屋根塗装の色選び~メリット・デメリットから色選びのポイントを徹底解説 - 川崎の外壁塗装・屋根塗装などなら「池田塗装」
川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

屋根塗装の色選び~メリット・デメリットから色選びのポイントを徹底解説

屋根塗装を検討している方の中には、色選びを迷っている方も多いのではないでしょうか。

かつて瓦屋根が主流だった時代は、黒色が当たり前でしたが、近年においてはさまざまな色で塗装されている屋根を見かけるようになりました。

もちろん外観イメージも大切ですが、そのほかにも色の持つメリット・デメリットを知っておくことも大事です。

そこでここでは、屋根塗装の色選びについてについて、色の特徴やメリット・デメリットなどの情報を踏まえて、プロの塗装業者が徹底解説していきましょう。

屋根塗装の色選び~メリット・デメリットから色選びのポイントを徹底解説

屋根塗装の色は、かつてブラックやダークブラウンといった暗い色や濃い色の採用が多かったのですが、現在は外観イメージや室内の快適性も踏まえて、ホワイト系やライトカラーが増えています。

暗い色や濃い色は、重厚感や高級感があり、外壁の色に組み合わせやすいといったメリットがあるものの、汚れや色あせが目立ち、熱を吸収して室内の快適性が損なわれることがあるからです。

そこでここでは、屋根塗装の色選びについて、メリットでメリットの観点から色選びのポイントについてご紹介していきます。

・屋根塗装に暗い色や濃い色の採用が多い理由

屋根塗装の色選びにおいて、ブラック系やダークブラウン系など暗めや濃い色が選ばれる理由として、以下の要素が大きく関わっています。

  • バランスが取りやすい
  • どんな色とも合わせやすい
  • 高級感や重厚感を生み出す

薄く明るい色が多い外壁の場合、屋根が暗めや濃い色だと、全体のバランスが取りやすくなります。

また、どんな色とも合わせやすいので、外壁の色を変更したとしても、屋根の色を合わせる必要がありません。

さらに、暗めや濃い色には高級感や重厚感を与える効果があるため、よりおしゃれな外観に仕上げることができます。

■バランスの取りやすさ

暗めや濃い色の屋根は、明るい色の外壁とのバランスを取りやすい特徴を持っています。

特に、屋根は建物全体のなかで最も目立つ部分の一つであり、明るい色の壁とのコントラストにより建物全体に深みとメリハリをもたらします。

これは視覚的なバランスを作り出し、全体的な外観を一層引き立てることができるのです。

■どんな色とも合わせやすい

暗い色はほとんどの色と合わせやすいという特性があります。

これは暗い色が他の色の影響を受けにくいためで、これにより屋根の色を変更することなく外壁の色を自由に変えることが可能になります。

■高級感や重厚感

暗めや濃い色は高級感や重厚感を生み出すことがあります。

黒やダークブラウンなどの色は特にそれらの特性を持つとされており、それが建物全体の外観に上質さと存在感を加えます。

これらの理由から、屋根塗装に暗い色や濃い色が多く選ばれますが、色あせや汚れが目立ちやすいというデメリットもあります。そのため、定期的に塗り替えを行う必要があります。

最終的な色選びは建物のスタイル、周囲の環境、地域の気候、さらには個人の好みなど、多くの要素を考慮に入れて行うと良いでしょう。

・屋根は色あせや汚れが目立ちやすい?

屋根塗装の色選びにおいて、暗めの色や濃い色を選ぶと塗料が劣化した際に、色あせや汚れが目立ってしまうリスクがあります。

そのため、屋根塗装の色選びにおいては、美観だけでなく、その色が劣化したときの影響や塗り替えの必要性、そして塗料の機能性などを考慮することが重要です。

暗めの色や濃い色の塗料が劣化すると、色あせや汚れが目立つ可能性があります。

これは暗めの色が光を吸収するため、紫外線によって劣化し、色あせが発生しやすいためです。また、汚れも目立ちやすくなります。

ただ、どの色を選んでも屋根塗装は一定の頻度で必要となります。

これは塗装が雨風や紫外線などの自然環境から建物を保護する役割を果たすためです。したがって、適切な塗装の頻度を守ることで、色あせや汚れを最小限に抑えることができます。

