外壁塗装で活用するペンキの種類と選び方のポイントについて川崎の塗装のプロが徹底解説 - 川崎の外壁塗装・屋根塗装などなら「池田塗装」
川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

外壁塗装で活用するペンキの種類と選び方のポイントについて川崎の塗装のプロが徹底解説

外壁塗装において多くのご家庭では、どのようにペンキ(塗料)を選べばよいのか、何を基準にすれば良いのか分かりにくいという声をよくお聞きします。

ペンキ選びは、外壁の耐久性や見た目、維持管理のしやすさに大きく影響します。

シリコン塗料やフッ素塗料、ラジカル塗料など、さまざまな種類があり、それぞれに特性やメリットがあります。

また、適切な塗装業者の選び方も、外壁塗装を成功させるためには欠かせません。

そこで本記事では、塗装のプロとして外壁塗装で活用するペンキの種類と、その選び方のポイントについて、川崎市の塗装のプロの視点から徹底解説します。

外壁塗装で活用するペンキ(塗料)の種類と選び方のポイント

外壁塗装を行う際、最も重要な要素の一つがペンキ(塗料)の選択です。

外壁塗装の目的は、美観の向上だけでなく、建物を自然の厳しい条件から守ることにもあります。そのため、ペンキの種類とそれを選ぶ際のポイントを理解することは、長期的な視点で建物を維持するうえで非常に重要です。

ここでは、外壁塗装に使われるさまざまな種類のペンキを紹介し、それぞれの特性と選び方のポイントを詳しく解説していきます。

・外壁塗装で活用するペンキ(塗料)の種類とは

外壁塗装に使用されるペンキ(塗料)には、多種多様なものがあり、それぞれに異なる特徴や利点があります。

主な塗料の種類としては、シリコン塗料、フッ素塗料、ラジカル塗料、光触媒塗料、ナノテク塗料、無機塗料などが挙げられます。

これらの塗料は、耐久性、耐候性、美観維持の能力、費用面など、さまざまな面で違いがあり、グレードが高くなるに連れて、耐久性が高い特徴を持っています。

そのため、塗料の選択は、建物の立地条件、気候条件、建物の材質、予算、お好みの外観など、多くの要素を考慮して行う必要があります。

  • シリコン塗料:一般的に耐久性が高く、コストパフォーマンスに優れています。
  • フッ素塗料:耐候性や汚れにくさに優れ、高級感のある仕上がりが期待できます。
  • ラジカル塗料:紫外線に強く、色褪せにくい特性があります。
  • 光触媒塗料:自浄作用があり、建物を清潔に保ちやすいです。
  • ナノテク塗料:最新技術を駆使した塗料で、さまざまな高機能を持ちます。
  • 無機塗料:長期にわたる耐久性があり、自然環境にも優しい塗料です。

これらの塗料は、それぞれに特有のメリット・デメリットがありますので、選択する際にはそれらをバランス良く考慮する必要があります。

・外壁塗装のペンキ(塗料)の選び方のポイント

外壁塗装を行う際のペンキ(塗料)の選び方は、家の美観と保護の両方に影響を与えるため、とても重要な判断となります。

適切な塗料を選ぶためには、以下のポイントを考慮する必要があります。

外壁塗料は、グレードが高くなるほど、耐久性が高まります。高グレードの塗料は、長期にわたって色褪せや剥がれに強く、外壁を保護する能力が高い傾向にあります。

耐久性が高い塗料を選ぶことは、長期的に見れば塗り替えの頻度を減らすことができ、メンテナンスコストの削減につながります。

ただ、耐久性が高い塗料は、その分コストも高くなる傾向にあります。

初期投資のコストと、長期間にわたるメンテナンスコストを総合的に検討し、予算に見合った塗料を選ぶことが重要です。

高価な塗料でも、その耐久性によるメリットが長期的に見れば経済的である場合もあります。

建物の使用状況や立地条件、将来的な計画などを考慮して、耐久性とコストパフォーマンスのバランスを見極めることが大切です。

例えば、頻繁に外観の変更を考えている場合や、厳しい気候条件下にない場合は、コストパフォーマンスの高い塗料が適切かもしれません。

近年の塗料は、遮熱性、断熱性、耐候性、防汚性、親水性、防カビ性など、さまざまな機能を持つものが増えています。

これらの機能性は、居住快適性の向上や、建物の維持管理の効率化に寄与します。例えば、遮熱性・断熱性の高い塗料は、夏の暑さや冬の寒さを和らげ、エネルギーコストの削減にもつながります。

