裂が起きている外壁は、既に表面のコンクリートがかなり破壊されている状態で、内部の鉄筋が錆びているのを確認できることも多いです。

また、外壁にひび割れが生じていて、そのひび割れから錆びた色をした水が流れ出ているようなこともあります。

いずれにおいても、コンクリート外壁の内部にある鉄筋が錆びている状態で、建物の美観を損なうだけではなく、外壁を崩落させてしまう危険性もあるため、早急に補修に取り組まねばならない状態です。

コンクリート外壁が、なんとなく膨れてきているような状態であれば、内部で鉄筋が錆び爆裂を起こす一歩手前の状態である可能性もあるため、早めに点検しておくことが大事です。

・爆裂が発生する原因について

ではなぜ、硬くて頑丈なコンクリート外壁が、外壁の内側から押し出すように破裂してしまうのでしょうか。

そもそもコンクリートは高いアルカリ性の健在であって、内部に鉄筋が入っているとしても、そのままの状態では錆びることはありません。

そのためコンクリート造りの建物においては、耐震性を高めるために鉄筋を入れているのです。

ただ、何らかの原因によってコンクリート外壁にひび割れが入ってしまったような場合には、その箇所から湿気や雨水などが内部に入ってしまいます。

するとコンクリートの内部がアルカリ性を保つことが出来なくなってしまい、中性化して鉄筋が錆びやすい状態になってしまうのです。

このことを『コンクリートの中性化』と呼んでいますが、中性化が進んで鉄筋を錆びつかせてしまうと、出勤が膨張してしまい表面のコンクリート押し出すようになります。

先ほど、コンクリートの表面が膨れているという状態についてお伝えしましたが、膨れている原因は、鉄筋が錆びて膨張し押し出している可能性があるのです。

また、ひび割れ箇所から錆びた色をした水が流れ出しているようであれば、同様に鉄筋が錆びて、内部に侵入していた湿気や雨水が外に流れていることが考えられます。

・爆裂を放置してしまうと…

コンクリートの中性化が進むと、外壁内部にある鉄筋は錆びが広がってしまい、少しずつ膨張して行くことになります。

そのような症状の進行から、外壁表面が膨れているような状態や、外壁のひび割れから錆びた色をした水が流れ出ているような状態であれば、爆裂を起こしてしまう可能性があります。

爆裂を起こしてしまうと、外壁表面のコンクリートが押し出され、破裂したような状態になりますから、かなり美観を損なうことになってしまいます。

また、そのような症状が外壁の上部にあるような場合、そのまま進行して爆裂を生じさせてしまうと、コンクリートの表面が崩落して、通行する人に当たってしまうことも考えられます。

すでに少しずつコンクリートの表面が崩れだしているような場合、何かのきっかけで大きく崩落してしまうかもしれません。

そのようなことから、小さな膨れや小さなひび割れであっても、見つけた場合には早めに対処する必要があるのです。

コンクリート外壁の爆裂の原因について

上記においては、コンクリート外壁に生じる爆裂がどのような症状なのかお伝えしましたが、その原因を知ることによって爆裂を起こすリスクを下げることができます。

そのため、どのような原因で爆裂が生じるのか把握しておき、日常的に外壁を意識し、こまめにメンテナンスすることが大切です。

・コンクリート外壁に生じるひび割れ

コンクリート外壁は、硬くて頑丈であることから、特にメンテナンスなど必要ないとイメージされている方も多いのではないでしょうか。

しかしコンクリートはそもそも水に弱く、表面を塗装することによって保護しておかねばなりません。

もちろんコンクリート打ちっ放しの良さを保ちたい場合には、無色透明の塗料を採用し、コンクリートの良さを引き出しています。

ただこの塗料も経年によって劣化し、塗料の種類にもよりますが10年が経過する頃には水から保護する機能も衰えており、塗り換えが必要になります。

そのような状態でそのままにしていると、コンクリート外壁そのものに風雨や紫外線の影響を及ぼすようになり、ひび割れを起こすようなことがあります。

ひび割れも小さい間はそれほど大事になることはないのですが、メンテナンスせずそのまま放置していると、そのひび割れも大きくなってしまうことがあります。

するとそのひび割れから、雨水や湿気が外壁内部に入り込むようになり、中性化が進んで爆裂を引き起こしやすい状態へと変化させてしまうことになるのです。

・膨張と収縮

コンクリート外壁は、夏の暑さや冬の寒さ、乾燥や湿気といった環境の変化によって、膨張と収縮を繰り返すと言われています。

コンクリート外壁は硬くて頑丈であることから、膨張と収縮と言ってもイメージできない方は多いのではないかと思います。

しかし実際に、夏の暑い日には熱によって膨張し、冬の寒い日には収縮すると言われており、数mmから1cm程度の差が生じることもあります。

またコンクリート外壁は雨水を吸い込んでしまう性質があることから、表面の塗膜が劣化してしまうことによって雨水を吸い込んで膨張し、暑い日に乾燥して収縮するようなこともあります。

