横浜で外壁塗装をお考えの方へ!防犯対策について解説します

横浜で外壁塗装をお考えの方へ!防犯対策について解説します

 投稿:

外壁塗装を行っていた際に空き巣などの被害に遭ったことはありませんか。
実は、外壁塗装中は犯罪の被害に遭いやすくなります。
そこで今回は横浜で外壁塗装をお考えの方へ、塗装中に起こりやすい犯罪への対策についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□外壁塗装中によくある犯罪とは?

外壁塗装中には犯罪に狙われやすくなります。
ではどのような犯罪が起こりやすくなるのかご紹介します。

まず、空き巣です。
外壁塗装の施工中は、足場を設けるために家の中への侵入が簡単になります。
また、養生によって周りからも見えにくくなるので、空き巣が潜んでいても気づきにくいことが多いでしょう。

次に、盗難です。
基本的に外壁塗装は塗装業者に施工を依頼するため、施工中は業者の出入りが多くなります。
その際に、施工者に紛れて泥棒が出入りすることがあります。
気づかない間に家のものが盗まれていたり、物が壊されていたりすることもあるため注意しておきましょう。

最後に、盗撮です。
空き巣の際にも解説したように、塗装中は足場を組むため簡単にベランダに侵入できるようになります。
そのため、ベランダから家の中の様子が盗撮されることもあります。
また、家族構成や在宅時間なども知られてしまう可能性があるため警戒する必要があります。

□外壁塗装中に行うべき防犯対策について

上記の項目で塗装中に被害に遭いやすい犯罪についてご紹介しました。
ここでは、それらの犯罪の被害に遭わないための対策についていくつかご紹介します。

1つ目は、カーテンを閉めることです。
カーテンがあいている家だと、室内の様子がわかりやすくなり泥棒に狙われやすくなります。
また、外で作業をしている業者の方にとてもやりづらくなるので、日中であってもカーテンは閉めておくことをおすすめします。

2つ目は、窓を施錠することです。
塗装中は足場を設けるため、2階であっても窓が開いていれば簡単に侵入できます。
そのため、窓はすべて施錠しておくようにしましょう。
また、窓の施錠だけでは不安である場合は、より強固な「ウィンドウロック」を使用すると良いでしょう。

3つ目は、防犯機器を設置することです。
人の出入りが多い玄関などに防犯カメラやセンサーを設置しておくと、泥棒の侵入も起こりにくくなります。
そのような機器をたくさん設置して防犯意識の高い家であると意識させると効果的です。

□まとめ

今回は外壁塗装を行う際に、気を付けておきたい防犯対策についてご紹介しました。
塗装中は、さまざまな犯罪の被害に遭うリスクも大きいですが、しっかりと対策しておけば問題ないでしょう。
外壁塗装を依頼する際は、今回ご紹介したことを意識してみてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です