・ペンキ(塗料)選びの注意点

外壁塗装の際に選ぶペンキ(塗料)は、建物の美観と保護に直接影響を及ぼします。適切な塗料を選ぶためには、以下のポイントに注意してください。

①塗り替えのサイクル

塗料の耐久性によって、次の塗り替えまでの期間が変わります。耐久性の高い塗料は、初期コストは高くても、長期的には塗り替え回数が減るためコストを抑えられる可能性があります。

②コスト面:塗料費用とメンテナンス費用を合わせて考慮し、長期的なコストパフォーマンスを評価することが重要です。

③塗り替え場所

日当たりや雨風の当たる場所など、塗装する場所の環境に合わせた塗料を選ぶ必要があります。

④外壁材の種類

木材、コンクリート、モルタルなど、外壁の素材によって適切な塗料が異なります。

⑤耐候性

強い日差しや豪雨、寒冷地域など、地域の気候条件に合わせて耐候性の高い塗料を選ぶことが肝要です。

⑥グレードと耐久年数

一般に、高グレードの塗料は耐久年数が長く、長期的な保護を提供します。しかし、高価なため予算と相談する必要があります。

⑦艶の種類

艶あり、半艶、艶消しなど、塗料の艶は外観に大きく影響します。建物のスタイルや個人の好みに合わせて選びましょう。

⑧仕上がりのイメージ

艶のある塗料は清潔感があり、艶消しは落ち着いた印象を与えます。

⑨環境への優しさ

塗料に含まれる化学物質が環境や人体に与える影響を考慮し、環境に優しい水塗料を選ぶことが望ましいです。

外壁塗装でよく活用するペンキ(塗料)の種類

外壁塗装において、適切なペンキ(塗料)を選ぶことは、建物を長期間にわたって保護し、美しく保つための鍵となります。

現在市場には多様な種類の塗料があり、それぞれに特有の特性とメリットが存在します。耐候性、機能性、コストパフォーマンスなど、異なる側面を持っており、それぞれの建物や環境に最適な塗料を選ぶことが重要です。

ここでは、外壁塗装で頻繁に使用されるペンキの種類について、それぞれの概要を解説します。

・シリコン塗料

シリコン塗料は外壁塗装において非常に人気が高い塗料の一つです。その人気の理由は、その優れた特性とコスト面にあります。

まず、シリコン塗料の最大の特徴はその耐久性にあります。紫外線や雨水に強く、これにより塗膜が長持ちし、建物の外壁を長期間にわたり守ることができます。

一般的に、シリコン塗料の耐用年数は約10年から15年程度とされており、適切な施工とメンテナンスによってはさらに長持ちする可能性もあります。

豊富な色のバリエーションがあり、外壁のデザインに幅広い選択肢を提供します。さらに、塗装作業が比較的容易に行える加工性の良さも、シリコン塗料の特徴の一つです。

コスト面においても、シリコン塗料は優れた選択肢です。

耐久性に優れているにも関わらず、比較的リーズナブルな価格帯で提供されているため、コストと性能のバランスが良いとされています。この点が、シリコン塗料の人気の理由の一つとなっています。

・フッ素塗料

フッ素塗料は、外壁塗装において特に耐久性と美観を重視する場合に選ばれる高性能な塗料です。この塗料の特徴は、その優れた耐候性と美しい仕上がりにあります。

フッ素塗料の最大の魅力は、長期間にわたり色褪せや汚れに強いことです。紫外線や酸性雨などの厳しい環境下でも、その性能を保ち続けることができます。

これにより、外壁の美観を長期間維持することが可能となります。

実際に、フッ素塗料の耐用年数は一般的に約15年から20年程度とされており、これは他の多くの塗料よりも長い耐久性を示しています。

しかし、このような高い性能はコスト面にも反映されています。フッ素塗料は、他の塗料と比較して初期投資が高くなる傾向があります。

このため、フッ素塗料を選ぶ際には、長期的な視点でのコストパフォーマンスを考慮することが重要です。

フッ素塗料の人気は、その長期的な耐久性と、上質な仕上がりによる美観の維持にあります。

特に、商業施設や高級住宅など、外観の美しさが特に重要視される建物に適しています。また、長期間にわたってメンテナンスコストを削減できる点も、この塗料を選ぶ大きな理由となっています。

