外壁塗装のお金がない場合の対処法と注意点について川崎市の塗装業者が徹底解説 - 川崎の外壁塗装・屋根塗装などなら「池田塗装」
川崎・横浜 地域密着の外装塗装・屋根塗装専門店。職人直営で安心の品質と適正価格を。

外壁塗装のお金がない場合の対処法と注意点について川崎市の塗装業者が徹底解説

外壁塗装は、私たちの住まいを美しく保ち、環境の悪影響から守るために非常に重要です。

しかし、その費用は決して安くはありません。経済的な余裕がない場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

この記事では、外壁塗装が必要だけれど「お金がない」という方へ、費用面での悩みを解消するための対処法と、注意すべきポイントを、川崎市の塗装業者の視点から徹底解説します。

リフォームローンの利用方法や、助成金・補助金の申請、コスト削減のための具体的なアプローチなど、現実的かつ実用的な情報をお伝えします。

また、安全で賢い外壁塗装のための重要な注意点も詳しく説明していきます。

外壁塗装のお金がない場合の対処法

外壁塗装は、家を守るために欠かせないメンテナンスですが、その費用は少なからず負担になります。

特に予算が限られている場合、どのようにして費用を捻出し、適切な塗装を実施すればよいのでしょうか。

ここでは、外壁塗装にかかる費用が心配な方々へ向けて、現実的で効果的な対処法をご紹介します。対処法を通じて、限られた予算でも質の高い外壁塗装を実現できるよう、分かりやすく解説していきます。