そのような膨張と収縮を繰り返すことによって、ひび割れが起こりやすくなってしまい、そこから雨水が侵入して、コンクリート内部で中性化を生じさせてしまうのです。

・コンクリートの中性化

コンクリートのひび割れ箇所から雨水が浸入してしまい、アルカリ性であるコンクリート内部が酸性に向かって行く『中性化』が進むと爆裂を引き起こす原因となります。

上記ではひび割れによる原因についてお伝えしていますが、中性化する原因はひび割れ箇所からだけではなく、水はけの悪い場所でコンクリートが雨水を吸い上げることによって生じることも少なくありません。

特に、降り注いだ雨が排水溝に流れていくのではなく、庭に浸透させる方法が取られている住宅がありますが、そのようなケースで水はけの悪い土地であれば爆裂を起こす可能性が高まってしまいます。

さらに中性化は雨水が原因だけではなく、空気中に含まれている二酸化炭素が原因になることもあります、

そもそもコンクリートはpH12~13の強いアルカリ性の建材でありますが、空気中の二酸化炭素が触れることによって化学反応を起こし、中性化を起こすと考えられています。

そのため、コンクリートの劣化症状として中性化が進んでしまうこともあるのです。

そのようなことから、コンクリート外壁に中性化を生じさせないようにするためには、コンクリートにひび割れを生じさせない、コンクリートを劣化させないといった取り組みが大切になります。

爆裂に対する補修工事の流れと予防法について

コンクリート外壁に爆裂が生じているような場合、或いは外壁表面が膨れていて内部に中性化が進んでいると思われるような場合には補修工事が必要になります。

また爆裂を表示させないようにするためには、定期的に予防法に取り組んでおかねばなりません。

ここでは爆裂が生じている場合の補修工事の流れとともに予防法についてもご紹介していきます。

・爆裂に対する補修工事の流れ

①爆裂箇所を調査する

②補修箇所の斫り(はつり)

③鉄筋の錆び落とし、防錆

④モルタルにて成形する

⑤乾燥

コンクリート外壁が爆裂を生じているような場合、適切な方法で処理を行わねば、また新たに爆裂を引き起こしてしまう可能性があります。

主な補修工事の流れについては上記の通りです。

爆裂によって既に鉄筋が露出しているような場合、あるいはコンクリート外壁表面が膨れているような場合、打診棒と呼ばれる建物検査のアイテムによって叩いて調べます。

露出しているような場合ではわかりやすいですが、膨れているような場合には内部の状態を知るために、叩いた際の音で状態を判別するのです。

膨れていない箇所と明らかに音が違うような場合には、爆裂を引き起こしている可能性があります。

打診棒によって爆裂の箇所が判明すれば、ハンマーなどを活用してコンクリートを削っていく『斫り(はつり)』と呼ばれる作業を行います。

斫りによって脆くなったコンクリートを削っていくと、コンクリート内部の鉄筋が見えてきて、中性化を引き起こして錆びが生じていることが確認できます。

鉄筋が錆びを生じていることを確認すれば、その錆びをブラシなど活用して丁寧に落とし、再び錆びが生じないように綺麗に削り落としていきます。

鉄筋の錆が綺麗に落とせたならば、プライマーなどの錆止め成分が含まれている接着剤を塗布し、そこにモルタルやポリマーセメントモルタルで埋めて形成します。

形成した後は、硬化するのを待ち、しっかりと乾燥すれば完了となり、外壁塗装によって保護することになります。

・コンクリート外壁の爆裂の予防法について

コンクリート外壁において爆裂を生じさせないようにするためには、上記でもお伝えした通り、ひび割れを生じさせない、コンクリートを劣化させないといったことにあります。

ただ、コンクリートはどうしても膨張と収縮を起こしますのでひび割れが発生してしまうことがあり、ひび割れに気づかずに爆裂の原因を作り出してしまう可能性があります。

そのため予防法としては、ひび割れが生じているような場合には早めに補修を行い、定期的にコンクリート外壁に対して塗装を行うことが有効です。

一般的にコンクリート外壁については、『弾性塗料』と呼ばれるひび割れが生じても追随できる柔軟性を持ち合わせているものや、雨水の侵入を防ぐ『撥水剤』、コンクリートの美しさを引き出せる『クリア塗装』などが用いられます。

