川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

防水工事の種類と特徴、メリット・デメリット、メンテナンス時期について徹底解説

住宅は雨漏りをするようになると、美観を損なうだけではなく、たちまち住宅内部を腐食させ、耐震性にまで悪影響を及ぼすようなこともあります。

そのために必要な『防水工事』。

ただし、防水工事と言ってもさまざまな種類があり、それぞれに適した特徴があるのです。

そこでここでは、防水工事に着目して、どのような特徴があるのか、メリット・デメリットなど、プロの塗装業者が徹底解説していきましょう。

防水工事の種類

  • ウレタン防水
  • FRP防水
  • 塩ビシート防水

防水工事にはさまざまな種類がありますが、その中でも基本的なものに上記3種類があります。

戸建て住宅の場合、屋根で雨から住宅を守るように出来ていて、瓦やスレートなどによって雨水に侵入を防いでいます。

しかし、バルコニーやベランダなどは、屋根のように傾斜がありませんし、また建物によって屋上においても雨の影響をまともに受けてしまうことになります。

そのため、防水工事が必要となるのです。

「どの防水工事がいいの?」とご質問を受けるようなことがありますが、事前に建物全体を調査したうえで、適切な防水を施すことになります。

例えば、ベランダなどの狭い場所であればFRP防水が向いていますし、屋上やバルコニー、外壁などの段差や複雑な形状はあるような場所であればウレタン防水が向いています。

また、外壁の窓周りやサイディングボード繋ぎ目であるコーキング材の打ち直しも防水工事のひとつです。

さらに、すでに雨漏りしている場合の工事と、雨漏りしないように予防する工事とでは、工事の種類や工法も異なることになります。

そのようなことから、それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握しておくことは、これから防水工事に取り組む方にとってはとても大切です。

ウレタン防水の特徴やメリット・デメリット

『ウレタン防水』とは、低コストでありながら耐久性が高く、さらにさまざまな状況によっても活用できる高い利便性を持っていることから、数多く採用されている防水工事です。

マンションの屋上など、平らな場所でよく行われており、ウレタン樹脂を人の手で重ね塗っていくことによって防水層を形成し、雨水の侵入を防ぐことができます。

どのような防水工事なのか、特徴やメリット・デメリットについてお伝えしましょう。

・ウレタン防水の特徴

  • 密着工法
  • 通気緩衡工法

ウレタン防水はさまざまな工法がありますが、その中でも「密着工法」「通気緩衡工法」が主に活用されています。

「密着工法」とは、下地にウレタン樹脂を直接塗り、補強布を貼り付けた上からさらにウレタン樹脂を塗り重ね、再度に上塗り材で仕上げていく工法のことを指しています。

もう一つご紹介する、通気緩衝工法に比べて工程数が少ないため工期が比較的短くでき、工事費用を安く抑えられます。

下地の影響を受けやすい工法で、水分を含んでしまうとひび割れや膨れなどが発生してしまうことから、水分を含まないように十分に乾燥させておく必要があります。

主に、戸建て住宅のベランダ床や狭い場所への防水に適しています。

「通気緩衡工法」とは、通気緩衡シートと呼ばれる裏に溝があるシートを貼り付け、その上からウレタン樹脂を塗り重ねていく工法です。

下地に水が含んでいても可能な工法であり、雨漏りによって水が含んでいる下地に対しても、シートの溝から通気して脱気筒によって外部に逃がすことができます。

経年によって下地に雨水など水分を含んでしまうと、天気の良い日には湿気は外に逃げようとして、密着工法であれば膨れの症状が発生してしまうことがあります。

そのため、築年数の古い建物やマンションの屋上、ルーフバルコニーなど、面積が広い箇所にはおすすめの工法と言えます。

・ウレタン防水のメリット・デメリットや費用相場

■メリット

  • さまざまな場所に施工可能
  • メンテナンスは重ね塗りするだけ
  • 低コスト

■デメリット

  • 仕上がりは手作業する職人の腕にかかっている
  • 乾燥して硬化するまで時間がかかる

ウレタン防水は、ウレタン樹脂を塗り重ねることによって防水層を形成できるので、塗料が塗れるような場所ならさまざま活用できます。

塗料ですので継ぎ目はなく、しかもメンテナンスもそのまま塗り重ねていくだけですから、手間を省くことができます。

さらに、密着工法なら約3,500/㎡~、通気緩衝工法なら約5,000円/㎡~と安価で取り組めるのも大きなメリットでしょう。

その反面でデメリットは、職人が手作業でウレタン樹脂を塗り込んでいくために、仕上がりの見た目の良さは職人の腕次第と言えます。

そのため、熟練の職人を選んでおく必要があるでしょう。

さらに、ウレタン樹脂が乾燥して硬化するまでには4~5日程度が必要で、ほかの施工法よりも長くなってしまう可能性があります。

・ウレタン防水のメンテナンス時期

ウレタン防水をしてから、5年以上が経過しているのであれば、必要なメンテナンスを検討するようにしましょう。

仮に雨漏りをしていないとしても、防水層を覆っているトップコートは5年程度で劣化し、10年が経過する頃には、ウレタン防水自体も劣化が生じます。

屋上やベランダ、バルコニーなど目視ができる箇所については定期的に症状を観察するようにして、次のような症状が起きていないか注意が必要です。

  • 色あせ
  • ひび割れ
  • コケや藻の発生
  • 防水層の膨れ
  • 雨漏り

特に「防水層の膨れ」や「雨漏り」は深刻ですので、すぐに業者に点検してもらうことをおすすめします。

FRP防水の特徴やメリット・デメリット

 