・リフォームローンを利用する

外壁塗装のためのリフォームローンの利用は、資金的な制約がある場合の有効な手段です。

このローンは、住宅の改修や修繕を目的としており、外壁塗装もその対象範囲に含まれます。

通常の住宅ローンとは異なり、比較的低金利で提供されることが多く、借入れ期間も短めに設定されています。

また、担保や保証人が不要な場合も多いため、手続きが比較的簡単で、迅速に資金を調達することが可能です。

申請は、各金融機関の窓口やオンラインで行うことができます。また、塗装業者が提携しているリフォームローンを活用することも可能です。

必要な書類には、見積書や工事計画書などが含まれることが多いので、事前に塗装業者からこれらの書類を取り寄せておくことが重要です。

ローンの金利は固定と変動があり、金融機関によって異なります。返済期間は、工事費用や個人の返済能力によって変わりますが、一般的には数年から10年程度が多いです。

自分の返済能力に応じた計画を立てることが大切です。

リフォームローンを利用する際には、借入れ金額や返済計画をしっかりと検討することが必要です。

また、金利や手数料、返済条件などを各金融機関のオファーと比較検討し、最も適したローンを選ぶことが重要です。

リフォームローンの利用は、外壁塗装を実現するための一つの手段として非常に有効です。

しかし、無理のない返済計画を立てることが肝心であり、自身の経済状況を考慮しながら慎重に検討する必要があります。

・助成金や補助金を申請する

外壁塗装に関しては、自治体や政府機関が提供する助成金や補助金を活用することが可能です。

これらの制度は、住宅の耐震性向上や省エネルギー対策、地域の景観向上などを目的としており、条件を満たせば外壁塗装にも適用されることがあります。

助成金・補助金の種類: 助成金や補助金は、地域によってその内容や規模が異なります。

例えば、エコリフォームの推進、耐震改修の促進、地域の美観向上など、さまざまな目的で提供されています。

助成金や補助金を申請する前に、自分の住んでいる地域でどのような制度が利用可能か、またその申請条件を確認する必要があります。

自治体のホームページの確認や、直接役所に問い合わせることがいいでしょう。

申請には、見積書、工事計画書、住民票などの書類が必要になることがあります。

また、工事完了後に助成金や補助金が支給される場合が多いため、工事後の報告書の提出が求められることもあります。

申請には、締め切りや予算の上限など、いくつかの制限があります。そのため、計画的に申請を行い、条件を満たすかどうかをしっかりと確認することが重要です。

・部分的な補修にとどめる

外壁塗装の費用を抑えるための一つの方法として、部分的な補修が考えられます。しかし、この方法は外壁の劣化状態によって適切かどうかが異なります。

部分補修は、外壁の劣化が局所的で、全体的な損傷がまだ進んでいない場合に適しています。

例えば、小さなひび割れや色あせが一部に見られるが、全体的にはまだ健全な状態のときです。

劣化した部分のみを対象に、補修用の塗料やシーリング材を使用して修繕を行います。この際、使用する材料は既存の外壁材との相性や耐候性を考慮して選ぶ必要があります。

部分補修を行う場合でも、外壁の劣化は進行していくため、近い将来に全面的な塗り替えが必要になる可能性が高いです。

したがって、部分補修を行ったとしても、次の全面塗り替えの計画を早めに立てておくことが重要です。

劣化症状が進行している場合、部分補修は根本的な解決にはなりません。

広範囲に亀裂が入っている、複数の箇所で塗膜が剥がれているなど、劣化が進んでいる場合は全面塗り替えが適切です。

部分補修を検討する際には、専門家の意見を聞くことが非常に重要です。塗装業者に状況を診断してもらい、最適な補修方法を選択することが望ましいです。

・塗料のグレードを下げる

外壁塗装において、コスト削減のために塗料のグレードを下げる方法があります。

しかし、この選択は慎重に行う必要があります。グレードが低い塗料は、初期費用は抑えられるものの、耐用年数が短いため、長期的なコストパフォーマンスを損なう可能性があるからです。

市場にはさまざまな種類の塗料があり、それぞれ耐久性や価格が異なります。

近年ではシリコン塗料やフッ素塗料などが一般的で、中でもシリコン塗料は低コストながら比較的耐久性が高いため、コストパフォーマンスに優れています。

グレードが低い塗料は耐用年数が短く、頻繁な塗り替えが必要になることがあります。このため、初期費用が安くても、結局のところ長期的にはコストがかさむ可能性があります。

そのため、塗料の選定に際しては、塗装業者のアドバイスを受けることが重要です。

業者は塗料の特性や現地の気候条件、外壁の材質などを考慮して、最適な塗料を提案してくれます。

塗料の選定は、初期費用だけでなく、将来のメンテナンスコストも考慮に入れて行う必要があります。

耐久性が高く、長期間にわたって外壁を保護できる塗料を選ぶことが、最終的には経済的にも有利になる場合が多いです。

・地域密着型の事業者に依頼する

外壁塗装において、地域密着型の塗装業者を選ぶことは、品質、コスト、信頼性の点で多くのメリットをもたらします。

地域密着型の業者は、地元での評判を大切にし、高品質なサービスを提供する傾向にあります。

多くの場合、専門職人が施工を行います。これにより、下請けに仕事を委託する際に発生する中間マージンが省かれ、結果的に顧客にとってコスト削減につながります。

地元で長年営業している業者は、その地域の条件や住宅の特徴に精通しています。この経験と知識は、外壁塗装の品質を向上させ、より長持ちする仕上がりを実現します。

また、工事後のアフターサービスや保証に関しても、迅速かつ丁寧な対応を行うことが一般的です。何か問題が発生した場合にも、地理的な近さから素早く対応してくれるでしょう。

・相見積もりで安く依頼できる事業者を探す

外壁塗装において、複数の業者から見積もりを取る「相見積もり」は、適正価格でサービスを受けるための有効な手段です。

しかし、単に安さを追求するだけでは、品質の低下や結果的に高コストにつながるリスクがあります。

相見積もりでは、最低でも3〜5社の業者から見積もりを取ります。これにより、市場価格の理解が深まり、適正な価格でサービスを受けることができます。

各業者からの見積もりを比較する際は、価格だけでなく、提案内容、使用される材料、施工内容、保証内容などを総合的に評価します。品質とコストのバランスを考慮することが重要です。