・ラジカル塗料

ラジカル塗料は、近年注目を集めている外壁塗装用の塗料の一種で、特にその高い耐久性と環境対応能力で人気を博しています。

この塗料の最大の特徴は、紫外線に対する強い耐性です。

紫外線による劣化を抑えることができるため、色褪せや劣化が非常に少なく、長期間にわたって建物の外観を保つことが可能です。

実際、ラジカル塗料の耐用年数は約10年以上とされており、これは他の一般的な塗料に比べても長い持続期間を意味しています。

コスト面に関しては、ラジカル塗料は中価格帯の塗料として位置付けられています。

初期投資としてはやや高めですが、その長期的な耐久性を考慮すると、経済的な選択であると言えるでしょう。

特に、紫外線に晒されることの多い地域や、長期間にわたって塗り替えの手間やコストを抑えたい場合には、非常に効果的です。

ラジカル塗料の人気は、耐久性とコストパフォーマンスのバランスの良さにあります。

また、環境への配慮が求められる現代において、この塗料は環境負荷の低減にも貢献するため、エコ志向の強いユーザーからも支持されています。

・光触媒塗料

光触媒塗料は、その独特な機能性で近年注目を集めている外壁塗装用の塗料です。この塗料が特に注目される理由は、光触媒としての独自の働きにあります。

光触媒塗料の主な特徴は、太陽光や外部の光を利用して、塗装面上の有機物や汚れを分解する能力にあります。

この自浄作用により、建物の外壁が常に清潔に保たれるため、美観の維持に非常に効果的です。また、抗菌作用や脱臭作用もあるため、衛生面でのメリットも大きいと言えます。

耐用年数に関しては、光触媒塗料は一般的に10年から15年程度とされていますが、これは利用環境によって異なる場合があります。

コスト面では、光触媒塗料はやや高価格帯に位置することが多いです。

初期投資は高くなりがちですが、長期的な自浄作用によるメンテナンスコストの削減や、美観の維持による利点を考慮すれば、その価値は高いと言えます。

光触媒塗料の人気は、その環境対応能力と自浄作用によるメンテナンスの容易さから来ています。

・ナノテク塗料(ナノテクノロジー塗料)

ナノテク塗料、またはナノテクノロジー塗料は、先端科学の進歩を背景に開発された新世代の塗料であり、その特異な特徴から多くの注目を集めています。

この塗料が注目される理由は、ナノスケールの粒子を使用することにより、従来の塗料にはない高い機能性を実現している点にあります。

ナノテク塗料の主な特徴は、非常に細かいナノサイズの粒子を使用していることで、塗膜が非常に均一で細かく、これにより高い防水性や防汚性を発揮します。

また、これらの細かい粒子は、光の反射や断熱性にも影響を与え、建物のエネルギー効率の向上にも寄与します。

さらに、一部のナノテク塗料には、自己修復機能や抗菌性など、特殊な機能を持つものもあります。

耐用年数については、ナノテク塗料は一般的に高い耐久性を持ち、耐用年数は10年以上と見積もられることが多いです。

しかし、具体的な耐用年数は、塗料の種類や施工環境、メンテナンスの状況によって大きく異なります。

コスト面では、ナノテク塗料はその高い機能性を反映して、一般的には高価格帯に位置します。

初期投資は高めですが、長期的な耐久性やメンテナンスの軽減、エネルギー効率の向上を考慮すると、総コストではメリットがあると考えられます。

ナノテク塗料の人気は、その革新的な機能と高いパフォーマンスによるものです。特に、高い防水性や防汚性を求める場合や、エネルギー効率を重視する建築において、その価値が高く評価されています。