また、色選びにおいては美観性だけでなく、汚れが付きにくい防汚性や断熱性に優れているなどの機能性にも注目することが重要です。

たとえば、親水機能など防汚性能に優れている塗料を使用することで、屋根の汚れを効果的に除去し、長い間、汚れから屋根を守ることができます。

機能性を考慮に入れて塗料選びをしておくと、色選びだけでなく建物全体の保護と維持にも影響を与えることができるのです。

・ブラウン系やグレー系の屋根塗装が増えている

屋根の色は、かつてはブラックやダークブラウンなど濃い色が多くありましたが、近年ではグレーや明るめのブラウンが多くなっています。

これは、汚れが目立ちにくい、遮熱性が高く熱が蓄積しにくい、外壁とのバランスがとりやすいなどの理由が挙げられます。

■汚れが目立ちにくい

黒は汚れが特に目立ちやすい色です。これに対し、グレーやブラウンは黒ほど汚れが目立たないため、屋根の長期的な美観を保ちやすいという利点があります。

特に、地域や環境によっては風雨や紫外線、樹液や鳥のフンなどによる汚れが避けられない場合もありますので、汚れが目立ちにくい色の選択は重要となります。

■熱が蓄積しにくい

黒は光を全て吸収する性質があり、したがって熱を蓄積しやすい色です。

これに対し、グレーやブラウンは黒ほど熱を吸収しないため、屋根の下の空間(特に屋根裏)が過熱するのを防ぐことができます。

これは特に夏場における屋内の温度管理に対する影響が大きく、エネルギー効率や住宅の快適さに寄与します。

■外壁とのバランスがとりやすい

グレーやブラウンは中間的な色合いで、多くの外壁色と調和しやすい特徴を持っています。

人気の外壁色である、ベージュやクリーム、ホワイトなどといった色ともマッチします。

これにより、家全体の外観が一体感を持ち、美観性が高まります。

これらの理由から、現代の屋根塗装ではブラックやダークブラウンなど濃い色だけでなく、グレーやブラウンなどもよく選ばれるようになりました。

・室内を快適にしたいなら白系・淡彩色を

屋根塗装で室内を快適にしたいために、遮熱塗料や断熱塗料の利用を検討している方も多いのではないでしょうか。

遮熱塗料は、太陽の熱を反射する塗料で、断熱塗料は、屋根からの熱の伝わりを防ぐ塗料です。どちらの塗料も、室内温度の上昇を抑え、快適な室内環境を保つのに効果的です。

ただ、遮熱塗料や断熱塗料を選ぶのであれば、色も重要なポイントとなります。

色によって、日射反射率が異なるからです。日射反射率が高い色は、太陽の熱を反射しやすく、室内温度の上昇を抑えるのに効果的です。

黒や濃い色の塗料は日射を吸収しやすく、これが屋根や建物全体の熱を増加させ、結果的に室内の温度も上昇させてしまいます。

それに対して、白や淡色系の塗料は、日射の大部分を反射し、屋根や建物が吸収する熱を最小限に抑えます。

淡彩色とは、薄い色のことを指しています。薄い色は、濃い色よりも太陽の熱を反射しやすいです。これにより、室内温度の上昇を防ぎ、夏場でも室内を涼しく保つことが可能になります。

例えば、遮熱塗料であっても、ブラック系の色であれば、日射反射率は30%程度であるものの、ホワイト系であれば90%を超えるものもあります。

屋根に太陽熱が蓄積されにくくなれば、それだけ室内環境も維持しやすくなり、エアコン効率も良くなるのは間違いありません。

そのため、白系・淡彩色の屋根塗装を選ぶことで、季節を問わず室内の温度調整がしやすくなり、快適な生活環境を実現することが可能になるのです。

屋根塗装の色選びに迷ったときに知っておきたい5つのポイント

屋根塗装の色選びに迷った際には、

  • 人気の色
  • 汚れが目立たない色
  • 外壁との相性の良い色
  • 遮熱性の高い色
  • 周辺環境に馴染む色

といった5つのポイントを知っておくといいでしょう。

ここでは順番にどのような特徴があるのかご紹介していきましょう。

・人気の色

  • グレー系(ライトグレー・ダークグレー・シルバー)
  • ブラウン系(チョコブラウン・ダークブラウン)