「FRP」とは繊維強化プラスチックのことで、軽量かつ、優れた強度や耐水性、成形性などを持ち合わせた特性を活かして、防水に応用したものが『FRP防水』です。

そのため、住宅の防水だけではなく、自動車や船舶、ロケットなどにも活用されています。

どのような防水工事なのか、特徴やメリット・デメリットについてお伝えしましょう。

・FRP防水の特徴

FRP防水は、不飽和ポリエステル樹脂と硬化剤を混合させ、さらに補強としてガラス繊維を混ぜたもので防水層を形成する施工法のことを言います。

FRPのシートを敷いたうえに混合させた樹脂を塗り込んで硬化させ、さらに紫外線からの保護のためにトップコートと呼ばれる塗料を塗り重ねていきます。

仕上がって防水層は繋ぎ目がないのが特徴で、樹脂の硬化がとても早いために、塗り重ねていくとしても短期間に十分乾燥させることが可能です。

・FRP防水のメリット・デメリットや費用相場

■FRP防水のメリット

  • とても軽い割に耐荷重や耐摩擦に優れている
  • 防水性に優れている
  • 塗膜の乾燥が早いため工期が短くて済む

■FRP防水のデメリット

  • 施工やメンテナンス費用が高め
  • 広い床面には適していない

FRP防水で活用されている素材は『繊維強化プラスチック』と呼ばれるもので、軽量ではありますが、高い強度や耐荷重、耐摩擦、耐水性、耐候性、耐熱性などに優れています。

外壁や屋根、屋上、ベランダなど住宅に関するものだけではなく、船舶や自動車、ロケットに至るまで、高い防水性を求められるシーンで活用されています。

塗膜の乾燥を待たずに、次の工程に移れることも大きなメリットで、何層か塗り重ねたとしても1~2日程度で防水工事自体は完了してしまいます。

ただ、優れた素材であるが故に、施工やメンテナンス費用は高めであることが知られており、約8,500/㎡~が相場となっています。

また、仕上がった防水層はとても硬く、伸縮性が少ないために、広い面積に施工してしまうと、熱や湿度の影響を受けてひび割れしてしまう可能性があります。

そのため、木造住宅の新築時には採用されるケースが多いものの、改修時にはあまり提案されることがありません。

・FRP防水のメンテナンス時期

FRP防水は紫外線の影響を受けやすく、日当たりの良いバルコニーなどでは、おおむね10年から15年程度でメンテナンスが必要であると言われます。

劣化が生じると、次のような症状が現れます。

  • 塗膜の剥がれ
  • 塗膜の摩耗
  • 下地の露出

FRP防水は劣化しないようにトップコートを塗装されていますが、塗膜が劣化すると下地のFRPが露出してしまうようになります。

よくみられるのは塗膜の剥がれや、摩耗によって下地が露出してしまうケースです。

また、剥がれや摩耗がないとしても、10年程度が経過するとトップコート全体の劣化によって、少しずつ下地が見えてくるようになります。

そのまま放置していると、劣化がさらに進行して、雨漏りを引き起こしてしまいますので、早めに業者に相談するようにしましょう。

塩ビシート防水の特徴やメリット・デメリット

塩ビシート防水とは、塩化ビニル樹脂系のシートを溶着させる防水工事であり、日光や紫外線、オゾンなどに対して優れた耐久性を持っています。

ほかの防水加工でみられるトップコートの塗装は原則不要となり、低コストで抑えられることから主流となっている防水工事です。

どのような防水工事なのか、特徴やメリット・デメリットについてお伝えしましょう。

・塩ビシート防水の特徴

  • 密着工法(接着工法)
  • 機械式固定法

塩ビシート防水の施工法には上記2種類の方法があります。

『密着工法(接着工法)』は、下地とシートの裏側に接着剤を用いて貼り付けていく施工法です。

強度に優れていますが、通気性がないために下地の状態に影響を受けやすいために、注意して施工しなければなりません。

『機械式固定法』は、固定ディスクによって防水シートと下地を接合させる施工法です。

接着剤を用いないことが特徴で、有害物質を気にする必要がなく、また、下地の影響を受けにくいために、長期間、安定した状態を保つことが可能です。

・塩ビシート防水のメリット・デメリットや費用相場

■塩ビシート防水のメリット

  • 高い耐久性
  • 低コスト
  • 短期間での工事が可能

■塩ビシート防水のデメリット

  • 複雑な形状には対応が難しい
  • 塩ビシートは外部からの損傷に弱い

塩ビシート防水は耐久性がとても長く、目安として15年~20年程度、ウレタン防水よりも長持ちすることが知られています。

紫外線や熱、摩耗に対して耐性があり、上を歩行することも可能です。

塩ビシートを貼り付けていく工法であり、既存の防水層のメンテナンスでは、そのまま塩ビシートを被せて使用することもできることから、コスパに優れていると言えるでしょう。