最も安い見積もりを選ぶのではなく、コストパフォーマンスが最も高いと思われる業者を選択します。

安さだけを追求すると、品質が犠牲になる可能性があり、長期的に見ると高コストになることがあります。

価格だけでなく、業者の評判、実績、過去の施工例なども調べることも大切です。実際の施工例や口コミを参考に、信頼性と実績を有する業者を選ぶことが肝心です。

安全性や長期的な耐久性を損なわない品質の確保を最優先に考えます。特に外壁塗装は住宅の保護に直結するため、品質の低下は避けるべきです。

外壁塗装のお金がない場合の注意点

お金がない状況で外壁塗装を行う際には、特に注意すべきポイントがいくつか存在します。

これらを理解し、適切に対処することで、限られた予算の中でも質の高い外壁塗装を実現できます。

ここでは、費用面での制約がある場合に外壁塗装を行う上での重要な注意点を解説します。

・費用相場を理解しておくこと

外壁塗装を行う際には、適正な費用相場を理解しておくことが非常に重要です。過剰な出費を避け、適切な予算設定をするために役立ちます。

外壁塗装の費用は、住宅の大きさ、使用する塗料の種類、業者の技術レベルや地域などによって異なります。

一般的に、一戸建て住宅の場合、数十万円から数百万円の範囲で費用が変動します。

費用相場を理解するには、塗装工事の内訳を知ることが重要です。工事費用には、材料費、人件費、足場の設置費用などが含まれます。

それぞれの項目にどのくらいの費用がかかるのかを把握しておくことが重要です。

高品質な塗料は費用が高くなる傾向にあります。しかし、長期的に見れば、耐久性が高い塗料の方が経済的である場合もあります。

塗料の種類とそれぞれの特性、費用を理解しておくことが重要です。

また、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することで、相場を理解することができます。

見積もりを比較する際は、単に価格だけでなく、サービス内容や工期、保証内容も考慮に入れることが大切です。

・劣化症状や耐用年数を理解しておくこと

外壁塗装の計画を立てる際には、外壁の劣化症状と塗装の耐用年数を理解しておくことが非常に重要です。

これにより、塗装のタイミングを適切に判断し、無駄なコストを避けることができます。

劣化症状の認識: 外壁の劣化は、見た目の変化や機能の低下として現れます。

ひび割れ、色褪せ、塗膜の剥がれ、カビや藻の発生などが代表的な劣化のサインです。これらの症状が見られる場合は、外壁塗装の必要性が高まっています。

外壁塗装の耐用年数は、使用する塗料の種類や施工の質、建物の立地条件、気候などによって異なります。

一般的には、約7〜10年が外壁塗装の目安とされていますが、状況によってはもっと早く塗り替えが必要になることもあります。

劣化の進行具合を把握するためには、定期的な外壁の点検が重要です。

専門家による点検を定期的に実施することで、外壁の状態を正確に評価し、適切なメンテナンスのタイミングを見極めることができます。

劣化が進行してしまうと、単なる塗り替えだけでなく、外壁の補修や張り替えが必要になることもあります。

早いうちに劣化に対処することで、大規模な補修やコストのかかる工事を避けることが可能です。

・塗料のグレードを下げ過ぎないこと

外壁塗装における塗料のグレードは、塗装の品質、耐久性、外観に大きな影響を及ぼします。

予算の制約によりコスト削減を図る際も、塗料のグレードを下げ過ぎることには注意が必要です。

高品質な塗料は、耐候性、耐久性、美観保持などに優れています。

グレードが低い塗料を選ぶと、耐用年数が短くなり、色褪せや剥がれなどの劣化が早く進む可能性があります。

安価な塗料を選んで一時的に低コストになったとしても、頻繁な塗り替えやメンテナンスが必要になると、結果的に高コストになることがあります。

長期的にコストパフォーマンスを考えると、初期投資が高くても耐久性のある塗料を選ぶ方が経済的です。

予算内で最適な塗料を選ぶには、塗装業者の専門知識を活用することが重要です。

予算と塗装の目的を業者に伝え、最もコストパフォーマンスの高い塗料を選定してもらいましょう。

塗料選びでは、耐候性だけでなく、建物の立地条件や周囲の環境も考慮する必要があります。

また、高品質な塗料は、保証やアフターサービスが付いていることが多いです。これらのサービスは、長期的なメンテナンスを考える際にも有益です。

・費用だけで塗装業者選びをしないこと

外壁塗装を行う際、費用は重要な要素の一つですが、これだけを基準に業者を選ぶのは避けるべきです。

安い見積もりだけに惹かれてしまうと、品質やサービスの面で後悔することになるかもしれないからです。

安さだけでなく、業者の提供するサービスの品質や過去の実績を確認することが重要です。実際に施工した事例や顧客のレビュー、口コミなどを参考にしましょう。

使用される塗料や材料の質も、業者選びの重要な要素です。

低品質な材料を使用する業者は、初期コストは低くても、長期的には追加のメンテナンス費用がかかることがあります。

外壁塗装は技術的な専門性が高い作業です。

業者の技術力や専門知識が、仕上がりの品質に直接影響します。専門的な資格や認定を持つ業者を選ぶことも一つの方法です。

保証の有無やアフターサービスの内容もチェックしておきたいポイントです。万が一の問題が発生した際に、適切な対応をしてもらえるかが重要です。