・無機塗料

無機塗料は、その独特の成分と性質により、外壁塗装の分野で注目を集めている塗料の一つです。

この塗料は、無機質の成分を主体としており、その結果、特有の耐久性と美観を長期間維持する能力を持っています。

無機塗料の最大の特徴は、変色や劣化が非常に少ないことです。

紫外線や化学物質による影響を受けにくく、長期間にわたって色彩の鮮明さを保ち続けることができます。

また、無機質の成分が持つ自然な質感により、建物に高級感と深みを与えることが可能です。

耐用年数に関しては、無機塗料は一般的に20年以上の耐久性を持つとされています。

これは、有機塗料と比較して非常に長い耐用年数であり、外壁塗装における長期的なメンテナンスコストの削減に大きく寄与します。

コスト面では、無機塗料は初期投資としては高価な部類に入ります。

しかし、その長い耐用年数とメンテナンスの必要性が低いことを考慮すると、長期的な視点で見た場合のコストパフォーマンスは非常に高いと言えます。

無機塗料の人気は、その耐久性と美観の維持能力にあります。

特に、歴史的建造物や高級住宅など、美観を長期間保ちたいプロジェクトで好まれています。また、環境への影響が少ないことも、エコロジカルな建築を志向するユーザーから支持される理由の一つです。

外壁塗装のペンキ(塗料)選びで欠かせない塗装業者選び

外壁塗装を成功させるためには、適切なペンキ(塗料)の選択だけでなく、信頼できる塗装業者を選ぶことが非常に重要です。

塗料の性能を最大限に引き出し、建物の美観と機能性を長期間保持するためには、専門的な知識と技術を持つ業者に依頼する必要があります。

ここでは、外壁塗装のペンキ選びにおいて欠かせない、塗装業者選びの重要性に焦点を当てます。

・外壁塗装は塗装業者選びが重要その理由

外壁塗装の成功は、選ぶ塗料の質だけでなく、その塗料を扱う塗装業者のスキルと経験に大きく依存します。

特に、高性能や特殊機能を持つ塗料を適切に使用するためには、塗装業者に高度な技術と深い知識が求められます。

塗料の種類によっては、その性質を最大限に引き出し、長期間にわたってその効果を維持するために、特別な施工方法や注意点が必要になる場合があります。

例えば、ナノテク塗料や光触媒塗料などの最新の高機能塗料は、特定の環境条件下でのみその性能を最大限に発揮します。

これらの塗料を適切に施工するには、塗料の化学的性質、適切な塗装条件、必要な下地処理など、専門的な知識が不可欠です。

しかし、経験の浅い塗装業者の場合、特定の塗料に対する深い知識や適切な施工経験が不足していることが多く、これが塗装工事の品質に直接影響を及ぼすリスクがあります。

不適切な下地処理や施工方法を用いた場合、塗料の性能が十分に発揮されず、塗装の耐久性や美観が損なわれる可能性が高まります。

さらに、塗料が持つ特性を理解していないと、環境条件による影響や、将来的なメンテナンスの必要性を見落としてしまうこともあります。

このようなリスクを避けるためには、塗装業者選びにおいて、以下の点を確認することが重要です。

①経験と実績

特定の塗料を用いた外壁塗装の経験が豊富で、成功したプロジェクトの実績を持つ業者を選ぶこと。

②知識と技術

最新の塗料に関する深い知識と、それを適切に施工する技術を持つ職人がいる業者を選ぶこと。

③相談と提案

顧客のニーズを理解し、塗料の特性に基づいた適切な提案ができる業者を選ぶこと。

塗装業者の選択においては、単に価格や対応の速さだけでなく、その業者が持つスキルや知識、経験を総合的に評価し、外壁塗装における長期的な成功を見据えた選択をすることが不可欠です。

適切な業者を選ぶことで、高性能な塗料の持つ可能性を最大限に引き出し、美観と機能性を長期にわたって保持することが可能になります。

・塗装業者選びのポイント

外壁塗装プロジェクトの成功は、適切な塗装業者の選択に大きく左右されます。

高品質な仕上がりを期待するならば、単に価格だけでなく、業者の技術力、信頼性、サービス品質を総合的に評価することが重要です。

①経験と実績

塗装業者の経験と過去の実績は、その業者が提供できるサービスの品質を示す重要な指標です。特に、選択しようとしている塗料に関する具体的な施工経験があるかどうかを確認することが重要です。