屋根塗装の色選びにおいて、現在のトレンドから選ぶことはひとつの方法になります。

かつては、暗い色や濃い色の採用が多かったのですが、近年増えている色にグレー系(ライト・グレーダークグレー)、ブラウン系(チョコブラウン・ダークブラウン)があります。

特に、新築の住宅を見れば、これらの色が多いことがよくわかるのではないでしょうか。

グレー系は、近年において増えている傾向にあります。

暗い色や濃い色はどうしても熱を吸収しやすく、室内の快適性が損なわれてしまいますが、ライトグレーのように、淡い色であれば熱を吸収しにくい傾向があります。

さらに、汚れが目立ちにくい、外壁との色とも組み合わせやすいと言った理由で、採用されやすくなっています。

ブラウン系は、以前から採用の多い色ではありますが、ダークブラウンのように濃い色だけではなく、チョコブラウンのように明るい色も採用されるようになりました。

外壁色で人気のあるベージュ系やクリーム系などと合いやすいために、数多く採用されている色になっています。

・汚れが目立たない色

  • ブラウン系
  • グレー系

綺麗に屋根塗装するのであれば、できる限り長い期間、美観を維持したいと考えるのは当然のことでしょう。

屋根は雨が降り注ぎ、砂埃や排気ガスなどの影響を受けやすい箇所であるために、どうしても少しずつ汚れが目立つようになってきます。

しかし、ブラウン系やグレー系は、このような汚れと同系色であるため、付着しても悪目立ちしない特徴を持っているのです。

また色選びの際には、汚れが目立つ色も知っておくといいでしょう。

汚れが目立つ色として、

  • 原色(レッド、ブルー、イエローなど)
  • ブラック系
  • ホワイト系

があります。

原色を活用すると、鮮やかであるがゆえに、経年劣化してしまうと色あせが目立つようになってしまう傾向にあります。

ただ、近年においては単なる原色ではなく、モスグリーンやピンクブラウンなど、おしゃれなカラーを採用するケースが増えています。

ブラック系やホワイト系は、汚れが付着してしまうと目立ちやすい傾向にありますが、防汚性や防カビ性などといった、汚れがつきにくい機能に着目するのも一つの方法です。

・外壁との相性の良い色

  • ブラック系
  • ブラウン系
  • グレー系

かつての屋根塗装において、採用されるケースが多かったブラック系やブラウン系は、外壁との相性の良い色であると言えます。

ブラック系であれば、どのような色とも合わせやすい特徴を持っていますし、ブラウン系であれば高級感や重厚感を引き出すことができます。

グレー系であれば、スタイリッシュな外観イメージに仕上げることができますので、近年において採用されるケースが増えています。

・遮熱性の高い色

  • ホワイト系
  • ライトカラー(ライトグレーなど)