コンクリート外壁への塗装については、経験が豊富でコンクリート外壁の知識を持ち合わせている塗装業者に相談するようにしましょう。

まとめ

コンクリート外壁に生じる爆裂と呼ばれる現象について、その原因や補修工事の流れ予防法などを踏まえ、詳しくご紹介しました。

コンクリート外壁はコンクリート内部に鉄筋が入っており、高い耐震性を保っていますが、内部の鉄筋が錆びてしまうと、内部から押し出すように表面が破裂してしまうことがあります。

この現象のことを爆裂と呼んでいます。

爆裂はひび割れ箇所から雨水が浸入することや、外部環境による膨張や収縮、コンクリートの劣化などによって中性化が生じ現れることになります。

そのためコンクリート外壁表面にひび割れを生じさせないように、またコンクリートを劣化させないように、定期的に外壁塗装に取り組むことが大切です。

コンクリート外壁に何か気になる症状がある場合には、実績豊富な地元の塗装業者に相談し、アドバイスを受けながら外壁のメンテナンスを進めていくと良いでしょう。

「こんな相談しても嫌がられないかな?」

「まだやるか決めていないんだけれど…」

など、ご心配不要です。

「HPを見たのですが…」と、0120-711-056(年中無休7時〜19時)まで、お気軽にお電話下さい。

また、「相談したいけど対面は少し心配…。」といった方に向けて、LINEやzoomを使った外壁塗装の相談もお受けしております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

川崎市・横浜市(青葉区)を中心に神奈川県全域が施工エリアになります。お家の外壁塗装、屋根塗装は職人直営専門店の「池田塗装」にお任せください。

【本 店】TEL:0120-711-056
【青葉店】TEL:0120-824-852

本店:〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-2
アクセスはコチラ

青葉店:〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
アクセスはコチラ

【公式】YouTubeはコチラ
【公式】Instagramはコチラ
【公式】Facebookはコチラ

この記事の著者について

株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
2021年3月31日、はじめて執筆の書籍「リフォームで一番大切な外壁塗装で失敗しない方法」をクロスメディア・パブリッシングより出版。(各図書館に置かれています)

「初心忘るべからず」という言葉を胸に、毎日お客さまの信頼を得られるよう頑張っています。 世の中には不誠実な業者も多く、リフォームで後悔する人が後を絶ちません。
一人でもそういう方がいなくなり、私たちが地元の皆さまに貢献できればと思っています。川崎市・横浜市にお住まいで、外壁塗装についてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。(会社概要・本店について青葉店はこちら)

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ282件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 282 reviews

  • Avatar

    けんじ
    ★★★★
    1 週間前

    築12年の家の外壁と屋根の塗装をお願いしました。
    アステックペイントのリファイン1000MSという高性能塗料で
    きれいに仕上がり、出来上がりは満足しています。近所の方からもきれいになったと言われています。
    見積時からいろいろ質問しましたが、丁寧に説明していただきました。
    少し残念な点は
    (1)価格
    ・建てたハウスメーカーの保守部署の見積よりは10%程安かった
    … (続き)
    ただし同時期に横浜にある実家の塗装の見積を他社にお願いしたところ、中塗り、上塗りの単価が池田さんの5割近く安く出てきたことにびっくりしました。
    塗料がシリコンREVO1000やダイナミックトップというもので、同製品ではなく会社の規模も違いますが、契約前に見ていたら心動かされたかも。。。
    足場や付帯部分の単価は同じ程度であり、塗りが倍近く丁寧なんだろうと思うことにしました。
    (2)施工に入ってからの連絡
    10年ほど前に実家の塗装をした際に、その時の業者が
    ・工程表を提示し、どの作業をどのくらいの期間でやるかの説明があった。
    ・日々の作業報告書(B6用紙に数行ですが)を渡してくれた。
    ・作業完了後、作業中の写真や、作業前後の状態の写真を報告書としてくれた。
    ということをしてくれましたが、池田塗装さんは上記は無しでした。
    職人さんに聞くと今どんなことをやっているかは教えてくれましたし、作業報告者や写真は数年後にはいらなくなるとは思いますが屋根は普段見えないので、満足感は上がりますね。
    まあこれをやると手間が増えるので、価格が上がるなら無くても我慢できるレベル。
    ・あと、作業に入ったところでベランダ防水工事が問題ありと連絡いただきましたが、そのあとどうするか2週間以上連絡なく、作業完了の報告で結局やりませんでしたと費用を値引いて出てきたのは、少しモヤッとしました。
    多少の残念なところはありましたが、概ね満足しており、15年間は汚れが付かず頑張ってくれると期待も込めて星4とします。
  • Avatar