経験豊富な業者であればあるほど、さまざまな状況に対応する能力が高く、予期せぬ問題が発生した際の対処も適切に行える可能性が高まります。

②技術力と専門知識

外壁塗装は専門的な技術と知識を要する作業です。特に高機能塗料や特殊な塗装方法を適用する場合、塗装業者の技術力が最終的な仕上がりに直接影響します。

塗装業者が定期的に技術研修を受けているか、最新の塗装技術や塗料に関する知識を持っているかどうかを確認しましょう。

③見積もりの透明性

塗装工事の見積もりは、工事内容、使用する塗料の種類、必要な下地処理、工事の期間など、具体的で詳細なものであるべきです。

透明性の高い見積もりを提供する業者は、隠れた費用が発生しにくく、信頼性が高いと言えます。

④コミュニケーション

塗装プロジェクトは計画段階から完成に至るまで、業者との密接なコミュニケーションが必要です。

業者が顧客の要望を丁寧に聞き、適切なアドバイスや提案を行えるかどうかも重要な選択基準になります。

また、工事中も定期的に進捗報告や相談ができる体制が整っているかを確認しましょう。

⑤アフターサービス

塗装工事後のフォローアップや保証制度の有無も、業者選びの大切なポイントです。

工事完了後に問題が発生した場合の対応策や、保証期間内のサービス内容を明確にしておくことで、長期的な安心感を得ることができます。

まとめ~川崎市の外壁塗装・屋根塗装なら

この記事を通じて、外壁塗装で活用するペンキの種類と選び方、塗装業者選びの重要性について詳しく解説してきました。

外壁塗装におけるペンキの選択では、シリコン塗料、フッ素塗料、ラジカル塗料、光触媒塗料、ナノテク塗料、無機塗料など、各種塗料の特性を理解し、それぞれの建物や環境に最適な塗料を選ぶことが重要です。

また、塗装業者選びにおいては、業者の経験、技術力、見積もりの透明性、コミュニケーションの取りやすさ、アフターサービスの充実など、複数の要素を総合的に評価することが大切です。

塗料選びから業者選びに至るまで、外壁塗装には多くの選択肢があり、それぞれの選択が最終的な仕上がりと建物の将来に大きな影響を与えます。

適切な塗料と優れた施工技術を組み合わせることで、美観の向上はもちろん、建物を様々な環境から守り、長期間その価値を保つことができます。

川崎市の外壁塗装・屋根塗装なら、地元に密着し、実績豊富な塗装業者に相談しながら進めていくことをおすすめします。

「こんな相談しても嫌がられないかな?」

「まだやるか決めていないんだけれど…」

など、ご心配不要です。

「HPを見たのですが…」と、0120-711-056(年中無休7時〜19時)まで、お気軽にお電話下さい。

また、「相談したいけど対面は少し心配…。」といった方に向けて、LINEやzoomを使った外壁塗装の相談もお受けしております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

川崎市・横浜市(青葉区)を中心に神奈川県全域が施工エリアになります。お家の外壁塗装、屋根塗装は職人直営専門店の「池田塗装」にお任せください。

【本 店】TEL:0120-711-056
【青葉店】TEL:0120-824-852

本店:〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-2
アクセスはコチラ

青葉店:〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
アクセスはコチラ

【公式】YouTubeはコチラ
【公式】Instagramはコチラ

この記事の著者について

株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
2021年3月31日、はじめて執筆の書籍「リフォームで一番大切な外壁塗装で失敗しない方法」をクロスメディア・パブリッシングより出版。(各図書館に置かれています)

「初心忘るべからず」という言葉を胸に、毎日お客さまの信頼を得られるよう頑張っています。 世の中には不誠実な業者も多く、リフォームで後悔する人が後を絶ちません。
一人でもそういう方がいなくなり、私たちが地元の皆さまに貢献できればと思っています。川崎市・横浜市にお住まいで、外壁塗装についてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。(会社概要・本店について青葉店はこちら)

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ279件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 279 reviews