屋根塗装においては、遮熱塗料が採用されるケースが増えていますが、その際に選ばれる色としてホワイト系やライトグレーが多くなっています。

上記において、日光反射率についてご紹介しましたが、日光反射率は白に近づけば近づくほど高くなる傾向にあります。

遮熱塗料を採用しているとしても、ブラック系であれば30%程度、ホワイト系であれば90%を超えるようなものもあります。

日光反射率が高くなれば、屋根の表面温度を抑えることができますので、夏場においても室内を快適に維持することができます。

エアコン効率も高くなりますので、省エネ効果を発揮することもできるでしょう。

・周辺環境に馴染む色

5番目に紹介するポイントとして、周辺環境に馴染む色を選ぶことが大切です。

こだわりのある外観イメージをお考えの方は多いですが、あまりにもデザインになってしまうと、近隣から浮いてしまう可能性があります。

近隣との関係性を維持するためにも、色に配慮することも大切な考え方になります。

まとめ

屋根塗装の色選びについて、色の持つ特徴やメリット・デメリット、色選びのポイントなどの情報を踏まえて、詳しくご紹介しました。

かつては、主に濃い色や暗い色が多かったのですが、近年においてはホワイト系やライトグレーなど、明るい色も多く採用されるようになりました。

色選びのポイントとして、

  • 人気の色
  • 汚れが目立たない色
  • 外壁との相性の良い色
  • 遮熱性の高い色
  • 周辺環境に馴染む色

といった観点から、ご家庭にあったものから選ぶようにすると良いでしょう。

また、塗装業者に相談し、近隣と調和する色を提案してもらうことや、遮熱性や防汚性、防カビ性などといった機能性の高い塗料を紹介してもらうことが大事です。

「こんな相談しても嫌がられないかな?」

「まだやるか決めていないんだけれど…」

など、ご心配不要です。

「HPを見たのですが…」と、0120-711-056(年中無休7時〜19時)まで、お気軽にお電話下さい。

また、「相談したいけど対面は少し心配…。」といった方に向けて、LINEやzoomを使った外壁塗装の相談もお受けしております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

川崎市・横浜市(青葉区)を中心に神奈川県全域が施工エリアになります。お家の外壁塗装、屋根塗装は職人直営専門店の「池田塗装」にお任せください。

【本 店】TEL:0120-711-056
【青葉店】TEL:0120-824-852

本店:〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-2
アクセスはコチラ

青葉店:〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
アクセスはコチラ

【公式】YouTubeはコチラ
【公式】Instagramはコチラ
【公式】Facebookはコチラ

この記事の著者について

株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
2021年3月31日、はじめて執筆の書籍「リフォームで一番大切な外壁塗装で失敗しない方法」をクロスメディア・パブリッシングより出版。(各図書館に置かれています)

「初心忘るべからず」という言葉を胸に、毎日お客さまの信頼を得られるよう頑張っています。 世の中には不誠実な業者も多く、リフォームで後悔する人が後を絶ちません。
一人でもそういう方がいなくなり、私たちが地元の皆さまに貢献できればと思っています。川崎市・横浜市にお住まいで、外壁塗装についてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。(会社概要・本店について青葉店はこちら)

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ282件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 282 reviews

  • Avatar

    けんじ
    ★★★★
    1 週間前

    築12年の家の外壁と屋根の塗装をお願いしました。
    アステックペイントのリファイン1000MSという高性能塗料で
    きれいに仕上がり、出来上がりは満足しています。近所の方からもきれいになったと言われています。
    見積時からいろいろ質問しましたが、丁寧に説明していただきました。
    少し残念な点は
    (1)価格
    ・建てたハウスメーカーの保守部署の見積よりは10%程安かった
    … (続き)
    ただし同時期に横浜にある実家の塗装の見積を他社にお願いしたところ、中塗り、上塗りの単価が池田さんの5割近く安く出てきたことにびっくりしました。
    塗料がシリコンREVO1000やダイナミックトップというもので、同製品ではなく会社の規模も違いますが、契約前に見ていたら心動かされたかも。。。
    足場や付帯部分の単価は同じ程度であり、塗りが倍近く丁寧なんだろうと思うことにしました。
    (2)施工に入ってからの連絡
    10年ほど前に実家の塗装をした際に、その時の業者が
    ・工程表を提示し、どの作業をどのくらいの期間でやるかの説明があった。
    ・日々の作業報告書(B6用紙に数行ですが)を渡してくれた。
    ・作業完了後、作業中の写真や、作業前後の状態の写真を報告書としてくれた。
    ということをしてくれましたが、池田塗装さんは上記は無しでした。
    職人さんに聞くと今どんなことをやっているかは教えてくれましたし、作業報告者や写真は数年後にはいらなくなるとは思いますが屋根は普段見えないので、満足感は上がりますね。
    まあこれをやると手間が増えるので、価格が上がるなら無くても我慢できるレベル。
    ・あと、作業に入ったところでベランダ防水工事が問題ありと連絡いただきましたが、そのあとどうするか2週間以上連絡なく、作業完了の報告で結局やりませんでしたと費用を値引いて出てきたのは、少しモヤッとしました。
    多少の残念なところはありましたが、概ね満足しており、15年間は汚れが付かず頑張ってくれると期待も込めて星4とします。
  • Avatar