    Y NOZAWA
    ★★★★★
    4 か月前

    屋根塗装と外壁塗装をお願いしました。
    とても満足です。
    こちらの会社の決め手としては、地域に根付いていて元々知っていましたが、他の会社とは違って無理な勧誘もなく、見積もりの時点で他の会社とは違う誠意ある対応でしたのでお願いしました。
    営業の方も工事の方も皆とても丁寧で気持ちの良い対応をしていただき、仕事もとても丁寧で説明やアドバイスも分かりやすかったです。
    … (続き)
    仕上がりも、すごく綺麗で周りから新築みたいだと言ってもらう程です。
    今後も何かあれば相談してフォローしていってもらいたいと思う会社でお勧めです。
  • Avatar

    浜田太
    ★★★★★
    5 か月前

    今回2回目の外壁、屋根塗装を施工するにあたり、川崎市内の様々なリフォーム及び塗装関係の業者さんをネットで探していたところ、池田塗装さんに出会いました。営業の方からドローンで屋根の写真や外壁について丁寧に細かくわかりやすく説明をして頂き、池田塗装さんを選んでみようと思いました。工事が始まり職人(スドウ)さんの技術は、もちろんのこと仕事も丁寧で毎日その日の作業内 … (続き)容の説明があり、帰りには、写真で説明をしてくださる日もありました。足場を外して外観を見た時は、大変感動いたしました。屋根、外壁、雨戸、戸袋、雨樋、エアコン冷媒管のテープ貼りまで新築同様な仕上がりに夫婦揃って大満足いたしました。本当にありがとうございました♪

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 青葉店

クチコミ54件

株式会社池田塗装 青葉店

横浜市青葉区荏田西1丁目1−10

4.9 54 reviews

  • Avatar

    川口隆
    ★★★★★
    3 months ago

    我が家の外壁塗装は今回で2回目です。1回目は13年前でしたが、塗装後
    2年後くらいから汚れが目立ち始めましたので今回は慎重に塗装会社の選定を進めました。昨年の6月から見積もりを取り始め、最終的に7社になりました。その中で池田塗装さんと今年1月に契約、5月に施工完成に至りました。池田塗装さんにお願いした理由は4つあります。
    … (続き)
    第1に図面を含め内容明細書がわかりやすかった事
    第2に自社雇用の職人さんから施工いただける事
    第3に価格が安い事
    第4に工事後の保証がしっかりしてる事
    工事については3人のチームワークが素晴らしくこちらからの不安、質問に納得のいく丁寧な説明をしていただき、塗装の変更等にも迅速に対応していただきました。ありがとうございました。技術面はもとより3人の方の人柄にも触れさせていただき大変満足しています。次回塗装の機会がありましたら田中さん、高野さん、新入社員の方(名前がわからずすみません)にお願いしたいと思います。
  • Avatar

    Takahiko Sakata
    ★★★★★
    4 months ago

    初めて外壁塗装をしましたが、こちらの口コミをみて高評価だったので今回まずご相談させて頂きました。見積もりの時点から感じもよくわかりやすい見積もりで、実際職人さんが丁寧にやっていただき大変満足しています。次回、外壁塗装や屋根修繕がありましたらまた利用させていただきたいと思いました。
  • Avatar

    Min Nishi
    ★★★★★
    a month ago

    屋根にガタがきて、事前確認の際にはその場で仮止めしてくれて、後日しっかり対応していただきました。ついでに外壁のシーリングもお願い。写真も残してくれ説明もメールで丁寧に。近所なのでなお安心。何かあればリピートすると思います。

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

弊社では無料やり直し保証、施工後の最短5年最長16年などの補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)



▲TOPに戻る
YOUTUBE動画
カラーシミュレーション
お見積り・お問い合わせお問い合せ