  • Avatar

    Y NOZAWA
    ★★★★★
    3 か月前

    屋根塗装と外壁塗装をお願いしました。
    とても満足です。
    こちらの会社の決め手としては、地域に根付いていて元々知っていましたが、他の会社とは違って無理な勧誘もなく、見積もりの時点で他の会社とは違う誠意ある対応でしたのでお願いしました。
    営業の方も工事の方も皆とても丁寧で気持ちの良い対応をしていただき、仕事もとても丁寧で説明やアドバイスも分かりやすかったです。
    … (続き)
    仕上がりも、すごく綺麗で周りから新築みたいだと言ってもらう程です。
    今後も何かあれば相談してフォローしていってもらいたいと思う会社でお勧めです。
  • Avatar

    A N
    ★★★★★
    5 か月前

    築後43年、屋根、外壁塗装工事でお世話になりました。 営業の方より見積書の御説明を伺う中で、わかりやすい内容と同時にきれいにしていただける自信と信頼を感じました。
    施工期間中、工事担当者さん、営業の方が何度も確認に来られ、その度に状況説明もありました。 各職人の方々からも工程をお知らせ下さり、安心出来ました。
    おかげ様にて、我が家は生まれ変わりました。
    … (続き)
    家にも魂があり、きっと喜んでいると思います。
    以前は帰宅する際、すぐに室内に入っておりました。今は我が家の姿をじっくりと眺め、きれいになった玄関扉を眺めてから、入る様になりました。
    この度は誠にありがとうございました。
  • Avatar

    浜田太
    ★★★★★
    5 か月前

    今回2回目の外壁、屋根塗装を施工するにあたり、川崎市内の様々なリフォーム及び塗装関係の業者さんをネットで探していたところ、池田塗装さんに出会いました。営業の方からドローンで屋根の写真や外壁について丁寧に細かくわかりやすく説明をして頂き、池田塗装さんを選んでみようと思いました。工事が始まり職人(スドウ)さんの技術は、もちろんのこと仕事も丁寧で毎日その日の作業内 … (続き)容の説明があり、帰りには、写真で説明をしてくださる日もありました。足場を外して外観を見た時は、大変感動いたしました。屋根、外壁、雨戸、戸袋、雨樋、エアコン冷媒管のテープ貼りまで新築同様な仕上がりに夫婦揃って大満足いたしました。本当にありがとうございました♪

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 青葉店

クチコミ54件

株式会社池田塗装 青葉店

横浜市青葉区荏田西1丁目1−10

4.9 54 reviews

  • Avatar

    川口隆
    ★★★★★
    3 months ago

    我が家の外壁塗装は今回で2回目です。1回目は13年前でしたが、塗装後
    2年後くらいから汚れが目立ち始めましたので今回は慎重に塗装会社の選定を進めました。昨年の6月から見積もりを取り始め、最終的に7社になりました。その中で池田塗装さんと今年1月に契約、5月に施工完成に至りました。池田塗装さんにお願いした理由は4つあります。
    … (続き)
    第1に図面を含め内容明細書がわかりやすかった事
    第2に自社雇用の職人さんから施工いただける事
    第3に価格が安い事
    第4に工事後の保証がしっかりしてる事
    工事については3人のチームワークが素晴らしくこちらからの不安、質問に納得のいく丁寧な説明をしていただき、塗装の変更等にも迅速に対応していただきました。ありがとうございました。技術面はもとより3人の方の人柄にも触れさせていただき大変満足しています。次回塗装の機会がありましたら田中さん、高野さん、新入社員の方(名前がわからずすみません)にお願いしたいと思います。
  • Avatar

    Takahiko Sakata
    ★★★★★
    4 months ago

    初めて外壁塗装をしましたが、こちらの口コミをみて高評価だったので今回まずご相談させて頂きました。見積もりの時点から感じもよくわかりやすい見積もりで、実際職人さんが丁寧にやっていただき大変満足しています。次回、外壁塗装や屋根修繕がありましたらまた利用させていただきたいと思いました。
  • Avatar

    Min Nishi
    ★★★★★
    a month ago

    屋根にガタがきて、事前確認の際にはその場で仮止めしてくれて、後日しっかり対応していただきました。ついでに外壁のシーリングもお願い。写真も残してくれ説明もメールで丁寧に。近所なのでなお安心。何かあればリピートすると思います。

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

弊社では無料やり直し保証、施工後の最短5年最長16年などの補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)



▲TOPに戻る
YOUTUBE動画
カラーシミュレーション
お見積り・お問い合わせお問い合せ