    Y NOZAWA
    ★★★★★
    4 か月前

    屋根塗装と外壁塗装をお願いしました。
    とても満足です。
    こちらの会社の決め手としては、地域に根付いていて元々知っていましたが、他の会社とは違って無理な勧誘もなく、見積もりの時点で他の会社とは違う誠意ある対応でしたのでお願いしました。
    営業の方も工事の方も皆とても丁寧で気持ちの良い対応をしていただき、仕事もとても丁寧で説明やアドバイスも分かりやすかったです。
    … (続き)
    仕上がりも、すごく綺麗で周りから新築みたいだと言ってもらう程です。
    今後も何かあれば相談してフォローしていってもらいたいと思う会社でお勧めです。
  • Avatar

    浜田太
    ★★★★★
    5 か月前

    今回2回目の外壁、屋根塗装を施工するにあたり、川崎市内の様々なリフォーム及び塗装関係の業者さんをネットで探していたところ、池田塗装さんに出会いました。営業の方からドローンで屋根の写真や外壁について丁寧に細かくわかりやすく説明をして頂き、池田塗装さんを選んでみようと思いました。工事が始まり職人(スドウ)さんの技術は、もちろんのこと仕事も丁寧で毎日その日の作業内 … (続き)容の説明があり、帰りには、写真で説明をしてくださる日もありました。足場を外して外観を見た時は、大変感動いたしました。屋根、外壁、雨戸、戸袋、雨樋、エアコン冷媒管のテープ貼りまで新築同様な仕上がりに夫婦揃って大満足いたしました。本当にありがとうございました♪

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 青葉店

クチコミ54件

株式会社池田塗装 青葉店

横浜市青葉区荏田西1丁目1−10

4.9 54 reviews

  • Avatar

    川口隆
    ★★★★★
    3 months ago

    我が家の外壁塗装は今回で2回目です。1回目は13年前でしたが、塗装後
    2年後くらいから汚れが目立ち始めましたので今回は慎重に塗装会社の選定を進めました。昨年の6月から見積もりを取り始め、最終的に7社になりました。その中で池田塗装さんと今年1月に契約、5月に施工完成に至りました。池田塗装さんにお願いした理由は4つあります。
    … (続き)
    第1に図面を含め内容明細書がわかりやすかった事
    第2に自社雇用の職人さんから施工いただける事
    第3に価格が安い事
    第4に工事後の保証がしっかりしてる事
    工事については3人のチームワークが素晴らしくこちらからの不安、質問に納得のいく丁寧な説明をしていただき、塗装の変更等にも迅速に対応していただきました。ありがとうございました。技術面はもとより3人の方の人柄にも触れさせていただき大変満足しています。次回塗装の機会がありましたら田中さん、高野さん、新入社員の方(名前がわからずすみません)にお願いしたいと思います。
  • Avatar

    Takahiko Sakata
    ★★★★★
    4 months ago

    初めて外壁塗装をしましたが、こちらの口コミをみて高評価だったので今回まずご相談させて頂きました。見積もりの時点から感じもよくわかりやすい見積もりで、実際職人さんが丁寧にやっていただき大変満足しています。次回、外壁塗装や屋根修繕がありましたらまた利用させていただきたいと思いました。
  • Avatar

    Min Nishi
    ★★★★★
    a month ago

    屋根にガタがきて、事前確認の際にはその場で仮止めしてくれて、後日しっかり対応していただきました。ついでに外壁のシーリングもお願い。写真も残してくれ説明もメールで丁寧に。近所なのでなお安心。何かあればリピートすると思います。

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

弊社では無料やり直し保証、施工後の最短5年最長16年などの補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)



▲TOPに戻る
YOUTUBE動画
カラーシミュレーション
お見積り・お問い合わせお問い合せ