塗装業者とのコミュニケーションがスムーズに行えるか、信頼できる関係を築けるかも業者選びの重要な要素です。

工事の進捗や問題が発生した際の対応など、円滑なコミュニケーションが可能な業者を選びましょう。

・DIYで外壁塗装をしないこと

外壁塗装は、家の保護と美観を維持する上で非常に重要な作業です。

予算を節約するためにDIYで行うことを考える人もいますが、専門的な知識と技術が必要なため、一般的には推奨されません。

外壁塗装は、単に塗料を塗るだけではなく、下地処理、塗料の選定、均一な塗布など、専門的な知識と技術が必要です。

これらを熟知していないと、品質の低い仕上がりになるリスクがあります。

また外壁塗装は高所作業を伴うため、転落などの安全リスクが伴います。専門的な安全装備や手法を知らないと、事故につながる可能性があります。

さらに時間と労力を要する大掛かりな作業です。

専門業者であれば効率的に作業を進めることができますが、DIYではその効率も低下し、想定以上の時間と労力がかかることがあります。

そのため、当初は低コストに見えるDIYも、品質の問題や安全対策、時間コストを考慮すると、結果的にコストパフォーマンスが低い場合があります。

以上の理由から、外壁塗装はDIYではなく、専門の塗装業者に依頼することを強くおすすめします。

まとめ~川崎市の外壁塗装・屋根塗装なら

この記事では、外壁塗装における費用面の対処法と注意点を専門家の視点から解説しました。

予算が限られている状況でも質の高い外壁塗装を実現するためには、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。

最終的には、上記でご説明したポイントを踏まえて、自宅の状態や財政状況に応じた適切な塗装計画を立てることが、限られた予算の中で最高の結果を得る鍵となります。

慎重な検討と計画により、費用対効果の高い外壁塗装を実現しましょう。

外壁塗装については、地元の川崎市に密着し、実績豊富な塗装業者に相談しながら進めていくことをおすすめします。

「こんな相談しても嫌がられないかな?」

「まだやるか決めていないんだけれど…」

など、ご心配不要です。

「HPを見たのですが…」と、0120-711-056(年中無休7時〜19時)まで、お気軽にお電話下さい。

また、「相談したいけど対面は少し心配…。」といった方に向けて、LINEやzoomを使った外壁塗装の相談もお受けしております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

川崎市・横浜市(青葉区)を中心に神奈川県全域が施工エリアになります。お家の外壁塗装、屋根塗装は職人直営専門店の「池田塗装」にお任せください。

【本 店】TEL:0120-711-056
【青葉店】TEL:0120-824-852

本店:〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-2
アクセスはコチラ

青葉店:〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
アクセスはコチラ

【公式】YouTubeはコチラ
【公式】Instagramはコチラ
【公式】Facebookはコチラ

この記事の著者について

株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
株式会社池田塗装 代表取締役 池田聡 
2021年3月31日、はじめて執筆の書籍「リフォームで一番大切な外壁塗装で失敗しない方法」をクロスメディア・パブリッシングより出版。(各図書館に置かれています)

「初心忘るべからず」という言葉を胸に、毎日お客さまの信頼を得られるよう頑張っています。 世の中には不誠実な業者も多く、リフォームで後悔する人が後を絶ちません。
一人でもそういう方がいなくなり、私たちが地元の皆さまに貢献できればと思っています。川崎市・横浜市にお住まいで、外壁塗装についてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。(会社概要・本店について青葉店はこちら)

現場日誌最新記事

専門家コラム最新記事

専門家コラムカテゴリー

専門家コラム月別

現場日誌アーカイブ

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 本店

クチコミ279件

株式会社池田塗装 本店

川崎市宮前区南野川2丁目35−3

4.9 279 reviews

  • Avatar

    Y NOZAWA
    ★★★★★
    3 か月前

    屋根塗装と外壁塗装をお願いしました。
    とても満足です。
    こちらの会社の決め手としては、地域に根付いていて元々知っていましたが、他の会社とは違って無理な勧誘もなく、見積もりの時点で他の会社とは違う誠意ある対応でしたのでお願いしました。
    営業の方も工事の方も皆とても丁寧で気持ちの良い対応をしていただき、仕事もとても丁寧で説明やアドバイスも分かりやすかったです。
    … (続き)
    仕上がりも、すごく綺麗で周りから新築みたいだと言ってもらう程です。
    今後も何かあれば相談してフォローしていってもらいたいと思う会社でお勧めです。
  • Avatar