費用の目安として、3,500円〜/㎡となっています。

また、工期は短期間で済むことから、負担も最小限に抑えることが可能です。

ただ、下地表面に凸凹があっても均一に仕上げることができるものの、複雑な形状には対応できない可能性があります。

さらに、上から歩行することは可能であるものの、外部からの損傷には強いとは言えず、施工後の管理が必要になります。

・塩ビシート防水のメンテナンス時期

塩ビシート防水は耐用年数が長く、紫外線や熱などには高い耐久性を持っていますが、10年を超える頃から劣化が生じるようになります。

特に、塩ビニルに添加されている可塑剤が気化してしまい、柔軟性を失うことによってひび割れや剥がれなどが生じるようになってしまいます。

可塑剤とはゴムなどにも含まれているもので、柔軟性を持たせるために含まれているものですが、劣化が生じると弾力性がなくなってしまうのです。

そのため、10年が経過する頃にはこまめに点検するようにして、劣化を感じたら早めに業者に相談することをおすすめします。

どの防水工事が適してるの?防水工事で迷ったときには

冒頭からお伝えしている通り、防水工事にはさまざまな種類があり、それぞれにメリットだけではなくデメリットも存在します。

そのため、建物の状況に適した防水工事を選択することがとても大切なのです。

防水工事で迷ったときには、地元に密着して実績を積み重ねてきた業者に依頼するようにしましょう。

中には、防水工事の知識がないことや、悪質なケースでは手抜き工事を行う業者も存在します。特にアポなし訪問してくる業者には注意が必要です。

さまざまな視点からアドバイスや提案をしてくれる専門業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

防水工事について、その種類や特徴、メリット・デメリット、メンテナンスが必要なケースなどをまとめてご紹介しました。

防水工事は戸建て住宅やマンションだけではなく、さまざまな建物にとってなくてはならない重要な工事であると言えます。

時代と共に施工法をはじめ、材料や素材なども進化を遂げたため、建物の状態に合わせた施工法を選択することができるようになっています。

ただ、どの施工法が適しているかについては、実績豊富な地元業者に相談しながら進めていくことをおすすめします。

地元に密着し、実績豊富な屋根塗装業者を選ぶといいでしょう。

「こんな相談しても嫌がられないかな?」

「まだやるか決めていないんだけれど…」

など、ご心配不要です。

「HPを見たのですが…」と、0120-711-056(年中無休7時〜19時)まで、お気軽にお電話下さい。

また、「相談したいけど対面は少し心配…。」といった方に向けて、LINEやzoomを使った外壁塗装の相談もお受けしております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

川崎市・横浜市(青葉区)を中心に神奈川県全域が施工エリアになります。お家の外壁塗装、屋根塗装は職人直営専門店の「池田塗装」にお任せください。

【本 店】TEL:0120-711-056
【青葉店】TEL:0120-824-852

本店:〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-2
アクセスはコチラ

青葉店:〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-1-10
アクセスはコチラ

【公式】YouTubeはコチラ
【公式】Instagramはコチラ
【公式】Facebookはコチラ

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ161件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 161 reviews

  • Avatar

    ken kenji
    ★★★★★
    4 か月前

    外壁塗装と屋根カバー工法の工事を依頼しました。担当者も工事の職人さんも丁寧な説明と工事で安心して任せる事が出来ました。
    塗装もイメージ通りに仕上がり、凄く綺麗で明るく、とても嬉しい気持ちになりました!!暑い時期の工事で大変だったと思いますが、一生懸命作業して下さりありがとうございました。
  • Avatar

    関口智昭
    ★★★★★
    2 週間前

    築年数が15年を経過し、塗装業者を色々と探していたところ、地元に密着し、自社の職人さんが施工していただける池田塗装さんに出会い、屋根と外壁の塗装をお願いする事になりました。
    親方の一生懸命な説明を受け、こちらの細かな質問に対して丁寧に対応していただき、
    とても安心して塗装を迎える事が出来ました。
    また、職人さんも丁寧で細やかな仕事振りで、塗装の仕上がりも大変
    … (続き)満足しております。
    次の塗装の際も、是非お願いしたいと思っております。
  • Avatar

    hsakura s
    ★★★★★
    3 か月前

    ネットでいろいろと調べてYouTubeでも情報を提供されていたので信頼できる業者様と思いました。お見積り時も社長様から丁寧に説明頂き安心してお願いすることが出来ました。担当頂いた職人様から細部の確認もして頂きしっかりとした作業内容には感心いたしました。また、7月から8月にかけての猛暑の中で予定通りの期間で仕上げていただき本当にありがとうございました。 … (続き)
    完成の報告時に保証書も頂き結果としては大満足です。

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-1-10
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

施工にご満足いただけなかった際の返金保証、施工後の最短5年最長16年の補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)