    A N
    ★★★★★
    5 か月前

    築後43年、屋根、外壁塗装工事でお世話になりました。 営業の方より見積書の御説明を伺う中で、わかりやすい内容と同時にきれいにしていただける自信と信頼を感じました。
    施工期間中、工事担当者さん、営業の方が何度も確認に来られ、その度に状況説明もありました。 各職人の方々からも工程をお知らせ下さり、安心出来ました。
    おかげ様にて、我が家は生まれ変わりました。
    … (続き)
    家にも魂があり、きっと喜んでいると思います。
    以前は帰宅する際、すぐに室内に入っておりました。今は我が家の姿をじっくりと眺め、きれいになった玄関扉を眺めてから、入る様になりました。
    この度は誠にありがとうございました。
  • Avatar

    浜田太
    ★★★★★
    5 か月前

    今回2回目の外壁、屋根塗装を施工するにあたり、川崎市内の様々なリフォーム及び塗装関係の業者さんをネットで探していたところ、池田塗装さんに出会いました。営業の方からドローンで屋根の写真や外壁について丁寧に細かくわかりやすく説明をして頂き、池田塗装さんを選んでみようと思いました。工事が始まり職人(スドウ)さんの技術は、もちろんのこと仕事も丁寧で毎日その日の作業内 … (続き)容の説明があり、帰りには、写真で説明をしてくださる日もありました。足場を外して外観を見た時は、大変感動いたしました。屋根、外壁、雨戸、戸袋、雨樋、エアコン冷媒管のテープ貼りまで新築同様な仕上がりに夫婦揃って大満足いたしました。本当にありがとうございました♪

Googleマップ口コミ評価

株式会社池田塗装 青葉店

クチコミ54件

株式会社池田塗装 青葉店

横浜市青葉区荏田西1丁目1−10

4.9 54 reviews

  • Avatar

    川口隆
    ★★★★★
    3 months ago

    我が家の外壁塗装は今回で2回目です。1回目は13年前でしたが、塗装後
    2年後くらいから汚れが目立ち始めましたので今回は慎重に塗装会社の選定を進めました。昨年の6月から見積もりを取り始め、最終的に7社になりました。その中で池田塗装さんと今年1月に契約、5月に施工完成に至りました。池田塗装さんにお願いした理由は4つあります。
    … (続き)
    第1に図面を含め内容明細書がわかりやすかった事
    第2に自社雇用の職人さんから施工いただける事
    第3に価格が安い事
    第4に工事後の保証がしっかりしてる事
    工事については3人のチームワークが素晴らしくこちらからの不安、質問に納得のいく丁寧な説明をしていただき、塗装の変更等にも迅速に対応していただきました。ありがとうございました。技術面はもとより3人の方の人柄にも触れさせていただき大変満足しています。次回塗装の機会がありましたら田中さん、高野さん、新入社員の方(名前がわからずすみません)にお願いしたいと思います。
  • Avatar

    Takahiko Sakata
    ★★★★★
    4 months ago

    初めて外壁塗装をしましたが、こちらの口コミをみて高評価だったので今回まずご相談させて頂きました。見積もりの時点から感じもよくわかりやすい見積もりで、実際職人さんが丁寧にやっていただき大変満足しています。次回、外壁塗装や屋根修繕がありましたらまた利用させていただきたいと思いました。
  • Avatar

    Min Nishi
    ★★★★★
    a month ago

    屋根にガタがきて、事前確認の際にはその場で仮止めしてくれて、後日しっかり対応していただきました。ついでに外壁のシーリングもお願い。写真も残してくれ説明もメールで丁寧に。近所なのでなお安心。何かあればリピートすると思います。

池田塗装について

「塗り替えリフォームを通して川崎・横浜のすべての方々の住まいの安心と安全を支える」をモットーにしています。

川崎本店
〒216-0042 神奈川県川崎市宮前区南野川2-35-3
TEL:0120-71-1056(毎日営業7時〜19時)

青葉店
〒225-0024 横浜市青葉区市ケ尾町1603-2
TEL:0120-824-852(毎日営業7時〜19時)

→詳しくはこちら

施工保証について

弊社では無料やり直し保証、施工後の最短5年最長16年などの補償制度がございます。安心してお任せ下さい。

→保証の詳細はこちら

お気軽にご相談下さい!

「こんな相談しても嫌がられないかな?」 「まだやるか決めていないんだけれど…」 などご心配不要です。お気軽に、ご相談下さいませ。
「HPを見たのですが…」とお電話下さい
(年中無休7時〜19時)



▲TOPに戻る
YOUTUBE動画
カラーシミュレーション
お見積り・お問い合わせお問い合せ